|写真マイガーデンシリーズ


ニコン オート55ミリ F1.2Cと キャノン FD 55ミリ F1.2 SSC レンズ実写 比較

2017.09.05(00:01) 2821

ニコン オート55ミリ F1.2Cと キャノン FD 55ミリ F1.2 SSC レンズ実写 比較


  FB友からリクエスト頂きまして

     ニコンとキャノンの大口径オールドレンズの実写比較をしてみました

  ニコン オート55ミリ F1.2C 1972年発売
       ボディは ソニーα7R2

PENF0009_2017090417555822c.jpg
  撮影機材:ミノルタ A50F2.8 マクロ + オリンパスPEN-F

  かたや キャノン FD 55ミリ F1.2 SSC 1973年発売
       ボディは同じく ソニーα7R2

PENF0013.jpg
 撮影機材:ミノルタ A50F2.8 マクロ + オリンパスPEN-F


  今から約45年前の同時期に活躍した大口径レンズの実写比較です

1.1 ニコン オート55ミリ F1.2 C F1.2 開放描写とボケ味
A7R09077.jpg

A7R09085.jpg


1.2 キャノン FD 55ミリ F1.2 SSC F1.2開放描写とボケ味
A7R09079.jpg

A7R09082.jpg

 ◆ 実写比較「感想」 F1.2 開放描写
  縁どりのあるリングボケとフリンジの色付き、ボケの崩れ方共に同じ傾向で、互角の勝負ですね

2.1 ニコン オート55ミリ F1.2 C F2 描写とボケ味
A7R09076.jpg

A7R09083.jpg


2.2 キャノン FD 55ミリ F1.2 SSC F2 描写とボケ味
A7R09080.jpg

A7R09086.jpg

 ◆ 実写比較「感想」 F2 描写
  シャープ感と切れ味は両レンズともに開放よりアップ
    ニコンは 玉ボケが 絞りのギザギザが出て汚くなった
  キャノンの方が玉ボケは奇麗
    絞りを見てみるとニコンは七枚羽根で七角形になるが
  キャノンは八枚羽根で円形絞りに近い
    その差がもろにボケ描写に出た


3.1 ニコン オート55ミリ F1.2 C F2.8 描写とボケ味
A7R09081.jpg


A7R09084.jpg


3.2 キャノン FD 55ミリ F1.2 SSC F2.8 描写とボケ味
A7R09075.jpg

A7R09087.jpg

 ◆ 実写比較「感想」 F2.8 描写
  両レンズとも陶器の質感が素晴らしく、立体感も有り遜色なし
    ボケはニコンの玉ボケが 絞りのギザギザが出た分、少し汚くなっている
  キャノンの方が玉ボケは奇麗
    でも玉ボケが出ない被写体なら差異は感じられないように思えた次第

 「纏め」
  F1.2~2.8の実写比較結果
 両レンズとも 絞り開放描写はハロやフレア、色収差等出ますが
 それを意図的に使えばフォトジェニックな作品を狙えそうです
 ノーマルでの撮影には
 絞りF2以下は使いにくそうです
 絞りF2からF2.8辺りに絞れば画質はぐっと向上し
 ボケを楽しみながら背景を浮かび上がらせた撮影等楽しめそうです(近接撮影時)
 カラーバランスについて
 写真のシーサーの置物は実物に近い色で濁りではありません
 45年前のレンズなので贅沢は言えませんが
 ホワイトバランス設定でクリア出来そうですし モノクロ設定でも面白いかも

 残念だったのは 絞りの形状の違いで 玉ボケの美しさに違いが出たこと
 ニコンの玉ボケがギザギザになって汚く見えるのが惜しいですね

 あなたの感想は如何でしょう
 
 オールドレンズ大好きな人たちの 参考になればと
   大口径レンズの実写比較をしてみました
 


  ニコン オート55ミリ F1.2Cと キャノン FD 55ミリ F1.2 SSC レンズ実写 比較

⇒ニコン オート55ミリ F1.2Cと キャノン FD 55ミリ F1.2 SSC レンズ実写 比較の続きを読む
   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

身近にある もの撮り

2017.09.04(00:01) 2820

 身近にある もの撮り


  洗いざらしの子供用ジーンズ

PENF1185.jpg



  実家からお古を送ってくれました

     見るからに 古着でしょ!!

