東大寺大仏殿の観相窓(かんそうまど)|写真マイガーデンシリーズ


東大寺大仏殿の観相窓(かんそうまど)

2016.08.19(00:01) 2436

東大寺大仏殿の観相窓(かんそうまど)


  東大寺の万灯供養会

  華厳宗大本山 東大寺

    天平15年(743)に聖武天皇が盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)造立の勅願を発布し

  国全体をまもる寺として知識(自らの意志で協力する人々)の総力をあげて造営された。

PENF1261.jpg



  8月15日の19時から22時までの間 大仏殿正面の観相窓(かんそうまど・(桟唐戸))が開いて

     大仏さまのお顔が灯火に浮かび上がるさまを参道から拝める。

SEM18410.jpg



東大寺大仏殿では、盂蘭盆(うらぼん)の最終日、8月15日の夜、大仏さまにたくさんの灯籠をお供えして、万灯供養会を厳修


PENF1260.jpg



   手持ち撮影での 露光間ズーミング

       観相窓の大仏様を ズームアップ

SEM18475.jpg



大仏殿の万灯供養会は
  お盆に帰省できない方々に せめて御先祖の供養をしていただけるようにという趣旨で 昭和60年から始められた。

殿内では僧侶が『華厳経』を読誦して法要をいとなみ、祈願帳にしたがって皆様のお名前と願い事を読み上げるとともに
  三界の諸霊の追善供養を行う。


SEM18507_2016081723152633c.jpg


   東大寺大仏殿の観相窓(かんそうまど)

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

<<宝飾類 より美しく撮ってあげましょう その2 | ホームへ | 東大寺万灯籠>>
コメント
りらさん
コメントありがとうございます

> クメゼミ塾長様
> 二枚目のお写真
> 大仏さまのお顔 素晴らしい表現です
> 東大寺の万灯供養会のご紹介頂き暑い日々に涼感を頂きました
> 有難う
 ⇒ 「東大寺大仏殿の観相窓」
 なかなか拝観出来ない構図です
 お盆の最終日のたった一日の夜だけ 観相窓が開けられます
 もともと東大寺の大仏殿は いつも大ぜいの拝観客(観光客?)なのですが
 この日はまた格別のお盆の最終日です
 無事に拝観出来て良かったです
 春日大社と東大寺 三台のカメラをぶらさげて
 暑い中歩き疲れました m(_ _)m

 りらさん
 写真ライフ 夏バテに気をつけて エンジョイしましょう~♪
 いつもありがとうございます。
【2016/08/19 23:50】 | クメゼミ塾長 #LCCNbXwA | [edit]
クメゼミ塾長様

二枚目のお写真
大仏さまのお顔 素晴らしい表現です

東大寺の万灯供養会のご紹介頂き暑い日々に涼感を頂きました
有難う
【2016/08/19 20:50】 | りら #sSHoJftA | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する