もの撮り 「サクソフォーン」|写真マイガーデンシリーズ


もの撮り 「サクソフォーン」

2019.11.11(00:01) 3625

もの撮り 「サクソフォーン」


1840年代にベルギーの管楽器製作者アドルフ・サックス(Adolphe Sax)によって考案された。
1846年に特許を取得している。
saxophoneの名は彼にちなむ。元々吹奏楽団における木管楽器と金管楽器の橋渡しを目的に開発された。
構造上、木管楽器に分類されるが、真鍮を主とした金属で作られており、木管楽器の運動性能の高さ、金管楽器のダイナミックレンジの広さを兼ね備えている。

Z6D_9867.jpg



新しい楽器の恩恵として、洗練された運指、発音の容易さは他の吹奏楽器に類がない。
クラシック音楽からポップス、ロック、ジャズに至るまで、様々な分野の音楽で用いられる。特に吹奏楽やビッグバンドには欠かせない存在である。

現在、アルトサックス、テナーサックス、バリトンサックス、ソプラノサックスの4種類がもっともよく使われる。

  以上、https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%B3 より


Z6D_9860.jpg



  
Z6D_9869.jpg



  >奏者は 中村千紗さん


Z6D_9857.jpg

  撮影機材:AFS28-300G+Z6


  もの撮り 「サクソフォーン」

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

<<「氷置 晋 (ひおきしん)」ライブ | ホームへ | マイガーデンは 「秋たけなわ」 ハナミズキの紅葉>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する