  そんな質感が気に入りました

PENF1187.jpg



  手作りのレンズポーチ

     柔らかい布地の質感描写が気に入りました

PENF1173.jpg



  家族のお土産 沖縄の「シーサー」

     元々屋外の門扉の上に飾るつもりでしたが

  気に入ったので 室内の置物にしています

     屋外だと風雨や日光に曝され傷むので 勿体ないですよね

  陶器と彩色の落ち着いた描写が好みです(実物に近い質感です)


PENF1197.jpg

  撮影機材:トキナーATX50-135F2.8 オリンパスペンF
         このレンズ、ヘリコイド付きアダプターを使うとマクロ域まで寄れて重宝しています
         APS-C用(フルサイズ換算75-200F2.8相当ニコンマウント)のレンズですが
         描写力・ボケ味共に良質で気に入っています


  身近にある もの撮り

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

葉月の記憶 夏祭り かき氷

2017.09.03(00:01) 2819

葉月の記憶 夏祭り かき氷


  もう早、九月長月

     夏祭りも記憶の一頁に綴じられようとしています

  シャーッ!! あっという間に かき氷が作られていきます

     よく見ると透明の手袋を着けて 衛生面はばっちり管理されていました

PENF0056.jpg



  はい お嬢ちゃん お待たせ~(^^)v

     蜜は何を掛けましょうか?

PENF0057.jpg



  イチゴでした

PENF0058.jpg



  アタチにもちょうだい

      お嬢ちゃんは何にするの?

  言葉にはまだ出来ない幼さです

      これ!! 指を差しました 

PENF0227.jpg



  無事にメロン味をゲットし ご満悦です

     よかったね~(^^)v

  まだ よちよち歩きで言葉にも出来ないのに

     自分の欲しいものをキチンと伝える

  こんな経験をしながら 少しずつ知恵を付けていくのですね

     楽しい思い出の 夏祭りも あっという間に過ぎて

  記憶の一頁に保管されていきました


PENF0229_2017090300385811d.jpg


  葉月の記憶 夏祭り かき氷


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

季節は 揺らぎながら 移ろって往く

2017.09.02(00:01) 2818

季節は 揺らぎながら 移ろって往く


  夏の陽射しが

     吹き抜けてゆく

        往く ゆく 季節

PENF0283.jpg



  陽射しが 秋に衣替えする頃

     季節はドリフトしながら

        暦を めくって往く

PENF0284.jpg



  夏の「タカサゴユリ」

     あともう少し

        華やぎを漂わせ

PENF0285_201709011856412f3.jpg



  秋風に せかされながら

     華麗に魅せた 季節を綴じていく


PENF0286_20170901185637dac.jpg


  季節は 揺らぎながら 移ろって往く

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

季節はうつらふ 「夏祭りの日」も 記憶の一頁に

2017.09.01(00:01) 2817

季節はうつらふ 「夏祭りの日」も 記憶の一頁に  


  今日から九月 もう四季は秋へとシフトしました

     仲良し二人の 「夏祭りの日」も

        記録の一頁に

D81_5241.jpg



  夏休み最後のイベント

      「夏祭り」

D81_5017.jpg



  このチケットで いいですか?

