マイガーデンの「キキョウソウ(桔梗草)」 「ニッコールAiAF Nikkor 28‐105mm F3.5‐4.5Dの描写力」その2|写真マイガーデンシリーズ


マイガーデンの「キキョウソウ(桔梗草)」 「ニッコールAiAF Nikkor 28‐105mm F3.5‐4.5Dの描写力」その2

2018.05.16(00:01) 3079

マイガーデンの「キキョウソウ(桔梗草)」 「ニッコールAiAF Nikkor 28‐105mm F3.5‐4.5Dの描写力」その2


  マイガーデンの 「キキョウソウ(桔梗草)」

    キキョウ科キキョウソウ属 北アメリカ原産。

D85_0648_201805160124109f1.jpg



キキョウソウ(桔梗草)は
  花が桔梗に似ていることから。

別名ダンダンギキョウ(段々桔梗)とも
  花と葉が段々になっているから。

D85_0664.jpg



一年草で5月から6月頃に紫色の小さな花を咲かせます。

  小さなちいさな花で よく見ないと見落とします。

我が家では雑草の一種ですが この場では野草としておきましょう。

  花のあとに出来る実は熟すと裂け、種子を飛び散らせます。

D85_0755.jpg



株式会社ニコン 映像事業部 開発統括部 第三システム設計部 第四設計課 主幹研究員 佐藤治夫氏

Facebookでご縁がありまして 佐藤治夫氏から直接お話を伺うことが出来ました

   小生の 最近お気に入りのオールドレンズ

ニッコールAiAF Nikkor 28‐105mm F3.5‐4.5D(1998年12月発売 定価5万5千円)は

   佐藤治夫氏の設計によるものだそうです

本レンズはD810やD850の高画素タイプで撮影しても大きな破綻は見せません

   特にお気に入りは1/2マクロ機能が付いていること

マクロに切り替えると 1/2~∞までシームレスでピント移動出来て便利です

   今回、佐藤治夫氏へのオマージュとして お礼を籠めて

あらためてマイガーデンの花たちをじっくり本レンズで撮影しました


   撮影機材 : D850(DXモードで撮影)+ニッコールAiAF Nikkor 28‐105mm F3.5‐4.5D

tsPENF6075.jpg


  マイガーデンの「キキョウソウ(桔梗草)」 「ニッコールAiAF Nikkor 28‐105mm F3.5‐4.5Dの描写力」その2


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

<<薔薇を撮る | ホームへ | マイガーデンの紫蘭 「ニッコールAiAF Nikkor 28‐105mm F3.5‐4.5Dの描写力」>>
コメント
りらさん
コメントありがとうございます。

レンズ設計者と直接コンタクトしたのは初めてのことです
色々と興味深い話を伺っています
Facebookの「憧光会」グループのメンバーにもなっていただきました

りらさん
「邂逅(かいこう=めぐりあい)」
大切にしたいですね
いつもありがとうございます


> ニッコールAiAF Nikkor 28‐105mm F3.5‐4.5D(1998年12月発売 定価5万5千円)は
> 佐藤治夫氏の設計によるものだそうです・・・
> まさに一期一会ですね
> 桔梗草の清楚な美に憧れます
【2018/05/17 01:04】 | クメゼミ塾長 #LCCNbXwA | [edit]
ニッコールAiAF Nikkor 28‐105mm F3.5‐4.5D(1998年12月発売 定価5万5千円)は
佐藤治夫氏の設計によるものだそうです・・・
まさに一期一会ですね

桔梗草の清楚な美に憧れます
【2018/05/16 17:22】 | りら #sSHoJftA | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する