マツバギク(松葉菊)|写真マイガーデンシリーズ


マツバギク(松葉菊)

2017.06.18(00:01) 2740

マツバギク(松葉菊)


マツバギク(松葉菊)

  ハマミズナ科(ツルナ科)マツバギク属(ランプラントゥス属)の多年草の種のひとつ。

また、マツバギク属(Lampranthus)の総称のこと。

  マツバボタン(スベリヒユ科)と名前が似ているが、別な植物である。

また、マツバギクの葉は多肉であり、花の形もある種のサボテンに似ているので

  サボテンの一種と誤解する人もいるが、多肉植物であるものの、サボテンとは全く別系統の植物である。

A7R07672.jpg



  マツバギク(松葉菊)
  真正双子葉類 eudicots コア真正双子葉類 core eudicots
  目 : ナデシコ目 Caryophyllales
  科 : ハマミズナ科 Aizoaceae
  連 : ルスキア連 Ruschieae
  属 : マツバギク属 Lampranthus
  種 : マツバギク L. spectabilis

A7R07670.jpg



  形態・生態
  茎は木質化し、地上を横に這い、先端が立ち上がる。
  茎は根本でよく分枝して、まばらなクッション状の群落になる。
  節があって、葉を対生する。
  葉は多肉質で、断面がやや三角になった棒状。
  花は一見キクにも似ている。花弁は細いものが多数並ぶ。
  花弁が紫色で、やや光沢がある。朝に花が開き、夕方に花が閉じる。
  春から夏にかけ、長期間開花を繰り返す。

   ≪花情報 : https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%84%E3%83%90%E3%82%AE%E3%82%AF より≫



  マツバギク(松葉菊)


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

<<花菖蒲の 季節 | ホームへ | 六月の ガウラ>>
コメント
りらさん
コメントありがとうございます。

マツバギク(松葉菊)は
街歩きしているとよく路傍に咲いています
何気なく撮った一枚ですが案外空気感が出ていて
気に入った一枚です

りらさん
それぞれの写真ライフエンジョイしましょう
いつもありがとうございます


> 松葉菊は多肉植物
> お写真を拝見するとそれが良く理解に及びます
> サボテンとは全く別系統の植物なのですね勉強させて頂きました
> ありがとう
【2017/06/18 19:38】 | クメゼミ塾長 #LCCNbXwA | [edit]
松葉菊hは多肉植物のですね
お写真を拝見するとそれが良く理解に及びます
サボテンとは全く別系統の植物なのですね勉強させて頂きました
ありがとう
【2017/06/18 06:10】 | りら #sSHoJftA | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する