秋に見掛けた 麗花|写真マイガーデンシリーズ


秋に見掛けた 麗花

2016.10.30(00:01) 2508

秋に見掛けた 麗花


   千日紅 (せんにちこう)

PENF6113.jpg



・ひゆ科。
・学名
  Gomphrena globosa
   Gomphrena :
     センニチコウ属
   globosa : 球形の

 Gomphrena(ゴンフレーナ)は、 ギリシャ語の  「gromphaena
  (ケイトウの一種)」が語源。

・熱帯アメリカ地方原産。
 17世紀頃に渡来。

・夏から秋まで長い間、
 紅色が色あせないことから この名前に。
 乾燥させても 千日以上(3年以上)
 色あせない・・・。

 ドライフラワーによく用いられる。

・昔は中国では 女性が簪(かんざし)に使った。
・赤い色が見事な花。 白、ピンクもある。

・花言葉は
 「終わりのない友情」(千日紅)

PENF6112.jpg




   「アブチロン」

      チロリアンランプとも

・葵(あおい)科。
・学名
  Abutilon megapotamicum
    「チロリアンランプ」
  Abutilon x hybridum 
   (幅広の傘タイプの花)
   Abutilon : アブチロン属
   megapotamicum : ブラジルのリオグランデ川の
   hybridum : 雑種の

 Abutilon(アブチロン)は、 ”家畜の下痢止めに効果がある”
 ということばに由来。

BEM15293.jpg



「アブチロン」
・ブラジル原産。
・6月頃から11月頃にかけて いろんな色の花が咲く。

・「チロリアンランプ」は、 釣りの浮き輪に似ている。
 花が、 幅広で傘状のタイプもある。
・昔はこの木の繊維を使って 布や繊維を作った。

・別名
 「浮釣木(うきつりぼく)」
 「チロリアンランプ」
   赤い細長の花の方の別名。

   ≪花情報 : http://www.hana300.com/abuchi.html より≫

BEM15294.jpg



   踊り子の姿にも似ています


BEM15295.jpg



  秋に見掛けた 麗花


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

<<【写真マイガーデン】 季節は がむしゃらに翔けて往く | ホームへ | 案山子巡り (かかしめぐり)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する