伊東 玄朴(いとうげんぼく) 旧居|写真マイガーデンシリーズ


伊東 玄朴(いとうげんぼく) 旧居

2015.11.12(00:01) 2149

伊東 玄朴(いとうげんぼく) 旧居


   故郷佐賀の実家の近くに 「伊東 玄朴(いとうげんぼく) 旧居」があります

      伊東 玄朴(いとうげんぼく)は

   幕末に 伝染病のジフテリアを治し 日本で初めて種痘で疱瘡を治した名医です

BEM11650.jpg



   「伊東 玄朴(いとうげんぼく) 旧居」 へどうぞ

BEM10989.jpg



   旧居庭園内は 一面の紅葉

SEM10163.jpg



   錦秋の季節に

      訪ねることが出来てラッキーでした
 

SEM10160.jpg



◆ 伊東 玄朴(いとう げんぼく、寛政12年12月28日(1801年2月11日) - 明治4年1月2日(1871年2月20日))は
江戸時代末期(幕末)から明治にかけての蘭方医。江戸幕府奥医師。
名は淵。近代医学の祖で、官医界における蘭方の地位を確立した。
妻は長崎のオランダ語通詞・猪俣傳次衛門の長女・照(1812年 - 1881年)。

BEM10993.jpg

寛政12年(1801年)、肥前国(現在の佐賀県神埼市神埼町的仁比山)にて仁比山神社に仕える武士・執行重助の子として誕生する。
のちに佐賀藩士・伊東家の養子となる。
実家の執行家は、佐賀藩着座執行家および櫛田宮社家執行家の一族と考えられる。
また、養家の伊東家は、戦国時代の龍造寺氏の譜代家臣・伊東家秀の子孫にあたる。
長崎の鳴滝塾で、フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトよりオランダ医学を学ぶ。
文政11年(1828年)のシーボルト事件では連座を免れた。


伊東 玄朴(いとう げんぼく)
佐賀藩にて牛痘種痘法を実践し、安政5年(1858年)には大槻俊斎・戸塚静海らと図り江戸にお玉が池種痘所を開設、弟子の池田多仲を同所の留守居とした。
同年7月3日、江戸幕府第13代将軍・徳川家定の脚気による重態に際し、漢方医の青木春岱・遠田澄庵、蘭方医の戸塚静海とともに幕府奥医師に挙用される。
蘭方内科医が幕医に登用されたのは、伊東・戸塚が最初である。玄朴はこの機を逃さず蘭方の拡張を図り、同7日には伊東寛斎・竹内玄同の増員に成功した。
これにより蘭方内科奥医師は4名となった(なお、この時点で林洞海・坪井信良が登用されたとするのは誤りである)。
さらに同年10月16日、時のコレラ流行を利用し、松本良甫・吉田収庵・伊東玄圭ら蘭方医の採用を申請した。
文久元年(1861年)より、西洋医学所の取締役を務めた。
同年12月16日には蘭方医としては初めて法印(将軍の御匙=侍医長に与えられる僧位)に進み、長春院と号し、名実ともに蘭方医の頂点に立った。
のちの緒方洪庵の江戸招聘も、玄朴らの推挽によるところが大きい。文久3年(1863年)1月25日、松本良順の弾劾により失脚、小普請入りとなる。
元治元年(1864年)10月28日、小普請医師より寄合医師に昇格、いくぶん地位を回復するが、以後奥医師に返り咲くことはなかった。
明治4年(1871年)、死去。
墓は東京都台東区谷中の天龍院にある。
なお、養子の伊東方成は、幕末期に林研海とともにオランダで医学を修め、明治天皇の侍医を勤めた。

  ≪情報 : https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E6%9D%B1%E7%8E%84%E6%9C%B4 より≫



   時間の関係で 内部を拝観出来ず 残念でした

SEM10158.jpg


  伊東 玄朴(いとうげんぼく) 旧居

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

<<秋の埴輪公園 | ホームへ | 水車の里 >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する