いつもの抜け道に…|写真マイガーデンシリーズ


いつもの抜け道に…

2015.05.29(00:01) 1982

いつもの抜け道に…


  何気なく通る いつもの抜け道に

     仰ぎみれば なんと懐かしい 「グミの実」が

DSC_7287.jpg



  あ~見ただけで 生唾が出てきました

     あの ざらざらした 酸っぱい味わい

DSC_7288.jpg

  ご存知ですか (^^)?

DSC_7291.jpg




  艶やかな色の ツツジには あの「ひっつき虫」が

DSC_7282.jpg


  可愛い姿をしていますが 以前ズボン一面に

     この「ひっつき虫」が何百個【数千個?】も張り付いて

  大変でした 多分二時間くらい掛けて取り除いたと思います

     後で ネットで調べたら 一日置いて 乾燥してから取ると

  比較的容易に除去できるとありました でも果たしてそうか? 確認は出来ていません


「ひっつき虫」
  かぎ針(鉤、フック)や逆さとげによってヒトや動物の皮膚や衣類に引っかかったり、粘液によって張り付いたりする、植物の種子や果実の俗称である。
  くっつき虫ともいう。ひっつきもっつき、あばづぎと呼ぶ地方もある。

山林や野原などを歩いたあと、衣類を検めると、これらの種子が引っかかっていることが多い。動物側には利益はなく、場合によっては、付着装置である針や鉤によっていやな思いをしたり、場合によっては傷つくこともある。ヒトや動物など移動するものにくっつくことで生息地域を広めることができる、いわゆる適応である。
  ≪情報: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B2%E3%81%A3%E3%81%A4%E3%81%8D%E8%99%AB より≫


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

<<若葉の頃 | ホームへ | わらいぼとけ>>
コメント
りらさん
コメントありがとうございます

> 一枚目のお写真
> グミの実が一個
> 縦構図の中 下方に捉えた樹木
> 素晴らしい描写です
 ⇒ いつもお褒めの言葉 ありがとうございます。
 この構図 コンクリートの側溝の切り立った板(幅5センチくらい)の上に立って撮影したもので
 落っこちそうになりながら撮った かなり危ない写真です
 もし側溝側に落ちたら大けがするところでした
 でも このハイアングルでないと 高所にあるグミの実を撮れなかったのです
 ふらつきながらの撮影なので ピントもブレもちょっと厳しいところですが
 りらさんに褒めて頂き 写真ともども 格別の喜びです


> 最後のお写真
> 躑躅の花の中にある植物のそれは満開の花とはまた異なる魅力を呈していますね
> 視線の繊細さに目を見張る思いです
 ⇒ はい そうですね
  綺麗な躑躅をそのまま撮ったのでは 面白くないので
 その手前の ひっつき虫を主役にしてみました
 ひっつき虫 案外頑張って自己主張してくれました
 でも 人にくっつくのはやめて欲しいですね
 何回も酷い目に遭いました

 りらさんも気を付けてくださいね
 いつもありがとうございます。

【2015/05/30 01:46】 | クメゼミ塾長 #LCCNbXwA | [edit]
クメゼミ塾長さん

一枚目のお写真
グミの実が一個
縦構図の中 下方に捉えた樹木
素晴らしい描写です

最後のお写真
躑躅の花の中にある植物のそれは満開の花とはまた異なる魅力を呈していますね
視線の繊細さに目を見張る思いです
【2015/05/29 19:34】 | りら #sSHoJftA | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する