     はあい~(^^)v いいですよ~♪

  笑顔が 素敵なオバサン

     売り子さんは皆さん 自治会のスタッフの方々です 

D81_5240.jpg



  八月最後の休日

     空は夏を 曝しながら

  わずかに 秋の気配を見せています

D81_5238.jpg



  一歳のボク

     輪投げの恰好だけは一人前

  でもまだ 恰好だけのようですが

     パパとママはそんなボクの姿が

  可愛くて仕方ないようです

D81_5237.jpg



  夏の記憶の一頁に ワンショット~♪

     これもやがて

  思い出の 「夏祭りの日」になるでしょう~(^^)v


D81_5230.jpg


  季節はうつらふ 「夏祭りの日」も 記憶の一頁に

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

NIKON D850 発表される

2017.08.31(00:01) 2815

NIKON D850 発表される


  NIKON D810が発売されて丸三年 ニコン百周年記念の年に D850が突然発表されました
      New 2017年9月8日発売予定
    ≪情報 : http://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d850/features01.html≫


たまたまニコンレンズの修理依頼で ニコンショールームに行ったのですが
  Nikon D850 発表された当日と なんと重なったのでした
幸運にも 発表当日に実機もじっくりと触ることが出来ました
  予約して訪問したのですが ショールーム入荷と たまたま日時が重なったお陰で
一番最初に触る事が出来ました
  全く情報を得ていなかったので
発表を知ってビックリ
  実機に触れて二度ビックリした次第

D800E を使っていましたが
  手振れに悩まされ やむなくD810を導入
以後それから現在まで主力で使って来ましたが
  D850は 予想を越えた素晴らしい進化を遂げていました

ニコンFX フォーマットデジタル一眼レフカメラ D850。

実機に触れて感動した次第
  いままで気になっていた部分がかなり見直し改善され 大きく進化していました
ライブビューでは サイレントシャッターまで搭載
  いやあ 実機触った 実感は もろに拍手です☺📷✌❇
ニコンさん百周年記念の年に素晴らしいカメラを造ってくれました


  写真はすべて筆者撮影

PENF0002_20170830232912c33.jpg



「主な特長」
  有効画素数4575万画素とISO 64-25600を両立
ニコンのデジタル一眼レフカメラで初めて裏面照射型構造を採用したニコンFXフォーマットCMOSセンサーを搭載し、
  有効画素数4575万画素と常用感度ISO 64-25600を両立。
画像処理エンジンには、D5と同じEXPEED 5を採用。
  高画素モデルでありながら、ボディー単体で最高約7コマ/秒

PENF0004.jpg



機構ブレ・シャッター音なしでディテールを余さず捉える4575万画素の「サイレント撮影 モード1」【NEW】
  静止画ライブビュー時に、先幕、後幕ともに電子シャッターを使用する「サイレント撮影」が可能。
機構ブレがないので、美術館、結婚式など静粛な場所での撮影や、超望遠レンズによる風景、
  天体の撮影など機構ブレを一切排除したい場合に有効。

追加された「Fn2」ボタン
  よりカスタム性、拡張性が増して
かなり有効な設定が出来そうです

PENF0010.jpg



低輝度測光-3 EV対応180KピクセルRGBセンサー採用
  D5と同じ180KピクセルRGBセンサーの採用で、測光は-3 EVの暗さまで対応。
暗いシーンや、テレコンバーターの使用で合成F値が大きくなる場合などに効果的。
  打ち寄せる波や、滝、川の流れを長時間露光で表現する際にも 、NDフィルターを装着したままAEで撮影可能。
さらに、高画素の180KピクセルRGBセンサーを利用することでアドバンストシーン認識システムは一段と洗練。
  様々な自動制御の精度が向上しており、イメージどおりの画像をより簡単に撮影できる。

AF-ONのボタンの下には スティック式の「サブセレクター」
  AFポイントをダイレクトに簡便に移動できる
実際に使ってみたら 楽に動かせるのでこれは便利~♪


PENF0249_201708302329103d3.jpg


  NIKON D850 発表される

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

ネイル ラメライン

2017.08.30(00:01) 2816

ネイル ラメライン


  ネイル

     ある喫茶店

  お冷を差し出された指が 素敵

     素敵なネイルですね

  写真撮らせてもらっていいですか?

