「キンカン(金柑)」 熟す頃|写真マイガーデンシリーズ


「キンカン(金柑)」 熟す頃

2017.01.19(00:01) 2591

「キンカン(金柑)」 熟す頃


   「キンカン(金柑)」 熟す頃

PENF2890.jpg



   窓の灯りとの コラボ


PENF2895.jpg


「キンカン(金柑)」
  ミカン科キンカン属 (Fortunella) の常緑低木の総称である。 別名キンキツ(金橘)ともいう。

概要
中国の長江中流域原産。俳句では秋の季語になっている。 英語などの「Kumquat」もしくは「Cumquat」は「金橘」の広東語読み「gam1gwat1 (カムクヮト)」に由来する。
カール・ツンベルクによりミカン属に分類され、1784年刊行の『日本植物誌』("Flora Japonica")においてCitrus japonicaの学名を与えられていたが、1915年にウォルター・テニスン・スウィングル(英語版)により新属として分割され、ヨーロッパに紹介したロバート・フォーチュンヘの献名として新たな学名を与えられた。

PENF2893.jpg


食用
果実は果皮ごとあるいは果皮だけ生食する。皮の中果皮、つまり柑橘類の皮の白い綿状の部分に相当する部分に苦味と共に甘味がある。果肉は酸味が強い。果皮のついたまま甘く煮て、砂糖漬け、蜂蜜漬け、甘露煮にする。甘く煮てから、砂糖に漬け、ドライフルーツにすることもある。

薬用
果実は民間薬として咳や、のどの痛みに効果があるとされ、金橘(きんきつ)という生薬名でいうこともある。果皮にはヘスペリジン(ビタミンP)を多く含む。

観賞用
観賞用として庭木として植えられることも多い。
剪定に強いので生垣や鉢植え、盆栽にもできる。広東省や香港では、旧正月を迎える際に柑橘類の鉢植えを飾ることが多く、キンカンも好まれる。

  ≪以上情報:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%B3より≫




  「キンカン(金柑)」 熟す頃

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

<<冬の葉繕い(はづくろい) | ホームへ | 紅梅の季節>>
コメント
りらさん
コメントありがとうございます
コメント投稿した記事が無くなっていました
再度投稿返信します ごめんなさい

> クメゼミ塾長様
> 金柑の丸さと玉暈けのコラボレーションがとても素敵です
> 記事拝読させて頂きました
> 詳細に調べられていますね
> 真面目なご性格が表れています
 ⇒ 金柑だけでは画にならず なにかないかと
 探してみたら 照明を玉ボケで入れてみようとアングルを
 色々工夫して「玉暈けのコラボ」に至りました
 背景処理は楽しみでもあり悩みでもありますね

 りらさん
 それぞれの写真ライフ エンジョイしましょう~♪
 いつもありがとうございます。
【2017/01/21 12:04】 | クメゼミ塾長 #LCCNbXwA | [edit]
クメゼミ塾長様

金柑の丸さと玉暈けのコラボレーションがとても素敵です

記事拝読させて頂きました
詳細に調べられていますね
真面目なご性格が表れています
【2017/01/20 21:37】 | りら #sSHoJftA | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する