孫文記念館 「移情閣」|写真マイガーデンシリーズ


孫文記念館 「移情閣」

2013.11.01(00:01) 1395

孫文記念館 「移情閣」


    日和

PA270721.jpg


    季節に佇む 「移情閣」

        それぞれの

PA270725.jpg


    うららかな陽射しに 見守られ



PA270750.jpg


◇移情閣概要◇

 この記念館は、中国の革命家・政治家・思想家である孫文(号は中山、又は逸仙、英文名はSun Yat-sen、1866~1925)を顕彰する日本で唯一の施設で、1984(昭和59)年11月に開設された。

 この建物は、もともと神戸で活躍していた中国人実業家・呉錦堂(1855~1926)の別荘「松海別荘」を前身としている。
1915(大正4)年春、その別荘の東側に八角三層の楼閣「移情閣」が建てられ、外観が六角に見えるところから、地元では長らく「舞子の六角堂」として親しまれてきた。

 孫文と「松海別荘」(移情閣)の関わりは、孫文が1913(大正2)年3月14日に来神した際、神戸の中国人や政・財界有志が開いた歓迎の昼食会の会場になったときに始まる。
その後、1983(昭和58)年11月、兵庫県が「移情閣」を管理していた神戸華僑総会から寄贈をうけ、改修を行った。

 1984(昭和59)年11月12日、孫文生誕の日に「孫中山記念館」として一般公開を開始、1993(平成5)年12月には「兵庫県指定重要文化財」に指定された。

 1994(平成6)年3月、明石海峡大橋の建設にともない、いったん解体され、元の位置から西南方向200メートルの現在地に移転、復原工事が進められ、2000(平成12)年4月に完成した。
 2001(平成13)年11月、移情閣は、文部科学省より国の重要文化財に指定された。
 2005(平成17)年10月、孫中山記念館は、「孫文記念館」と改称された。

sPA270759.jpg


◇移情閣の沿革◇

 移情閣は歴史の波に翻弄され、幾度となく姿を変えながらも、舞子浜の風雅を偲ぶ唯一の建物として、世紀を越えて明石海峡を見守り続けている。

 明石海峡大橋のある舞子浜は、古くから白砂青松の風光明媚な景勝地として知られ、明治期に入ると旅館や別荘が立ち並び、たいそう賑わったと伝えられる。
その一角に神戸の中国人実業家・呉錦堂が別荘を設けたのが19世紀末、建物は「松海別荘」と名づけられ、事業の成功とともに拡張されていった。
1913(大正2)年3月14日に国賓に準ずる待遇で日本を訪れた孫文を迎え、神戸の中国人をはじめ財界人が一同に会して歓迎会を催した。
以来、松海別荘は孫文ゆかりの建物として神戸の人々の心に刻まれていった。

 孫文来訪から2年後の1915年、呉錦堂は自らの還暦と実業界からの引退を記念して、三層の楼閣を建て、故郷“中国”への思いを込めて「移情閣」と命名したといわれる。

 昭和期に入ると舞子浜は行楽地から交通の要所へと変貌していった。
1928(昭和3)年に神明国道(現国道2号)の拡幅工事が行われ、海辺の旅館群は撤去された。
そして、松海別荘は解体されたが移情閣は残され、附属棟が曳屋移築されて現在の形状に改築された。

 戦中の一時期、移情閣は事実上官に接収され、高官や軍の宿泊所に使用されたともいわれる。
終戦後すぐ、呉家に返還されたのち、神戸中華青年会の研修所などに活用された。

 1960(昭和35)年には映画の舞台になるなど、平穏な時代が続いた。
しかし1964,1965年の相次ぐ台風が舞子浜を直撃し、移情閣も大きな被害を受けた。
このとき、附属棟は屋根・テラスが倒壊するなど壊滅的な状態となり、移情閣本体も壁紙・灯具などの大正期の貴重な内装材の多くが失われている。

 神戸華僑が孫文ゆかりの建物を残し、孫中山記念館として開館しようと資金を募り改修を行ったが、資金不足などから暫定的な補修にとどまった。

 日中国交正常化十周年ならびに兵庫県と広東省の友好提携関係樹立を記念して、1983(昭和58)年11月、移情閣は神戸華僑総会から兵庫県に寄贈され、県はこれを修復し恒久的に保存していくこととした。
日中関係者の努力によって、孫中山記念館として1984年11月12日から一般に公開された。

 1991(平成3)年12月明石海峡大橋の建設に伴い、舞子駅周辺整備計画の一環として国道2号線の拡幅が決まり、移情閣の移転が決定された。
移転場所は、明石海峡大橋のアンカレイジ東側海岸近くが選ばれた。