     いいですよ どうぞどうぞ~(^^)y

PENF0294.jpg



  エッジの部分の 金粉がなんともお洒落ですね

     ラメラインというそうです

  すっきりゴージャス~+:。☆゜(*´∀`)~☆:。+゜

PENF0291.jpg



  素敵なネイルを

     撮影させて頂き 感謝ですm(_ _)m

PENF0288.jpg



  営業妨害にならない程度でのスナップ撮影ですが

    時々撮影させてもらっている分

  協力的でスムーズに撮影できました

PENF0287.jpg

撮影機材:ミノルタA50ミリF2.8マクロ + オリンパス PEN-F



  ネイル ラメライン


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

革命家ゲバラの愛したカメラ NIKON S2 50mmF1.1

2017.08.29(00:01) 2814

革命家ゲバラの愛したカメラ NIKON S2 50mmF1.1


チェ・ゲバラ

エルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナ(Ernesto Rafael Guevara de la Serna、1928年6月14日 - 1967年10月9日)
  アルゼンチン生まれの政治家、革命家で、キューバのゲリラ指導者。
「チェ・ゲバラ」の呼び名で知られるが、「チェ」は主にアルゼンチンやウルグアイ、パラグアイで使われているスペイン語(リオプラテンセ・スペイン語をはじめとする諸方言)で「やぁ」「おい」「お前(親しみを込めた)」「ダチ」といった砕けた呼び掛けの言葉であり、ゲバラが初対面の相手にしばしば「チェ。エルネスト・ゲバラだ」と挨拶していた事から、キューバ人達が「チェ」の発音を面白がり付けたあだ名である。
ラテンアメリカではキューバ革命以降「チェ」もしくは「エル・チェ (El Che)」(「el」男性定冠詞単数形)といえば彼の事を指す

1967年10月8日 ボリビアのバジェグランデ近郊のイゲラ村の近くで捕えられ、大統領レネ・バリエントス・オルトゥーニョの命令で10月9日に処刑(銃殺刑)された。 僅か39歳で没。


ゲバラの趣味は写真撮影で「司令官になる前、僕は写真家だった」と自身が語っている。
  カメラはニコン S2(1954~1958製造) レンズはNIKKOR―N 5㎝ F1.1を愛用していたが
革命戦争中に同じ部隊にいた軍医オスカル・フェルナンデス・メルに譲った。
  代わりに旧ソ連製のキエフを貰った。 なんと勿体ないことをm(_ _)m

上記のS2は現在もハバナのカバーニャ要塞に保管されている。
  ネット情報で実物を紹介された記事では ゲバラの愛機は
ニコン S2 後期型(黒ダイヤル1957~1958製造)で
  50mm, F1.1は前期型の内爪タイプ(1956~1958製造)
下記写真のカメラが実物です

  ゲバラのカメラNikon20130305_498262

  ≪写真:http://yasboe.net/?eid=4より借用≫

  ≪情報:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%BB%E3%82%B2%E3%83%90%E3%83%A9より≫



下記写真は ニコン S2は後期型(黒ダイヤル1957~1958製造)
  50mm, F1.1は前期型の内爪タイプ(1956~1958製造)の大口径レンズ付きで
ゲバラの愛機と同一のものです
  50ミリF1.1大口径レンズは 高価でなかなか入手が難しいレンズです

ゲバラのカメラ NikonS2 50mmF1 1 20170813222552
  ≪写真はネットより借用≫



  ゲバラのレンズと同じではありませんが カメラは同じ機種
      ニコン S2後期型(黒ダイヤル1957~1958製造)と ニッコール SC 50ミリ F1.4

tsCZG40F2A7R08676.jpg
  本写真は 小生撮影 筆者所有機

⇒革命家ゲバラの愛したカメラ NIKON S2 50mmF1.1の続きを読む
   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

