大切にしているもの|写真マイガーデンシリーズ


知人からの思わぬ頂き物 (稲百円銀貨・菊五十円ニッケル貨)

2019.12.07(00:01) 3651

知人からの思わぬ頂き物 (稲百円銀貨・菊五十円ニッケル貨)


ある日ある時、知人から旧貨幣が家から出てきたので

  差し上げますとのこと

えっ、別に旧貨幣が欲しいとか言った記憶はないけど、、?

  旧貨幣をコレクションしていること、どうしてご存知ですか?

以前ブログで硬貨をピカピカに磨いてアップしていたでしょう

  確かに 納得~(^^)g

そんなわけで旧硬貨を頂きました

  知人からの思わぬ頂き物

稲百円銀貨・菊五十円ニッケル貨

Z6D_2552.jpg



百円銀貨幣(稲穂)
昭和34年 ~ 昭和41年 (1959~1971)
図柄 : <表>稲穂 <裏>分銅
素材 : 銀60%、銅30%、亜鉛10%
直径 : 22.6mm
量目 : 4.80g
縁刻 : ギザあり

銀60%の銀貨とは贅沢な素材ですね

Z6D_2548.jpg



Z6D_2555.jpg



五十円ニッケル貨幣(穴なし)
昭和30年~昭和33年 (1955~1958)
図柄 : <表> 菊花 <裏> 分銅
素材 : ニッケル100%
直径 : 25.0mm
量目 : 5.5g
縁刻 : ギザあり

  ニッケル100%とはこれまた贅沢な素材です

Z6D_2554.jpg



Z6D_2556.jpg


ちなみに 500円白銅貨は
素材:銅75%、ニッケル25%
直径:26.5mm
量目:7.2g
貴重なニッケルは500円硬貨なのに25%しか含まれていないのです



  知人からの思わぬ頂き物 (稲百円銀貨・菊五十円白銅貨)

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

オリンパスペンF カスタマイズして 愉しみたい

2019.10.27(00:01) 3610

オリンパスペンF カスタマイズして 愉しみたい


 マイカメラを 自分仕様に

   親指グリップとシャッターボタン

  グリップ付きL型ブラケット

Z6D_8919.jpg



  メカニカルな軍艦部

    知らないおじさんが覗き込み

  メカメカしてますね フィルムカメラですか?

    あっ液晶がありますね デジタルですか!?

  失礼しましたm(_ _)m

    おじさん 興味津々で眺めていきました

Z6D_8930.jpg



  親指グリップとシャッターボタン

Z6D_8928.jpg



  ルビーのアクセント

    グリップ付きL型ブラケット(底部)

Z6D_8912.jpg



  親指グリップの存在感

    色、質感共に純正のようにマッチングしています

Z6D_8863.jpg



  アクセサリーシューに装着した「親指グリップ」

    値段は900円弱という破格の値段でした(送料税込み)

