お堀端の キバナコスモス|写真マイガーデンシリーズ


お堀端の キバナコスモス

2013.09.15(00:01) 1347

お堀端の キバナコスモス


DSC_0008.jpg


   キバナコスモスが 初の風に 揺られて

      出戻りした夏と 戯れていました

   でも どうやら 雨が 夏をさらって いったようです

      水を得た魚のように は生き生きと蘇えりました



DSC_0016.jpg


「キバナコスモス」
目 : キク目 Asterales
科 : キク科 Asteraceae
亜科 : キク亜科 Asteroideae
属 : コスモス属 Cosmos
種 : キバナコスモス C. sulphureus


原産地はメキシコで、標高1600m以下の地域に自生する。18世紀末にスペイン・マドリードの植物園に送られ、ヨーロッパに渡来した。日本には大正時代の初めに輸入された記録が残っている。

高さは約30〜100cm。概ね60cm程度に成長するが、鉢植えやプランター向けの20cm程度に留まる矮性種も出回っている。オオハルシャギクと比べて葉が幅広く、切れ込みが深い。また夏場の暑さに強いため、オオハルシャギクよりも早い時期にを咲かせる傾向にある。またオオハルシャギクよりも繁殖力が旺盛である為、こぼれ種で栽培していると数年後にはオオハルシャギクを席巻してしまう。


≪以上情報 : http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%90%E3%83%8A%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%82%B9 ≫



お堀端の キバナコスモス


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

<<城郭の二人 | ホームへ | 伊豆 浄蓮の滝>>
コメント
ランランさん
コメントありがとうございます

▼台風接近の雨と共に名残りの夏は去りましたね
ヤナギの枝の細さとキバナコスモスの可憐さが
秋の気配を漂わせていますね
⇒雨が夏を季節を奪っていきました
キバナコスモスはあちこちに咲いていますね
強い花なのでしょう
背景がお堀と柳
このシチュエーション
思わずカメラを構えました

ランランさん
秋をエンジョイしましょう
いつもありがとうございます
【2013/09/15 23:59】 | 【クメゼミ】塾長 #LCCNbXwA | [edit]
香月りらさん
コメントありがとうございます

▼その首の細さ
細さの先にある 可憐な黄色
それは 水へ自分の姿を写すかのようです
身だしなみを整えて
秋を楽しんでいるかのようですね
⇒キバナコスモスの首の細さ
その先の可憐な黄色ですか
りらさんのボキャブラリ-
いつも感心します
細いうなじは
美人の代名詞ですね
背景のお堀と柳
秋の風情を感じました
みぎれいなみだしなみ
黄色が映える秋になりました

りらさん
写真ライフエンジョイしましょう
いつもありがとうございます
【2013/09/15 23:46】 | 【クメゼミ】塾長 #LCCNbXwA | [edit]
こんばんは~
台風接近の雨と共に名残りの夏は去りましたね
ヤナギの枝の細さとキバナコスモスの可憐さが
秋の気配を漂わせていますね

【2013/09/15 22:53】 | ランラン #ncVW9ZjY | [edit]
その首の細さ
細さの先にある 可憐な黄色
それは 水へ自分の姿を写すかのようです
身だしなみを整えて秋を楽しんでいるかのようですね
【2013/09/15 22:01】 | 香月 りら #sSHoJftA | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する