タカサゴユリ (高砂百合)

2017.08.28(00:01) 2813

タカサゴユリ (高砂百合)

 
タカサゴユリ
原産地は台湾で、観賞用に輸入され栽培されたものが野生化しました。
花は横からやや下向きに咲き、花被片は6枚、白色で外面の特に中肋に沿って赤紫色を帯びているのと、葉が他の百合に比べずっと細いのが特徴です。
テッポウユリとは近縁種で、タカサゴユリと自然交配した新テッポウユリもできているとのことです。
タカサゴとは琉球語のサカサングに由来する台湾の別称だそうです。
花期は7月~10月、花言葉は「純潔、飾らぬ美」です。


PENF0306.jpg



  葉月後半

     立秋も過ぎて

  季節は 知らぬ振りして

     秋立ちぬ

PENF0237.jpg



  晩夏の斜光

PENF0267.jpg



  フォトジェニックな

     光を捉えて

  光が一番美味しい時間


PENF0266.jpg


テッポウユリとタカサゴユリ
 テッポウユリ (鉄砲百合)
多くの百合は花の根本近くから花弁が分かれているのですが鉄砲百合は筒状になっていて先の方が分かれています。
このことから、この名が付いているようです。
タカサゴユリによく似ていますが、タカサゴユリが花弁の外側に茶色の筋が入っているのに対して、テッポウユリは真っ白です。
花期は7月~9月、花言葉は「純潔、無垢、威厳」です。

≪以上花情報 : http://fairysilv.exblog.jp/8577924/ ≫



  タカサゴユリ (高砂百合)

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

蝉 めくられて往く季節

2017.08.27(00:01) 2812

蝉 めくられて往く季節


  蝉を撮る機会がなかったので

     ちょっとチャレンジしてみました

EM1S9019.jpg



  アブラゼミ

     夏の陽光を いつも上手に避けて

  葉陰に ピタリと とまります


     盆が過ぎたあたりから

  セミの鳴き声も ピタリと やんだようです

     夏の暦が最後の頁になってきたのに

  気づいたからでしょうか、、、

     めくられて往く季節


EM1S9023.jpg



  420ミリ(35ミリフルサイズ換算)で 1/15秒 手持ち撮影

     さすがのEM-1でも 手振れ補正はこんなものでしょうか

  微ブレがありますが 暗所での手持ち超望遠撮影ゆえ

     ご容赦のほどをm(_ _)m

420ミリ 15分の一秒EM1S9024

  オリンパス EM-1+オリンパス PRO 40-150F2.8×1.4テレコン



  蝉 めくられて往く季節

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

夏も終盤 蓮模様

2017.08.26(00:01) 2811

夏も終盤 蓮模様


  夏が一気に駆け抜けていきます

PENF0150.jpg



  夏も終盤 蓮模様

EM1S9045.jpg



  枯れ往く季節

EM1S9044.jpg



  華から 花托へと

     移ろう季節

  葉月から 長月へと

     めくられてゆく


EM1S9111.jpg


  夏も終盤 蓮模様

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

「ロバートキャパ」 最期のカメラ ニコン S 50ミリF1.4

2017.08.25(00:01) 2810

「ロバートキャパ」 最期のカメラ ニコン S 50ミリF1.4


ロバートキャパ
  スペイン内戦、日中戦争、第二次世界大戦のヨーロッパ戦線、第一次中東戦争、および第一次インドシナ戦争の5つの戦争を取材した20世紀を代表する戦場カメラマン、報道写真家として著名。

1954年5月25日 インドシナ戦争の取材中での出来事。
ロバート・キャパが、地雷を踏んで爆死したのでした。
最後に手にしていたものが、コンタックスIIとニコンSで
コンタックスIIは壊れてしまいましたがニコンSは奇跡的に無傷だったのです