Z6D_8906.jpg


  趣味の世界 マイカメラ

    自分スタイルで 愉しみたいと思います



   オリンパスペンF カスタマイズして 愉しみたい

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

優れもの「溶けない氷」 ビールを最後まで美味しくいただくコツ

2019.10.26(00:01) 3609

優れもの「溶けない氷」 ビールを最後まで美味しくいただくコツ


  優れもの「溶けない氷」ビールを最後まで美味しくいただくコツ

     アイスキューブ 10P カラフル

  百均で買いました

PENF4729.jpg



  ビールを「備前焼のビアマグ」に入れて飲むと

    ひと際美味しくなります

  問題は飲んでる途中で ビールが温(ぬる)くなって味がふやけてくること

    最後の一滴迄 冷たいままで美味しく飲めたら最高なのですが なかなかね

  試しに氷を入れてみたら

    氷が溶けだしてビールが水っぽくなって飲めたものではありませんでした

  そこで 優れものの「溶けない氷」

PENF4750.jpg



  500mlの缶ビールを1本 晩酌しているのですが

    缶ビール飲み終わる頃には

   温(ぬる)くなって美味しさが飛んでしまっています

    そこで魔法瓶の中に「溶けない氷」を入れ

  ビールを魔法瓶に移して 蓋をするようにしました

    ビールを「備前焼のビアマグ」に入れる時だけ

  魔法瓶の蓋を開け 注ぐ

    その結果 ビールは冷たさをキープしたまま

  蓋の効果もあり 炭酸成分はあまり逃げずに

    飲み終わるまで 美味しくいただけるようになったのです

  ビールやワイン、冷酒なども同じ要領です

PENF4745_201910260013498be.jpg


  アマゾンで調べてみたら 10個入りで600円弱でした

    とても安い投資で最後まで美味しくいただけます

  最後まで美味しく飲みたい方にお薦めします ご参考にどうぞ~(^^)v


  ≪アマゾン情報≫
   エコー金属 アイスキューブ 10P カラフル 0449-234
      価格:¥556


  優れもの「溶けない氷」

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

伊万里焼青磁

2019.09.01(00:01) 3554

伊万里焼青磁


青磁(せいじ)とは
  青磁釉を施した磁器(Porcelain)または炻器(Stoneware)のこと。

透明感のある青緑色の磁器で、紀元前14世紀頃の中国(殷)が起源とされる、後漢代に流行し以後次第に普及した。
   製造技術は日本や高麗にも伝播した。

特徴的な青緑色は、釉薬や粘土に含まれる酸化第二鉄が、高温の還元焼成によって酸化第一鉄に変化する事で発色する。
  色艶は全く異なるが、酸化クロムの還元で発色させる物も青磁と呼ばれる。

Z6D_3762.jpg



青磁釉

高麗青磁の薄片、5mm、透明性に注目
1200度以上で焼成される高火度釉で、植物灰を主成分とし、酸化第二鉄を含有する。
ボディ(胎)から釉に拡散する鉄の寄与がある場合もある。焼成によって原料の酸化第二鉄を還元することで酸化第一鉄ができ、青~緑を発色した透明ガラスになる。
還元の量と釉薬中に含まれる鉄分の量によって、黄色がかった緑から、空色まで発色が大きく変化する。
現在では石灰バリウム釉を基礎釉とし、珪酸鉄を着色剤として使用することで澄んだ青色を得ることができるが、本来の青磁は灰釉である。

