ちはやぶる 龍田川 紅葉 その2|写真マイガーデンシリーズ


ちはやぶる 龍田川 紅葉 その2

2013.12.03(00:01) 1428

ちはやぶる 龍田川 紅葉 その2


百人一首 

「ちはやぶる(=枕詞(まくらことば))神代(かみよ)も聞かず竜田川(たつたがは)韓紅(からくれなゐ)に水くくるとは」

出典古今集 下・在原業平(ありはらのなりひら)


[訳]
不思議なことが多かったという神代でも、こんなことは聞いたことがない。竜田川の水を、紅葉(もみじ)の葉が紅(くれない)にくくり染めにするなんて。
≪出典:http://kobun.weblio.jp/content/%E3%81%A1%E3%81%AF%E3%82%84%E3%81%B6%E3%82%8B より≫


PB260655.jpg


  歌で有名な「龍田川の紅葉」

     どうぞ 鑑賞ください

PB260660.jpg



PB260654.jpg


   この紅葉を

      いつまでも 記憶に 記録に残したい

PB260683.jpg


   ワンチャンとの ツーショット

      ワンチャン 紅葉には興味なさそうですね

   「猫に小判」「犬に紅葉」でした

PB260699.jpg


   地上の紅葉も 魅せてくれます


PB260731.jpg

PB260741.jpg



PB260659.jpg


ちはやぶる 龍田川 紅葉 その2    
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

<<皇帝ダリア | ホームへ | 雨上がりの公園>>
コメント
香月 りら さん
コメントありがとうございます

> 階段の上の晩秋の光景
> 手積み石段
> その石段自体風情がありますが
> そこにある 色彩の美麗なること
> この時期ならではの光景
> 今日だけかもしれません
> お写真にある 秋の印は明日には
> 風に運ばれ この階段の上にはないかもしれません
> 一期一会ですよね
> 写真は その一期一会を大事にすることだと
> 写真が好きになってから知りえました
 ⇒ 石段に落ちた紅葉の写真に目を留めてもらい
  この写真共々喜んでいます
 この写真構図をどうするか 石段が間延びしそうで
 フレーミングに悩んだ一枚です
 ピントは 一番手前真ん中のモミジに合わせ 絞りを深くし
 被写界深度を深くしました
 それでバックの紅葉にも何とかピントが来ていると思います
 ホントは17~20ミリの超広角で 手前の紅葉をもっとアップで撮りたかったのですが
 レンズを持参していなかったので 24ミリのレンズで撮りました

 りらさんの言葉の通り
 「出逢った時の光と季節」
 「一度きりの出逢い」 これからも大切にしたいと思います
 いつもありがとうございます。







【2013/12/04 18:32】 | クメゼミ塾長 #LCCNbXwA | [edit]
階段の上の晩秋の光景
手積み石段
その石段自体風情がありますが
そこにある 色彩の美麗なること
この時期ならではの光景
今日だけかもしれません
お写真にある 秋の印は明日には
風に運ばれ この階段の上にはないかもしれません
一期一会ですよね
写真は その一期一会を大事にすることだと
写真が好きになってから知りえました
【2013/12/04 18:14】 | 香月 りら #sSHoJftA | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する