「ロバート・キャパ愛用の最期のカメラ ニコンS 50ミリF1.4」
  レンズには泥が付着したままです。

  ロバートキャパ最期のカメラNikonS 50F14 robert_capa_08
  ≪写真はネットより借用≫


キャパは亡くなる1954年、ベトナムへ向かう前に来日。
  3週間ほど滞在し、東京や関西などの地を訪れて日本を撮影しています。

亡くなったときに手にしていたと思われる ニコンS 50ミリF1.4
  ロバート・キャパ愛機とのショット  

  ロバートキャパのNikonS 50F14 20120525000304
  ≪写真はネットより借用≫



ロバート・キャパ愛機と同型の ニコン S

  レンズは 50ミリF2です


tsPENF9367.jpg
  本写真は 小生撮影


  「ロバートキャパ」 最期のカメラ ニコン S 50ミリF1.4

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

郵便局販売の優れものの傘

2017.08.24(00:01) 2809

郵便局販売の優れものの傘


  ネット情報で知ったのですが

     郵便局でビニール傘が売れている!?

  「ポキッと折れて」風圧に耐える優れもの

     早速買ってきました

  特長は 親骨の長さ65センチ/風圧に耐える/強度は意外としっかりしてました

     @1,080円也

  これはお勧めです


  tsA7R09094.jpg


【スゴ技ニッポン】
 郵便局でビニール傘が売れている!? 「ポキッと折れて」風圧に耐える優れもの

 物販のイメージが薄い日本郵便が、全国の郵便局でビニール傘「ポキッと折れるんです」の販売を始めた。

「なぜ郵便局が傘?」とか、「どういう傘だろう?」という疑問もわいたが、担当者に開発や販売の経緯を聞くと、予想以上に環境に配慮した技術が使われていることが判明した。

 ちょっと“ゆるい”名前の「ポキッと折れるんです」は、6月12日から45都道府県約4500の郵便局で1080円で販売中だ。
昨年12月から今年3月にかけて、日本郵便南関東支社の東京、神奈川の164郵便局で試験販売したところ、降雨や降雪が少なかったにもかかわらず2000本が完売。
「なぜうちの郵便局では販売できないのか」など、販売を希望する郵便局が相次いだという。

 ポキッと折れるんですは、化粧品やせっけんなどを主に通信販売で取り扱う「長寿乃里」(横浜市西区)が中国の工場で製造している。

 最大の特徴は、グラスファイバー製の傘の骨にヒンジ(ちょうつがい)が備え付けられており、内側からの風圧に対して、ヒンジの部分が「ポキッと折れて」風圧に耐えるところだ。
ポキッと折れたあとは折りたためば元通りになる。
風速15メートル以上の風にあおられるとヒンジが折れて、風圧に耐えるという。
この構造は2015年10月に特許を取得している。
  ≪以上情報 : http://www.sankei.com/premium/news/170723/prm1707230022-n1.htmlより≫


  tsA7R09096.jpg


  郵便局販売の優れものの傘

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

同窓生が送ってくれた冷酒を 金箔冷酒グラスで

2017.08.23(00:01) 2808

同窓生が送ってくれた冷酒を 金箔冷酒グラスで


  同窓会で 写真を撮ってあげたお礼にと

     同窓生が思いもかけず

  故郷から 送ってくれた冷酒

A7R09042.jpg



  一緒に飲みたかったけど 飲めなかったので

     友と飲んでいると思って

  どうぞ召し上がってください

A7R09064.jpg



  勿体ないほどの嬉しい言葉

     折角の好意 有難く 金箔冷酒グラスで

  豪華に頂くことにします

A7R09039.jpg



  いやあ心の籠もったお酒は

     きらめいて また格別の味ですねえ~♪

A7R09060.jpg



  グラスを 冷やし

     少しずつ傾け 味わいながら頂きました

  ごちそうさまでしたm(_ _)m


A7R09062.jpg


  同窓生が送ってくれた冷酒を 金箔冷酒グラスで

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

もの撮り 「機械式手巻きスケルトン腕時計」

2017.08.22(00:01) 2807

もの撮り 「機械式手巻きスケルトン腕時計」

  
 もの撮りの愉しみは

    美味しいものは より美味しく

 美しいものは より美しく

    メカニカルなものは よりメカニカルに

 今回の もの撮りは

    「機械式手巻きスケルトン腕時計」

PENF0048.jpg


  文字盤側(表側)