  以上 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E7%A3%81より


Z6D_3832.jpg



  伊万里焼・鍋島焼窯元虎仙窯(こせんがま)・青磁

    http://www.imari-kosengama.com/

Z6D_3835.jpg


  伊万里焼青磁

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

大切にしているのですが 生傷が絶えません

2019.08.06(00:01) 3527

大切にしているのですが 生傷が絶えません


  何かのお祝いの折に

     家族がプレゼントしてくれた超軽量の魔法瓶

Z6D_2623.jpg



  大切にしていつも持ち歩いているので

     生傷が絶えないのです

Z6D_2621.jpg



  それだけ常用しているのですよ

    熱中症対策にも必需品です

  機能的には問題ないので

    これからも大切に使っていきます

Z6D_2620.jpg


  傷物にして ごめんねm(_ _)m

    家族ともども 感謝しています いつもありがとう~(^^)v


  撮影機材 : タムロンSP90ミリF2.5マクロ+ニコンZ6


  大切にしているのですが 生傷が絶えません

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

ディスタゴン 35mmF1.4 + ニコンZ6📷の描写をどうぞ

2019.07.17(00:34) 3507

ディスタゴン 35mmF1.4 + ニコンZ6📷の描写をどうぞ


  わらび餅です

    美味しそうでしょう~(^^)v

f4 Z6D_0566



  ディスタゴン 35mmF1.4

     絞りF4の質感描写

f4 Z6D_0567



  カールツアイス ディスタゴン 35mmF1.4 + ニコンZ6📷

    ウェッジウッドのソーサーとカップ☕

  レンズを二段絞ってF2.8の描写

    それにしても カールツアイスのディスタゴンは

  ファインダーを覗いた瞬間にツアイスの世界に引き込む魅力を持っています
 
f28 Z6D_0654



  お気に入りの珈琲碗☕を

     お気に入りのレンズ📷で撮る

  お洒落に まろやかで たおやかに

     絞り F1.4 開放のホンワカ描写

  より上品に まったりとした描写をしてくれました


f14 Z6D_0658


  ディスタゴン 35mmF1.4 + ニコンZ6📷の描写をどうぞ


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

50年前のオールドレンズ 「ミノルタ MC WロッコールSI 28mmF2.5」の描写力

2019.07.10(00:01) 3500

50年前のオールドレンズ 「ミノルタ MC WロッコールSI 28mmF2.5」の描写力


ミノルタ MC WロッコールSI 28mmF2.5(1969年2月発売)
  レンズ構成 7軍9枚。 最短撮影距離 0.5m。

今からちょうど50年前のレンズです
  このレンズ、長い間カメラバッグに眠っていました

tsPENF2129.jpg



もしかしたらと試写してみてびっくり!!
  結論から言えば これは紛れもなく「銘玉レンズ」であります

このレンズ 硝子材に「酸化トリウム」を含有させた高画質が期待できる「アトムレンズ」を使っています
   (アトムレンズ=人体には影響ないレベルの放射性元素含有のレンズ)

ミノルタのオールドレンズは世界初の複層コーティングを実現させ
  「淡いエメラルドグリーン」のコーティングで「緑のロッコール」、「アクロマチックコーティング (AC)」と呼ばれていました

ミノルタのレンズは発色もよくニュートラルで柔らかいボケ味の優秀なレンズが多いですね

  では実写してみます

仕様外のマクロ域撮影ですが 携帯電話のボタンをリアルに表現してちょっと驚きました(開放絞りです)

tsPENF2137.jpg



  ボケが柔らかくてニュートラル 優しい描写

tsPENF2139.jpg



銘玉レンズ「カールツアイス プラナー85ミリF1.2」の質感描写を狙ってみました

tsPENF2098.jpg



  同じく「85ミリF1.2」 こちらはキャノンのFDレンズ

    鏡筒のテカリが生々しいと思います

tsPENF2093.jpg



  こちらは ミノルタSTFレンズ135ミリF2.8

    ローレット加工とレンズ本体の質感、リアルさを狙ってみました

tsPENF2100.jpg


  以上、仕様外のマクロ域の撮影ですが 思い掛けない程 素晴らしい描写を魅せてくれました

    侮れません 50年前のミノルタの広角レンズ

  現代のレンズに見劣りしない質感豊かな描写だと思います



  50年前のオールドレンズ 「ミノルタ MC WロッコールSI 28mmF2.5」の描写力

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

もの撮り 「お気に入りのレンズとカメラ」

2019.06.23(00:01) 3483

もの撮り 「お気に入りのレンズとカメラ」



  1956年製のレンズ

     描写は今も現役 マクロ域まで魅せてくれます

  ライカズミクロン50ミリF2沈胴スクリューマウント

     カメラボディは オリンパス EM-1シルバー

1956年PENF1492



  1962年製のレンズ

    描写は今も現役 マクロ域まで破綻のない描写

  ライカズマロン 35ミリF2.8 スクリューマウント

    カメラボディは オリンパスペンF シルバー

1962年tsEM1S1155



  ライカのロゴ

    いつまでも褪せることのないエンブレム

tsEM1S1151.jpg



tsEM1S1147.jpg


  オリンパス EM-1シルバー

    各パーツまで丁寧な作り

  性能は最新型には敵いませんが

    触る悦び 愛でる悦びを与えてくれるカメラ📷


PENF1494.jpg


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

モノ撮り ブライトリング リミテッド

2019.06.04(00:01) 3464

モノ撮り ブライトリング リミテッド


  モノ撮り 高級時計の質感を狙ってみました

D85_4549.jpg



  新製品 これから発売予定のサンプル品 リミテッド (18K無垢)

    何気なく値段を見てびっくり!!

