山口県の 「外郎(ういろう)」|写真マイガーデンシリーズ


山口県の 「外郎(ういろう)」

2016.05.15(00:01) 2336

山口県の 「外郎(ういろう)」


   「外郎(ういろう)」は 山口県

      昔風で甘過ぎず 自然な味で

   家族ともども「外郎(ういろう)」の中では 一番のお気に入りです


DSC04995.jpg


   「山口の外郎(ういろう)」
       山口の外郎は、わらび粉を原料として、ぷるっと柔らかい品のいい食感で上品な味わいです。
   山口を代表する銘菓であり、お土産にも人気です。

SEM16240.jpg



   「山口のういろう」は
       ワラビの粉に砂糖を加え、蒸して作られる。
   小豆、抹茶等が加えられることもある。
       他の地方のういろうと異なり、わらびもちを彷彿とさせる、くせのないとろりとした食感が特徴である。
   山口県下では山口市だけでなく、県下の多くの地域でういろうが作られており、他に岩国市(ふるたのういろう)などが
       ういろうが名物である都市として知られる。
   山口ういろうは、室町時代に周防山口の秋津治郎作が現在の製法を考えたとする説もあるが、
       歴史的経緯について詳しいことは分かっていない。
   史実として確認できる最も古い例としては、
       福田屋が現在の山口市大内御堀の萩往還沿いで戦前からういろうの販売を行っており、
   中原中也もよく食べていたとされる。しかしながら、福田屋は太平洋戦争で後継者をなくし、廃業してしまう。
       その後、その福田屋の職人だった人物が御堀堂を、福田屋のういろうをよく食べていた人物が豆子郎を創業し、
   山口ういろうの味が現在まで受け継がれることとなった。

       ≪情報:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%86%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%86_(%E8%8F%93%E5%AD%90)より≫

DSC04994.jpg

 
   山口県の 「外郎(ういろう)」



   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

<<【マイガーデン】のサクランボ | ホームへ | 花菖蒲>>
コメント
りらさん
コメントありがとうございます

外郎、大好物なんですか!?
「山口の外郎(ういろう)」
わらび粉を原料として、ぷるっと柔らかい品のいい食感で上品な味わい。
私が食べた外郎の中では 山口の外郎 一番の好物です
一度召しあがってみてください 

りらさんは スレンダーだから
甘いもの食べても問題ないでしょう
私は 太り気味で 自重しなければなりませんm(_ _)m
甘党には辛いですが …(ノД`)゜・。・

りらさん
いつもありがとうございます。


> クメゼミ塾長さん
> ういろう 大好物なんですよ
> 「山口のういろう」残念ながら食べたことがありませんが・・・
> 記事により 詳細が理解出来ました
> いつか 食べてみたいですね
> ご紹介有難う御座います
【2016/05/15 11:33】 | クメゼミ塾長 #LCCNbXwA | [edit]
クメゼミ塾長さん

ういろう 大好物なんですよ

「山口のういろう」残念ながら食べたことがありませんが・・・
記事により 詳細が理解出来ました
いつか 食べてみたいですね
ご紹介有難う御座います
【2016/05/15 08:21】 | りら #sSHoJftA | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する