PENF0064.jpg



  左の半月のメーターは リザーブメーター

     ネジ巻の残り時間を表記 ネジを一杯まで巻くと 50時間リザーブ

  メーターは45を指しているので 残り時間45時間

     右側の丸窓は秒針

PENF0065.jpg


  裏ブタもスケルトン

PENF0033_20170821222530af1.jpg



  ヒゲゼンマイ

     ヒゲゼンマイを取り囲む銅色のリングがテンプ

PENF0039_20170821222533ed4.jpg


  スケルトン時計の愉しみは 内部構造が見えること

     テンプとヒゲゼンマイの動きが愉しめること


  この写真のみネットから拝借しました
  IMG_0149.jpg



  軸受けルビーの宝石の数 23石 (TWENTY-THREE JEWELS)


PENF0037.jpg


  撮影機材 : ミノルタ A50/F2.8マクロ + オリンパス PEN-F

  もの撮り 「機械式手巻きスケルトン腕時計」


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

もの撮り 「ソフトクリームとサクランボ」

2017.08.21(00:01) 2806

もの撮り 「ソフトクリームとサクランボ」


   ソフトクリームとサクランボの質感描写

EM1S8480.jpg



  残り物のサクランボ

     いえいえ 華やぎを添えるサクランボですよ

EM1S8503.jpg


  トキナーレンズ AT-X 50mm-135mm F2.8+オリンパス EM-1は

     ソフトクリームとサクランボを美味しそうに描写してくれました



  もの撮り 「ソフトクリームとサクランボ」

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

欲しかった ティーカップ碗 「ロイヤルコペンハーゲン」

2017.08.20(00:01) 2805

欲しかった ティーカップ碗 「ロイヤルコペンハーゲン」


  安売りの店で見つけた

      ティーカップ碗

EM1S8494.jpg



  その日は そのまま帰ったが

     その後も ティーカップ碗が気になって気になって

  安売り店に 数日後買い求めに行きました

     まだあるかな、、、あー あった あった よかった~(^^)v

EM1S8497.jpg



  「ロイヤルコペンハーゲン」プリンセスブルー

EM1S8513.jpg



  お洒落で上品 この曲線美

EM1S8520.jpg



  伊万里焼とはまた違う魅力がありますね

     色あいといい この姿かたち一目惚れです

  ティーカップ碗ですが珈琲を入れて頂いています

EM1S8530.jpg


   トキナーレンズ AT-X 50mm-135mm F2.8+オリンパス EM-1は

      ロイヤルコペンハーゲン プリンセスブルーを

  上品に 高貴に 写し取ってくれました

      トキナーレンズ 仕様外での接写撮影ですが

  素晴らしい上質の描写 再評価した次第


EM1S8492.jpg


  欲しかった ティーカップ碗 「ロイヤルコペンハーゲン」

⇒欲しかった ティーカップ碗 「ロイヤルコペンハーゲン」の続きを読む
   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

