ミズヒキ|写真マイガーデンシリーズ


ミズヒキ

2015.09.28(00:01) 2104

ミズヒキ


ミズヒキ(水引、学名: Persicaria filiformis)
  タデ科イヌタデ属の草本。
和名は、紅白に見える花序が水引に似ていることに由来する。

DSC02214.jpg



形態・生態
  多年草で、高さ30〜80cm。茎の節部は膨らむ。
葉は互生、広楕円形で、長さ6〜15cm、先端は尖る。
また、時季(初夏の頃)によっては葉に「八」の字の模様(鼻緒のような模様)が入る。托葉があり、鞘状。
葉や茎全体に粗毛がある。
花期は8~11月頃。

DSC02207.jpg



花は総状花序で、茎頂や葉腋から長さ20〜40cmになる花穂を出し、それに小花がまばらに咲く。小花の色は上半分は赤色、下半分は白色である。
  ≪花情報 : https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%BA%E3%83%92%E3%82%AD より≫


DSC02213.jpg



  ミズヒキが 秋をしたがえて

      極彩色の 紅葉にも 手の届く季節になりました


DSC02208.jpg


  ミズヒキ


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

<<車のルーフにも 秋の訪れ | ホームへ | 季節の停車場(ていしゃば)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する