 2005(平成17)年10月1日、日本では「孫中山」よりも「孫文」の名がより知られていることを考慮して、館名を「孫文記念館」に改めた。

≪以上情報:http://sonbun.or.jp/jp/index.php?option=com_content&task=view&id=14&Itemid=31 より≫


sPA270764.jpg

   デートコースや 散歩コースに お勧めです


孫文記念館 「移情閣」


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

<<秋 秋 秋 アートする秋 | ホームへ | 秋になっても 百日草>>
コメント
ランラン さん
コメントありがとうございます

> 1枚目絵の様でもあり、版画の様でもありますね
> 線の綺麗な建物ですね
> 台風に幾度も被害に遭われているのですね
> 海辺によく合いますね
 ⇒ 1枚目は カメラ内機能、アートフィルターを用いました
 絵画のようなものやドラマチックなもの等色々編集できます(オリンパス)
 便利なのでついつい多用しそうです
 手抜きになりそうなので気をつけているのですが ついつい使ってしまいますm(_ _)m
 
「移情閣」
 なかなか 風格のある堂々とした建物です
 以前は違う場所にありましたが 大分痛んでいたのを覚えています
 移築され修復されて綺麗になりました
 でも海辺なので痛み方は早いと思いますが
 永久保存が決まったようでよかったです

ランラン さん
写真ライフ エンジョイしましょう~♪
 いつもありがとうございます。

【2013/11/02 00:02】 | クメゼミ塾長 #LCCNbXwA | [edit]
nonno さん
コメントありがとうございます

> 一枚目のお写真・・絵みたい・・
> ・・こういうのも・・素敵ですね~~♪
 ⇒ オリンパスカメラには アートフィルターが付いていまして
 その機能を使いました
 アートフィルターは 便利で目立つ画が作れるので
 ついつい使ってしまいます
 カメラの機能で 表現の幅が拡がりました
 多用しないよう 気をつけますね(手抜きになりそうなので)

nonno さん
写真ライフ エンジョイしましょう~♪
 いつもありがとうございます。

 
【2013/11/01 23:53】 | クメゼミ塾長 #LCCNbXwA | [edit]
こんばんは~

1枚目絵の様でもあり、版画の様でもありますね
素敵です
線の綺麗な建物ですね
台風に幾度も被害にあわれてもいるのですね
海辺に良く会いますね
【2013/11/01 21:02】 | ランラン #ncVW9ZjY | [edit]
ほえ~~。
一枚目のお写真・・絵みたい・・
・・こういうのも・・素敵ですね~~♪
(*^^*)
【2013/11/01 20:44】 | nonno #Zr2/WiYY | [edit]
yoshi2479 さん
コメントありがとうございます

> 絵になりますね~。神戸は洋風の建物が横浜と同じように
> 海辺の強い日差しととともに、似合いますね。
> ソフトな処理も印象的です。
 ⇒ ありがとうございます。
RAWで撮りましたので どのように現像するかですね
今回は 秋の和みの採光 ライトな淡いイメージで仕上げてみました
yoshi2479 さんなら どんな 撮り方、現像をされるのでしょう

写真ライフ エンジョイしましょう~♪
 いつもありがとうございます。
【2013/11/01 12:38】 | クメゼミ塾長 #LCCNbXwA | [edit]
香月 りら さん
コメントありがとうございます

> 一枚目から三枚目のお写真
> まるで絵本のページを一枚 一枚
> めくっているかのように感じます
> 物語が進んでいくことへの期待に似たものを思わせます
> 淡いトーンが夢物語へと誘ってくれます
 ⇒ いつも褒めて頂き元気が出ます
 一枚目は絵画のようなアートフィルターで 「移情閣」を散歩するカップルをロングで狙いました
  
 二枚目は 「移情閣」で トレーニングの合間にストレッチする二人
 バックにはボール遊びに興じる親子連れ ボールを拾って駆けだす瞬間を狙いました

 三枚目は 「移情閣」の横で 秋の陽射しを浴びながら 歩いて往く二人連れを

 ラストは 「移情閣」を拝観し 連れ添って歩くカップルを

 「移情閣」の傍での それぞれの秋を撮りました

建築物が好きな りらさん
 孫文記念館「移情閣」をどのように切り撮られるのでしょう 興味があります
いつもありがとうございます。
【2013/11/01 12:33】 | クメゼミ塾長 #LCCNbXwA | [edit]
絵になりますね~。神戸は洋風の建物が横浜と同じように
海辺の強い日差しととともに、似合いますね。
ソフトな処理も印象的です。

【2013/11/01 08:25】 | yoshi2479 #- | [edit]
一枚目から三枚目のお写真
まるで絵本のページを一枚 一枚
めくっているかのように感じます
物語が進んでいくことへの期待に似たものを思わせます
淡いトーンが夢物語へと誘ってくれます
【2013/11/01 07:09】 | 香月 りら #sSHoJftA | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する