  どうせ撮るなら 高級時計を

    ブライトリングフェアで撮影

  眼の保養 肥やしになりました

tsD85_4546.jpg



  ブライトリング ナビタイマーリミテッド (モンブリランサイズ)

D85_4467.jpg



  絞りをちょっと絞って

     文字盤と革バンドの リアリティを表現してみました

  ブログでは画像データを数十分の一くらいに圧縮しているために

     ディティールが再現できずに残念です


tsD85_4468.jpg



  モノ撮り ブライトリング リミテッド


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

お気に入りのスプーン

2019.04.27(00:01) 3426

お気に入りのスプーン


PENF8120.jpg



  ひねくれた頂き物の

     お気に入りのスプーン


PENF8127.jpg



PENF8119_20190425234427409.jpg


  お気に入りのスプーン

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

葛餅(くずもち)セット 望月(もちづき)の頃に

2019.02.22(00:01) 3361

葛餅(くずもち)セット 望月(もちづき)の頃に


PENF3786.jpg



  珈琲と吉野葛餅(くずもち)のセット

    望月(もちづき)を添えて(珈琲碗の中の満月)

PENF3800.jpg



  美味しい葛餅を

     より美味しく撮ってあげたい

  ニコンマイクロニッコールAiS 55F2.8 + オリンパスペンF


PENF3787.jpg


  葛餅(くずもち)セット 望月(もちづき)の頃に


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

頂き物 銀の食器? 皿とフォーク

2019.02.10(00:01) 3349

頂き物 銀の食器? 皿とフォーク


  お菓子の質感を狙ってみました

PENF2985.jpg



PENF2979.jpg



頂き物で 銀の食器?と聞きました

  皿とフォーク

ホントに銀製かどうかは??ですが

  折角頂いたものなので 綺麗に磨き

大切にしたいと思います


PENF2980.jpg


  頂き物 銀の食器? 皿とフォーク

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

幸せの不苦労 (フクロウ=梟)ファミリー

2019.02.09(00:01) 3348

幸せの不苦労 (フクロウ=梟)ファミリー


我が家にお越しいただいて もう早10年以上

  玄関の一番上席に陣取っている「幸せの不苦労 (フクロウ=梟)たち」

PENF3412.jpg



愛くるしい姿に惹かれ 我が家にお迎えしました

  「幸せの不苦労 (フクロウ=梟)ファミリー」

不苦労君たちは 何気なく増殖していくので困ったものではありますが

  幸せを呼ぶ「福郎」なので 玄関の一番上席に鎮座御座候

今回は小ぶりの可愛らしい不苦労君たちだけを マイガーデンの散歩に誘いました

  立春の候 早く本格的な春よ来いと

待ちわびています


PENF3416.jpg


  撮影機材:マイクロニッコールAiS55ミリF2.8+オリンパスペンF


  幸せの不苦労 (フクロウ=梟)ファミリー

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

クリスマスの日に 祈り

2018.12.25(00:01) 3303

クリスマスの日に 祈り


  クリスマスの日に

     クリスマスにお似合いの可愛い天使と出逢いました

  一緒に幸せを

     平和を祈りましょうm(_ _)m


D85_6910.jpg


  クリスマスの日に 祈り

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

オールドレンズが好き (G.Zuiko Auto-S 40mm/f1.4 (PEN)の描写)

2018.09.22(00:01) 3210

オールドレンズが好き (G.Zuiko Auto-S 40mm/f1.4 (PEN)の描写)


  フィルムカメラ PEN-F用 Gレンズ 40ミリF1.4を

     デジタルカメラ PEN-Fで撮る

tsEM1S7405.jpg


  オールドレンズが好き

tsEM1S7398.jpg

  上記二枚の写真は オリンパス EM-1+ 12 ‐ 40ミリ F2.8 で撮影


ハーフサイズ・システム一眼フィルムカメラ「OLYMPUS-PEN F」の標準レンズ『G.Zuiko Auto-S 40mm/f1.4 (PEN)』

  1965年発売 今から53年前 半世紀前のレンズの描写です

絞り F1.4 開放描写 (デジタルカメラ PEN-Fに装着)

