赤膚焼窯元(あかはだやきかまもと) 寸景|写真マイガーデンシリーズ


赤膚焼窯元(あかはだやきかまもと) 寸景

2014.01.18(00:01) 1474

赤膚焼窯元(あかはだやきかまもと) 寸景


   自宅近くには 赤膚焼窯元があります

sPC310017.jpg


   秋色の薫りを 漂わせ

sPC310015.jpg


   ドイツの名車 フォルクスワーゲン

      「和洋折衷」が 意外と よく似合う

   車の色も 「赤膚焼」に合わせ 赤


sPC310012.jpg

赤膚焼」(あかはだやき) 

  カールツァイス 55ミリ F1.2 絞り開放(ボディα7R)で撮った「赤膚焼」珈琲碗

     このボケ味 魅せてくれます

DSC03583.jpg


sDSC03541.jpg


  「赤膚焼」 の 鹿君 カップルで 寛いでいます

DSC03548.jpg


赤膚焼窯元 寸景


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

<<冷視 | ホームへ | モノトーン 「冬のシーケンス」>>
コメント
snuffkin6D さん
コメントありがとうございます

> いつも楽しく読ませてもらってます。
> 永遠のゼロ観てきました^^
 ⇒ 「永遠のゼロ」私も気になっていますので
 観に行くつもりです
 親戚が 特攻で散りました
 NHKのドキュメントも色々観ました
 考えさせられますね

【2014/01/18 22:57】 | クメゼミ塾長 #LCCNbXwA | [edit]
香月 りら さん
コメントありがとうございます

> カールツァイス 55ミリ F1.2 絞り開放(ボディα7R)
> 撮影された珈琲碗
> 暈け味 魅了されました
 ⇒ このレンズ 絞り開放の描写は微妙で シャープさを欠き
 ボケボケになることがおおいのですが
 この写真はピントもボケも満足のいくものになりました
 何しろ55ミリF1.2(限定品)の絞り開放の被写界深度は極端に浅く
 ピントを正確に合わせるのが難しいですね
 このとろけるボケ味はプラナーレンズならではの表現力だと思います

> 赤膚焼窯元
> 樹木も実の色彩を考慮され植栽されているかのように感じる程です
> 風情ある 家での芸術品
> こだわりは 全てに渡っていますね
 ⇒ ありがとうございます
 赤膚焼は 安土桃山時代からの伝統ある陶器です
 そこの窯元の建物の傍に 名残りの柿が実っていましたので
 狙ってみました
 風情を感じて頂けたのなら 嬉しいですね

 りら さん
 写真ライフ 愉しく楽しくですね
 エンジョイしましょう~♪
 いつもありがとうございます。
【2014/01/18 22:53】 | クメゼミ塾長 #LCCNbXwA | [edit]
ちわ!
いつも楽しく読ませてもらってます。
永遠のゼロ観てきました^^
【2014/01/18 07:03】 | snuffkin6D #- | [edit]
カールツァイス 55ミリ F1.2 絞り開放(ボディα7R)
撮影された珈琲碗
暈け味 魅了されました

赤膚焼窯元
樹木も実の色彩を考慮され植栽されているかのように感じる程です
風情ある 家での芸術品
こだわりは 全てに渡っていますね
【2014/01/18 06:29】 | 香月 りら #sSHoJftA | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する