ニッコールオールドレンズ新旧比較 「ニッコール 43ミリ-86ミリ F3.5」

2017.08.19(00:01) 2804

ニッコールオールドレンズ新旧比較 「ニッコール 43ミリ-86ミリ F3.5」


  FB友からリクエストがありまして

     日本初の標準ズームレンズ ニッコール 43ミリ-86ミリ F3.5

  旧型ニッコール ズームオート 43ミリ-86ミリ F3.5C (マルチコートされた二代目1974年発売) と

      新型 Aiズーム 43ミリ-86ミリ F3.5 (Ai化されたNewレンズ最終四代目1977年発売)の

  新旧レンズ比較を紹介します    カメラはオリンパス PEN-F

     左が旧型 右が新型レンズ

tsPENF1020.jpg
  ≪オリンパス PEN-F +ミノルタA50F2.8マクロ≫



  旧型 ニッコール ズームオート 43ミリ-86ミリ F3.5C

     フィルター枠の内側にレンズ名刻印有り マルチコーティングです

オートC tsPENF1021
  ≪オリンパス PEN-F +ミノルタA50F2.8マクロ≫



  新型 ニッコール Aiズーム 43ミリ-86ミリ F3.5

     フィルター枠の外側にレンズ名刻印有り

  内側か外側表記かで簡単に新旧の判別が出来ます

Ai PENF1017
  ≪オリンパス PEN-F +ミノルタA50F2.8マクロ≫



  新型は旧型の課題であった 周辺光量と周辺画質を改善したとのこと(ニコンの解説より)

     この珈琲碗写真は 新型で撮ったものですが

  明確な新旧レンズの違いは認められませんでした

Ai PENF0997



  色々撮ってみましたが 明らかな差異が分かり難く

     差が出た部分を紹介します

  こちらが 旧型 ニッコール ズームオート 43ミリ-86ミリ F3.5C(マルチコートされた二代目です)

     丸ボケの縁(リング)にオレンジ系の癖のある色付きが見られます

オートC tsPENF1025



  こちらが 新型 ニッコール Aiズーム 43ミリ-86ミリ F3.5(Ai化されたNewレンズ最終四代目)

     丸ボケの縁に色付きは見られません

Ai tsPENF1024



  違う被写体でも比較してみました

     こちらが 旧型 ニッコール ズームオート 43ミリ-86ミリ F3.5C

  丸ボケの縁にオレンジ系の色付きが見られます

オートC tsPENF1008



  こちらが 新型 ニッコール Aiズーム 43ミリ-86ミリ F3.5

     丸ボケの縁に僅かなブルー系の色付きがみられますが

  旧型と比べて自然なボケ描写です

Ai tsPENF1007


  今から40年前の日本初の標準ズームレンズ

     当時ベストセラーになったレンズです

  癖のあるボケ描写で有名ですが 今回の新旧比較では

     破綻のない奇麗なボケ描写をしてくれました

  FB友や本レンズに興味のある方に参考になればと纏めてみました



    ニッコールオールドレンズ新旧比較 「ニッコール 43ミリ-86ミリ F3.5」


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

夏の風物詩 線香花火

2017.08.18(00:01) 2803

夏の風物詩 線香花火


  ロウソクを点け

EM1S8841.jpg



  うわあ!!

     花火キレイ~♪☆彡

EM1S8838.jpg



  ボク 一人で花火できたねえ~(^^)v

     えらいねえ

  パパも嬉しそうです

     線香花火のように

  幼い時は あっという間に過ぎていきます

     花火に負けないほどの

  心にキラキラした思い出を

     沢山作ってあげてくださいね


EM1S8772.jpg


  夏の風物詩 線香花火

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

ホームガーデンで クイッと一杯~(^^)v

2017.08.17(00:01) 2802

バーベキューで クイッと一杯~(^^)v


  たまには ホームガーデンで

      クイッと一杯~(^^)v

tsEM1S8843.jpg



  いやあ この冷酒

     ホントに 美味しいです~(^^)g

EM1S8823.jpg


  バーベキュー

     肉もジュージュー

  美味しく焼きあがり~♪

EM1S8842.jpg



  屋外で飲むビールは また格別ですね

      ついつい深酒してしまいました

  毎度のことながら 反省ですm(_ _)m


EM1S8844.jpg


  バーベキューで クイッと一杯~(^^)v

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック