大山蓮華 (おおやまれんげ)|写真マイガーデンシリーズ


大山蓮華 (おおやまれんげ)

2016.05.20(00:01) 2341

大山蓮華 (おおやまれんげ)


  泰山木と 見紛う花 「大山蓮華 (おおやまれんげ)」

DSC05026.jpg



「オオヤマレンゲ(大山蓮華、学名:Magnolia sieboldii ssp. japonica)」

   モクレン科モクレン属の落葉広葉樹の低木。

BEM10034_20160518161905657.jpg



「特徴」
  樹高は、1-3 m程度。
葉は互生し、直径5-10 cmの芳香のある白い半球状の花を下向きに咲かせる。
雄しべは、わずかに紅色を帯びた白色。
開花時期は5-7月。
花の寿命は4-5日程度。種子があるが、倒伏した枝から発根し栄養繁殖も行う。

BEM10040.jpg



古くは1695年の伊藤伊兵衛による園芸書『花壇地錦抄』に記載され、延宝年間に江戸に栽培用として持ち込まれた。
和名は奈良県南部の大峰山に自生していて、ハスの花(蓮華)に似た白い花を咲かせることに由来する。
別名が「ミヤマレンゲ」(深山蓮華)。
学名の小名の「sieboldii」は、ドイツ人のシーボルトに由来する。
鑑賞用として苗木が販売されているものは、近縁種のオオバオオヤマレンゲである。
朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の国花。

   ≪花情報:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B2より≫


BEM10036.jpg


  大山蓮華 (おおやまれんげ)


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

<<梅雨の前ですが 水玉をどうぞ | ホームへ | 幡 翻る季節 (ばん ひるがえるきせつ)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する