ニコンのレンズ  ニッコール SCオート 55mm F1.2 その2|写真マイガーデンシリーズ


ニコンのレンズ  ニッコール SCオート 55mm F1.2 その2

2017.08.02(00:01) 2787

  ニコンのレンズ
     ニッコール SCオート 55mm F1.2 その2



  FB友からリクエスト頂きまして

    大口径レンズ ニッコールSCオート55mmF1.2(1972年10月発売)

  今から45年前のレンズを紹介します その2です

    OLYMPUS PEN-F に装着した ニッコールSCオート 55mmF1..2

タブレットIMG_20170730_183057
  ≪タブレットで撮影≫



  被写体は 45mm F1.4の大口径レンズが着いた 「ヤシカリンクス14」 

    ピントはレンズの f45mm文字に合わせています

  「ヤシカリンクス14」は1965年発売 重量:約935g 当時価格:25800円
   レンズ:YASHINON-DX 45mm/F1.4  シャッター速度:B・1~1/500秒

  当時の大口径レンズブームのフラッグシップです

    大口径化のためボディサイズが大きく(サイズ:140×84×81mm)重くなり過ぎました(約935g)

  このお化けレンズ 大きいでしょう 見てください

  A7R08802.jpg
   ≪この写真だけソニーα7R2+シグマ24ミリF2.8マクロで撮影≫


  その反動で市場は次第にコンパクト化へと舵を取ることになります


  では本題に戻り OLYMPUS PEN-F に装着した ニッコールSCオート 55mmF1.2で撮影

    絞りは F2.8の描写です

PENF1009.jpg



  次に 絞りをF2に開けて撮影しました

     ピントはYASHICAの CAに合わせました

PENF1005.jpg



  最後に ニッコールSCオート 55mmF1.2 F1.2絞り開放の描写です

     ピントの合っている f45mmの文字もフレア気味です

  中心は割合に解像感はありますが ベールのようなフレアーが取り巻いています

     45年前の大口径レンズ 絞りF1.2開放描写 よく頑張っている方でしょう

  F1.2開放フレアを愉しむか F2~F2.8辺りの上質なボケを愉しむか

     それは あなた次第~(^^)v


PENF1019.jpg


「追記」
 Ai化された 55mmF1.2最終モデル Aiニッコール 55mmF1.2(1977年3月発売) 並びに
その後に製品化された 50mmF1.2Ai-S(1981年9月発売)もリクエストがあれば紹介したいと思います


  ニコンのレンズ
     ニッコール SCオート 55mm F1.2その2 完


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

<<村の鎮守の夏祭り~♪ | ホームへ | ニコンのレンズ   ニッコール SCオート 55mm F1.2 その1>>
コメント
りらさん
コメントありがとうございます。

レンズの話 りらさんには退屈かと思いましたが
興味があるとのこと よかったです
改めて続編アップしますね
レンズによって絞りによって 明らかに描写が違うこと
実感されると思います

りらさん
それぞれの写真ライフエンジョイしましょう~♪
いつもありがとうございます



> 「追記」
>  Ai化された 55mmF1.2最終モデル Aiニッコール 55mmF1.2(1977年3月発売) 並びに
> その後に製品化された 50mmF1.2Ai-S(1981年9月発売)もリクエストがあれば紹介したいと思います

> 是非お願いします
> 興味深く拝見拝読させて頂いています
【2017/08/02 19:35】 | クメゼミ塾長 #LCCNbXwA | [edit]
「追記」
 Ai化された 55mmF1.2最終モデル Aiニッコール 55mmF1.2(1977年3月発売) 並びに
その後に製品化された 50mmF1.2Ai-S(1981年9月発売)もリクエストがあれば紹介したいと思います

是非お願いします
興味深く拝見拝聴させて頂いています
【2017/08/02 19:05】 | りら #sSHoJftA | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する