自然の造形 「ヘクソカズラの実」 (サオトメバナ)|写真マイガーデンシリーズ


自然の造形 「ヘクソカズラの実」 (サオトメバナ)

2016.03.31(00:01) 2290

自然の造形 「ヘクソカズラの実」 (サオトメバナ)


  自然の造形 「ヘクソカズラの実」

     私の大好きな被写体です (^^)g

PENF4014.jpg


  ヘクソカズラの実

「ヘクソカズラ」とは あまりと言えばあまりの名前である。
  ハキダメギクやブタナの例にあるように感性の低い現代人が付けた名前かと思ったら
万葉の頃すでにクソカズラの名前があり、それに屁(へ)が加わって屁糞蔓(ヘクソカズラ)となったものである。



万葉集に高宮王の歌として次の一首がある。

   「さう莢に 延(は)ひおほとれる くそかずら

        絶ゆることなく 宮仕えせむ」


   (ざふけふに はひおほとれる くそかずら たゆることなく みやつかへせむ)

 「さう莢」 は棘(いばら)の有る植物の事で、そんな植物にも絡み付いていく屁糞蔓(ヘクソカズラ)の様に
  一生懸命宮仕えしますの意。
 かわらふぢにまといつき、ひろがり乱れているヘクソカズラのように、この至らない私も絶えることなくお仕えしよう。


PENF3969.jpg



この植物をもんだりすると強烈な悪臭があり、
  それが屁糞(へくそ)の由来で、ツル性植物なので蔓(かずら)の名がある。
花の中央の赤色をお灸に見立てて「ヤイトバナ」の別称があり
  花の形を早乙女の笠に見立てて「サオトメバナ」とも呼ばれ この名の方にしたい。


PENF3948.jpg


  「サオトメバナ」

ツルが他の植物やフェンス等に巻きついて広がっていくが、基部は木質で意外に太い。

葉や茎をさわったり、揉んだりしなければ悪臭も無く、花は可愛く、実や根は薬用にもなり、
  秋から付ける実は冬の野鳥の貴重な餌となるアカネ科の花である。

  ≪ 花情報 : http://www.geocities.jp/mc7045/sub99.htm より ≫



  自然の造形 「ヘクソカズラの実」 (サオトメバナ)

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

<<「花桃」 春を撮る | ホームへ | 辛夷(こぶし)咲く ビル>>
コメント
りらさん
コメントありがとうございます

歌に誘われ 万葉の世界へと
 タイムトリップ~♪
   ロマンですね

フェンスに絡まる様子から 男女の情愛を感じる
りらさんは ロマンチックですね

「ヘクソカズラの実」は
 いつも自然の造形美で 私を愉しませてくれます
名前が気になるのも その由縁かも知れません
これからは 「サオトメバナ」と呼んであげましょう
でもこの名前 すぐ忘れるんですよね m(_ _)m

りらさん
なにか忘れないコツがあれば教えてください
でも人生 忘却の彼方へと 流れていくから
よしとも言えるかもですね

りらさん
今を この時を 自在に人生エンジョイしましょう
いつもありがとうございます。


> クメゼミ塾長さん
> 万葉集に高宮王の歌・・・・・
> 詳細に紹介して下さり有難う御座います
> この歌の意味を想う時
> お写真には万葉時代への想いまでこもっているかのごとく感じます
> また 私にはフェンスに絡まるその様子から
> 男女の情愛をも感じます
> そんな 想像を働かせて下さるお写真 撮影アップして下さり有難う
【2016/03/31 22:45】 | クメゼミ塾長 #LCCNbXwA | [edit]
クメゼミ塾長さん

万葉集に高宮王の歌・・・・・
詳細に紹介して下さり有難う御座います
この歌の意味を想う時
お写真には万葉時代への想いまでこもっているかのごとく感じます

また 私にはフェンスに絡まるその様子から
男女の情愛をも感じます
そんな 想像を働かせて下さるお写真 撮影アップして下さり有難う
【2016/03/31 18:32】 | りら #sSHoJftA | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する