キャナルシティ博多|写真マイガーデンシリーズ


キャナルシティ博多

2015.10.20(00:01) 2127

キャナルシティ博多


キャナルシティ博多(キャナルシティはかた、Canal City HAKATA)
  福岡県福岡市博多区住吉一丁目にある複合商業施設。
1993年(平成5年)6月3日に着工。1996年(平成8年)4月20日に開業した

BEM18961.jpg


   待ち合わせに

BEM18923.jpg


   デートに 最適な場所

BEM18973.jpg


   「キャナルシティ博多」

      建築デザインはアメリカ人建築家ジョン・ジャーディ。

SEM18734.jpg



旧福岡シティ銀行(現:西日本シティ銀行)系列の不動産会社である福岡地所が、1996年(平成8年)4月に、カネボウプール(さらにその前は鐘紡の工場・一時期はゴルフ練習場や駐車場にもなっていた)跡地にオープンさせた。

施設は7つの建物群から構成されている。
キャナルシティ・オーパビルが中央部に位置し、それを扇状に拡げる形でシアタービル、福岡ワシントンホテルビル、ビジネスセンタービル、アミューズメントビル、メガストアビル、オーパビルの対向にグランドハイアット福岡ビルが置かれている。4階以下ではシアタービル、福岡ワシントンホテルが入居するビル、アミューズメントビル、メガストアビルはキャナルシティ・オーパビルを介して一体となっており、地下1階・1階・3階でその他のビルと連絡している。

英語で「運河」を意味する「キャナル (canal) 」の名前の通り、地下1階には疑似運河が流れている。

ほとんどの施設は運河の東にあり、「グランドハイアット福岡」のみ運河の西にある。
施設中央の運河沿いにはサンプラザステージがあり、ほぼ毎日マジックショーなどの様々なイベントが行われており、週末を中心に音楽ライブや地元テレビ局の番組収録なども頻繁に行われている。

今は ハロウィンバージョン


SEM18725.jpg


なお、キャナルシティ博多の西側近隣は九州最大の歓楽街・中洲の南端に位置する南新地であり、水商売、風俗店やラブホテル等のビル・店舗が西方周辺すぐ近くに林立しているため、施設内からは西側の景観は意図的に見渡しにくい構造になっている。
2020年にキャナルシティのすぐ前に福岡市地下鉄七隈線が開業予定(駅名は未定)。

≪情報:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3%E5%8D%9A%E5%A4%9A より≫


SEM18742.jpg


キャナルシティ博多



   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

<<博多と言えば 「ゴボ天うどん」  | ホームへ | 太宰府で出逢った女子大生>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する