ブーゲンビリア|写真マイガーデンシリーズ


ブーゲンビリア

2016.01.31(00:01) 2230

ブーゲンビリア


ブーゲンビリア(Bougainvillea)は、オシロイバナ科ブーゲンビリア属に属する熱帯性の低木である。
  和名はイカダカズラ(筏葛)、ココノエカズラ(九重葛)である。
原産地は、中央アメリカ及び南アメリカの熱帯雨林。ブーゲンビリアという名前は1768年にブラジルで木を見つけたフランス人の探検家ブーガンヴィルに由来する。
  花の色は赤から白まで変化に富み、ピンクやマゼンタ、紫、橙、黄のものもあるように見える。
しかし、実際の花はいわゆる花の中央部にある小さな3つの白い部分である(写真では2つしか見えない)。
  色づいた花びらに見える部分は花を取り巻く葉(包葉)であり、通常3枚もしくは6枚ある。
俗に魂の花とも呼ばれている。
  代表的な種として、Bougainvillea buttianaやBougainvillea glabra、Bougainvillea peruviana、Bougainvillea spectabilis がある。

SEM12579.jpg


界 : 植物界 Plantae
門 : 被子植物門 Magnoliophyta
綱 : 双子葉植物綱 Magnoliopsida
目 : ナデシコ目 Caryophyllales
科 : オシロイバナ科 Nyctaginaceae
属 : ブーゲンビリア属 Bougainvillea
和名
ブーゲンビリア

  ≪花情報 : https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%83%93%E3%83%AA%E3%82%A2より ≫



  ブーゲンビリア



   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

<<50年間使い続けた「鉛筆削り器」 | ホームへ | 灯りを点けましょ 雪洞(ぼんぼり)に>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する