マイガーデンの紫蘭 「ニッコールAiAF Nikkor 28‐105mm F3.5‐4.5Dの描写力」|写真マイガーデンシリーズ


マイガーデンの紫蘭 「ニッコールAiAF Nikkor 28‐105mm F3.5‐4.5Dの描写力」

2018.05.15(00:01) 3078

マイガーデンの紫蘭 「ニッコールAiAF Nikkor 28‐105mm F3.5‐4.5Dの描写力」



株式会社ニコン 映像事業部 開発統括部 第三システム設計部 第四設計課 主幹研究員 佐藤治夫氏

  参考 http://www.nikon-image.com/sp/nikkor_sato/  http://www.nikon-image.com/enjoy/life/historynikkor/0009/index.html

Facebookでご縁がありまして 佐藤治夫氏から直接お話を伺うことが出来ました

   小生の 最近お気に入りのオールドレンズ

ニッコールAiAF Nikkor 28‐105mm F3.5‐4.5D(1998年12月発売 定価5万5千円)は

   佐藤治夫氏の設計によるものだそうです

本レンズはD810やD850の高画素タイプで撮影しても大きな破綻は見せません

   特にお気に入りは1/2マクロ機能が付いていること

佐藤治夫氏が設計にあたり、こだわってマクロ機能を盛り込んだとのことでした

   自分の欲しい機能を盛り込めるなんてなんとも羨ましいものですね

今回、佐藤治夫氏へのオマージュとして お礼を籠めて

   あらためてマイガーデンの花たちをじっくり本レンズで撮影しました


   「紫蘭」

      透明でクリアな描写をどうぞ

D85_0539.jpg



  穏やかで素直な描写

     前ボケ、後ろボケ共にまろやかで 小生の好みです

D85_0554_20180514233806137.jpg



  マクロ専用レンズのような鮮鋭さはありませんが

     私には十分実用範囲の描写力です

D85_0550.jpg



  優しくまろやかな描写

D85_0548.jpg



  ボケ味も文句ありません


D85_0543.jpg


  撮影機材 : ニッコールAiAF Nikkor 28‐105mm F3.5‐4.5D + D850(DXモード)


  マイガーデンの紫蘭 「ニッコールAiAF Nikkor 28‐105mm F3.5‐4.5Dの描写力」


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

<<マイガーデンの「キキョウソウ(桔梗草)」 「ニッコールAiAF Nikkor 28‐105mm F3.5‐4.5Dの描写力」その2 | ホームへ | 洋蘭 「パフィオペディラム」>>
コメント
toshiさん
コメントありがとうございます

「AI AF Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D」
私も使っていました
便利なレンズでしたがD810/D850の高画質カメラでは使い物にならず手放しました

マクロレンズゲット!!正解だと思いますよ~(^^)v

佐藤治夫さん
Facebookのオールドレンズクラブのメンバーで友達になりました
ニッコールレンズ、佐藤さんお一人の設計によるレンズは25本もあるそうです
設計の裏話等色々教えて頂いています

ニッコールAiAF Nikkor 28ー105mm F3.5-4.5D
マクロ域含め高画質カメラに応えられるレンズだと思います

toshiさん
それぞれの写真ライフエンジョイ自分スタイルでしましょう~♪
いつもありがとうございます

> 私は以前、「AI AF Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D」というレンズをオークションで狙っていた時期がありました。
> 湾曲のない設計だと「ニッコール千夜一夜」で読んでいて、ぜひ手に入れようと思っていましたが、マクロレンズの方が気になりそっちを落札しました。
> 再度「ニッコール千夜一夜」で24-120mm F3.5-5.6Dを見たら同じ佐藤さんの設計だったんですね…
> 設計者がしっかり哲学をもって設計したレンズは時代を問わず生き続けるという事なんでしょうね
【2018/05/16 00:57】 | クメゼミ塾長 #LCCNbXwA | [edit]
私は以前、「AI AF Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D」というレンズをオークションで狙っていた時期がありました。
湾曲のない設計だと「ニッコール千夜一夜」で読んでいて、ぜひ手に入れようと思っていましたが、マクロレンズの方が気になりそっちを落札しました。
再度「ニッコール千夜一夜」で24-120mm F3.5-5.6Dを見たら同じ佐藤さんの設計だったんですね…

設計者がしっかり哲学をもって設計したレンズは時代を問わず生き続けるという事なんでしょうね
【2018/05/15 21:19】 | toshi #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する