PENF8849_20180919203839dad.jpg


PENF8839.jpg

上記二枚の写真は 40ミリF1.4 絞り開放描写です

  近接で開放描写の画質なのに

抜けがよくてクリアな描写に驚きました

  マニュエルピントも開放で非常に合わせ易いと感じました

40ミリの焦点距離は フィルムのハーフサイズで35ミリフルサイズ換算57ミリ

  m4/3で35ミリフルサイズ換算80ミリと比較的に画角が近いので扱いやすく

ピントの山も掴み易いと実写で感じました

  この描写力なら スタンダードで充分使えそうです


絞り F2の描写

PENF8848.jpg



絞り F2.8の描写

  ピント合焦部、外れて蕩(とろ)けていく部分ともに

安定した破綻のない画質


PENF8856_20180919203933ab1.jpg


  オールドレンズが好き (G.Zuiko Auto-S 40mm/f1.4 (PEN)の描写)


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

贈り物に お薦めの一つ 「ピオーネ」は如何でしょう

2018.08.19(00:01) 3174

贈り物に お薦めの一つ「ピオーネ」は如何でしょう


  お中元の時期には間に合いませんが

    秋の時期でお薦めの一つが「ピオーネ」

  まあ 「ピオーネ」ならどこのでもOKというわけにはいきませんが

    ブロ友のまつうら農園 「ピオーネ親父」さんの山形の「ピオーネ」はホントにお薦めです

  (写真は去年以前のものです)

DSC01967.jpg



SEM19466.jpg



  確認したら 今年も順調に生育中だとのこと

     今から楽しみにしています

DSC01968.jpg



  十円玉と比べたら

     大きさがわかるでしょう~♪

SEM19463.jpg



  まつうら農園 「ピオーネ親父」さん≪http://piohne.blog60.fc2.com/≫

     今年も宜しくお願いしますね~(^^)v


DSC01978.jpg



  贈り物に お薦めの一つ「ピオーネ」は如何でしょう


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

壊れてしまった電子辞書

2018.08.17(00:01) 3172

壊れてしまった電子辞書


くじなどほとんど当たったことのない小生が

  なんとなんと!? ある展示会のくじで一等景品が当たったのでした

当時5~6万はする「電子辞書」

  テレビも付いた高機能のカラー電子辞書

PW-TC930B シャープ(SHARP)製

  カードスロット・音声機能・ワンセグチューナー・手書きパッド搭載

「電子辞書」は随分長い間色々なタイプを愛用してきたが

  一等景品だったこともあって

この「電子辞書」 中でも 特に気に入って使ってきた

tsD85_5888.jpg


それがつい最近 突然画面が真っ暗になって壊れてしまった

  多分十年以上は愛用してきたのだと思う

修理しても多分新品購入を薦められると思う

  やむなく諦めて新しく買い替えることにした次第

公私ともにずっと持ち歩いた愛着のある電子辞書

  長い間ありがとうねm(_ _)m



  壊れてしまった電子辞書

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

「もの撮り」 金メッキした腕時計のバックル

2018.08.11(00:01) 3166

「もの撮り」 金メッキした腕時計のバックル


 時計の皮製ベルトには 大きく分けて尾錠タイプとバックルタイプがある

    バックルタイプは簡単に脱着出来るし便利で何より安全なので

 標準の尾錠付きをバックルタイプに取り換えている

 バックルタイプのメリット:
 1.脱着時に、落下・水没等のトラブルを回避出来る。
 2.脱着の度にベルト穴に通す必要がないので、ベルトが傷みにくくなる。
 3.長さ調節をしてしまえば、脱着が簡単。

