ルリマツリ|写真マイガーデンシリーズ


ルリマツリ

2016.08.04(00:01) 2419

ルリマツリ


「ルリマツリ」
科名:イソマツ科
学名:Pulumbago auriculata(= P. capensis)
別名:アオマツリ プルンバゴ
原産地:南アフリカ
草丈:~1.5m
主な開花期:6月-10月


BEM12131.jpg



ご近所散策していると

    あちこちに 「ルリマツリ」が 花盛り~♪

BEM12139_20160802232854192.jpg



とくに こちらのお宅は

    豪華に咲き誇っています


BEM12141.jpg


ルリマツリとは

ルリマツリの仲間(プルンバコ)は熱帯を中心に約20種類の仲間が知られています。
その中でも南アフリカに分布する、プルンバコ・アウリクラータのことを和名でルリマツリと呼びます。
半つる性の低木で本来は常緑性ですが、日本では冬の寒さでばっさり葉が枯れることも多いです。
枝は直立もしくは斜上してよく伸びよく茂り、高さは1.5mほどになります。
主な開花期は初夏~秋の気温が高い時期で、直径2cmほどの花を房状に付けます。花色はそら色と白があり、園芸品種に濃いブルー花の’ブルームーン’があります。
花は元が細い筒状で先端が5枚に開きます。がくの上部には毛のような腺があり、触るとべたべたします。
さほど強くないですが、他のものに絡みながらよじ登る性質もあるので、フェンスなどに這わせて楽しむこともできます。
支柱がなくても這うように伸びてこんもり茂ります。
真夏の暑さの中でも元気に咲き、大きく育った株の花盛りは見応えがあります。
ルリマツリの「ルリ」は花色から、「マツリ」は花姿がマツリカ(ジャスミン)に似ているところに由来します。
属名のプルンバコはギリシア語のプルンバム(鉛)に由来し、ある種が鉛中毒に効果がある、根の色に由来するなど諸説あります。

  ≪花情報 : http://www.yasashi.info/ru_00002.htm より≫



 ルリマツリ

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

<<怖いものなし 小さなカメラマン | ホームへ | 吉野ヶ里遺跡 南内郭>>
コメント
りらさん
コメントありがとうございます

「ルリマツリ」

ルリマツリの「ルリ」は花色が瑠璃色から
「マツリ」は花姿がマツリカ(ジャスミン)に似ているところから

りらさん
瑠璃色いい響きですね
涼しげな花
ご近所散策で見つけました

「ルリマツリ」
覚え難そうですが「瑠璃色」と「マツリ」で切って覚えると
覚えやすいと思います

りらさん
暑い日が続きます
夏バテに気をつけて
写真ライフ エンジョイしましょう~♪
 いつもありがとうございます。


> クメゼミ塾長様
> ルリマツリ・・・その花の名前は知りませんでした
> 熱帯を中心に約20種類の仲間があるのですね
> 原産地:南アフリカ
> 草丈:~1.5m
> 主な開花期:6月-10月
> 淡い青ですがとても涼しげな花ですね
> 三枚目を拝見すると個人のお庭に咲いていたようでね
> 身近にある素敵な被写体を見逃すことなく撮影されていますね
> いつもながら 感嘆しています
【2016/08/04 22:41】 | クメゼミ塾長 #LCCNbXwA | [edit]
クメゼミ塾長様

ルリマツリ・・・その花の名前は知りませんでした
熱帯を中心に約20種類の仲間があるのですね

原産地:南アフリカ
草丈:~1.5m
主な開花期:6月-10月

淡い青ですがとても涼しげな花ですね
三枚目を拝見すると個人のお庭に咲いていたようでね
身近にある素敵な被写体を見逃すことなく撮影されていますね
いつもながら 感嘆しています

【2016/08/04 21:12】 | りら #sSHoJftA | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する