A7R00675.jpg



 何か人さまと違うものを持ちたい

    バックルも標準品(純正品)では面白味がないので

 何か工夫をと考えてみた

 シチズンのこのタイプのバックル ザ・シチズンの純正品のバックルで金色はないか なければ作って欲しいと

    メーカーに頼んだのだが ありませんと無下に断られてしまった

 では仕方ない ステンレス(銀色)の標準色のバックルを金メッキしようと思いついた

    金メッキは時計屋さん経由でメッキ屋さんに

 特別にお願いしてメッキ仕上げしてもらうことにしたのだが

A7R00677.jpg



 はてさて上手くメッキが乗ってくれるのかと気をもんだ

    結果は思いのほか純正品と見紛う程に綺麗に仕上がった

 金メッキした腕時計のバックル

A7R00674.jpg



 他人が持っていないもので

    ちょっとしたこだわりの一品をと

 金メッキした腕時計のバックル

    質感描写にこだわり 「もの撮り」してみました
 

A7R00672.jpg


  「もの撮り」 金メッキした腕時計のバックル


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

ライカが 大好き~♪

2018.07.21(00:01) 3145

ライカが 大好き~♪


  カメラが好き レンズが好き

     ライカが 好き

  写真が好き~♪

PENF8083.jpg
   ライカズミクロンL 50mm F2 + オリンパスペンFで撮影



  ライカも新型のデジタルカメラやレンズは 高過ぎてなかなか手が出ませんが

     オールドカメラやオールドレンズは手ごろな値段で手に入ります

  ライカズミクロン 沈胴式 スクリューマウント 50mm F2

     1956年(昭和31年)製造

  62年経って 今なおバリバリ現役で活躍中です

     シルバーレンズにはシルバーのボディが似合うかと

  オリンパスペン F とのセットで

tsA7R00596.jpg



  「ライカ」のエンブレムが好き

A7R00606.jpg



  アダプターは 三段重ね

    LM変換リング + M中間リング + M4/3 ヘリコイド付き

  ピントは中間リングを噛ませることでレンズを沈胴させた状態で無限遠ピントにして

    レンズ沈胴をスライドさせ + レンズヘリコイド + M4/3 ヘリコイドの三段階で

  最短撮影30センチ程度まで撮影出来るようにしています

    慣れるとそれほど苦にならず

  ピント合焦出来るようになるものです

    面倒なことを手順を踏んでやらないと撮れない

  趣味の世界だし 何よりカメラいじりが好きなので

    面倒なプロセスそのものが愉しいのです~✌('ω'✌ )📷✌('ω')✌📷( ✌'ω')✌


A7R00604.jpg


⇒ライカが 大好き~♪の続きを読む
   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

「大切にしているもの」 誕生お祝いに 「左利きの鋏」

2018.07.17(00:01) 3141

「大切にしているもの」 誕生お祝いに 「左利きの鋏」


  子供たちがまだ小さい頃に

    誕生お祝いに「左利きの鋏」をプレゼントしてくれた

DSC01844.jpg



  それも切れ味抜群の 「ゾーリンゲン」の左利きの鋏

    左利きの鋏があったとは!?

  それもまだ幼かった子供たちのプレゼントに驚いた

DSC01842.jpg



  左利きの人ならわかると思うが 鋏はほとんどが右利き用である

    なので左利きの私が使っても全く切れない

  家人には 左利きの私が右利き用の鋏を使うと挟みが切れなくなるのでやめてくれといつも言われる

    左利きの鋏は 切れ味抜群 それも 「ゾーリンゲン」の鋏である

  今から数十年も前のことだったが

    今も思い出と共に実際に重宝して 大切に使っている

DSC01845.jpg


  左利きの鋏のプレゼント等 家内の入れ知恵かと思ったが 家内は知らないと言う

    子供達 いつもは余所余所しくてどっちが親だか分からない態度で可愛気ゼロ

  なのにたまに驚くようなプレゼントをくれることがあるから なんとまあ!?である


    撮影機材 : CZプラナーマクロ 50/F2 + ソニー α7R2


  「大切にしているもの」 誕生お祝いに 「左利きの鋏」


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック