マイガーデンシリーズ四季|写真マイガーデンシリーズ


梅雨明け前の空は重たい 描写が眠たい時は…

2017.07.21(00:01) 2774

梅雨明け前の空は重たい 描写が眠たい時は…



  梅雨明け前の どんよりした空気感

     紫陽花が 重たく 浮かぬ顔の時は…

  艶(あで)やかに 紫陽花を背景から浮き立てさせるこのレンズで

     カールツアイスプラナー 55ミリ F1.2

  ボディは ソニーα7R2

tsA7R08032.jpg



  絞りは開放からF2辺りまで

tsA7R08033.jpg



  最短撮影距離60センチよりも至近で撮影

     ヘリコイド付きアダプターで接写

  ピントのシャープさより 柔らかさと空気感を

     爪弾きたい

tsA7R08036.jpg



  前後のボケに包まれる

     絞り開放の描写

  現実から遊離した フォトジェニック空間

     梅雨明け前の たゆたう幻影

tsA7R08144.jpg


  重たい腰を上げた梅雨明け

     これから灼熱の新たな季節



  梅雨明け前の空は重たい 描写が眠たい時は…


⇒梅雨明け前の空は重たい 描写が眠たい時は…の続きを読む
   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

紫陽花 薫る頃

2017.07.09(00:01) 2758

紫陽花 薫る頃


   紫陽花の季節

tsA7R08110.jpg



   行きつ戻りつ

       そして 過ぎて往く季節

tsA7R08104.jpg



   紫陽花 薫る頃は

       あともう少しだけ

   この旬の薫り 季節が過ぎ往く前に

       あなたにも 届きますように~(^^)v

A7R08033.jpg



   七夕が過ぎる頃の紫陽花

       場所によっては

   まだまだ元気です~(^^)v


A7R08092.jpg


   紫陽花 薫る頃

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

地上に還るまでの ひと休み

2017.07.04(00:01) 2756

地上に還るまでの ひと休み



   文月初旬 (ふづきはじめのころ)

       ちょっと早過ぎたねと

   道草する 枯葉君

tsA7R08107.jpg



   地上に還るまでの ひと休み

tsA7R08098.jpg


   夏の隙間に

       知らぬ間に ソフトランディング


    レンズ : CZ プラナー 55 / F1.2 と ボディ : ソニーα7R2 が

       艶やかに包み込んでくれました


   地上に還るまでの ひと休み


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

【マイガーデン】 突然に またサボテンの花が~♪ 

2017.07.01(00:01) 2753

【マイガーデン】 突然に またサボテンの花が~♪ 


    突然に マイガーデンのサボテンの花が

        また咲きました~♪

A7R08349.jpg



   今度は 一輪だけ

       夕方に急に 蕾が開花しだして

   咲きだしたら 早いはやい

A7R08331.jpg



   開花しだして 満開になるまで

       今回も 僅か一時間ちょっと

A7R08339.jpg



   一夜限りの ワンナイトショー

      息を飲む様な美しさ

   生の花を 是非お見せしたいほどです

A7R08348.jpg



   一夜(ひとよ)限りの命

      月下美人(ゲッカビジン)によく似ていますね

   月下美人(ゲッカビジン)とは

      メキシコの熱帯雨林地帯を原産地とするサボテン科クジャクサボテン属の常緑多肉植物のこと。

   月下美人(ゲッカビジン)も同じサボテンでした

A7R08338.jpg



   我が家のサボテン君(写真)は 月下美人(ゲッカビジン)ではありませんが

      月下美人に見劣りしないほどの 見事な花を 今回も魅せてくれました

   ネットで調べてみたら ( 短毛丸)エキノプシス属の代表種のようです

A7R08286.jpg




   いつもほったらかしのサボテン君

      どうもほったらかしの方がいいようです

A7R08261.jpg



   今年二回目の開花 魅惑の花弁(はなびら)を

      また魅せてくれるかもです

   ありがとう~(^^)v


A7R08242.jpg


 レンズ情報 TAMRON SP 90/2.5マクロ ➕ ボデn、ソニーa7R2

   【マイガーデン】 突然に またサボテンの花が~♪ 

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

紫陽花の季節 地蔵尊

2017.06.25(00:01) 2745

紫陽花の季節 地蔵尊


   空梅雨で 紫陽花も可哀想

A7R07519.jpg



   地蔵尊と 紫陽花

       似合いのコンビです~♪

A7R07465.jpg



   たまのひと雨は

      慈雨となり

A7R07462.jpg



   地蔵尊と紫陽花

      二つの組み合わせだから

   お互いに 生かし活かされ

      フォトジェニックな被写体となる

PENF0031.jpg



   地蔵尊と紫陽花を 撮る人

       それを撮るわたし

   それぞれの季節

PENF0127_20170621230454e3e.jpg



   夏日和

       光を撮る

   今この時を 切り撮る


A7R07380.jpg


   紫陽花の季節 地蔵尊

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

マツバギク(松葉菊)

2017.06.18(00:01) 2740

マツバギク(松葉菊)


マツバギク(松葉菊)

  ハマミズナ科(ツルナ科)マツバギク属(ランプラントゥス属)の多年草の種のひとつ。

また、マツバギク属(Lampranthus)の総称のこと。

  マツバボタン(スベリヒユ科)と名前が似ているが、別な植物である。

また、マツバギクの葉は多肉であり、花の形もある種のサボテンに似ているので

  サボテンの一種と誤解する人もいるが、多肉植物であるものの、サボテンとは全く別系統の植物である。

A7R07672.jpg



  マツバギク(松葉菊)
  真正双子葉類 eudicots コア真正双子葉類 core eudicots
  目 : ナデシコ目 Caryophyllales
  科 : ハマミズナ科 Aizoaceae
  連 : ルスキア連 Ruschieae
  属 : マツバギク属 Lampranthus
  種 : マツバギク L. spectabilis

A7R07670.jpg



  形態・生態
  茎は木質化し、地上を横に這い、先端が立ち上がる。
  茎は根本でよく分枝して、まばらなクッション状の群落になる。
  節があって、葉を対生する。
  葉は多肉質で、断面がやや三角になった棒状。
  花は一見キクにも似ている。花弁は細いものが多数並ぶ。
  花弁が紫色で、やや光沢がある。朝に花が開き、夕方に花が閉じる。
  春から夏にかけ、長期間開花を繰り返す。

   ≪花情報 : https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%84%E3%83%90%E3%82%AE%E3%82%AF より≫



  マツバギク(松葉菊)


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

六月の ガウラ

2017.06.17(00:01) 2739

六月の ガウラ


   初夏の陽気に ガウラが揺れる~♪

       上品で 雅な描写

   六月の光と機材のお陰

       梅雨の季節だというのに

   この日は 快晴


PENF0177.jpg



  ガウラ(ハクチョウソウ)の花言葉は

      『負けず嫌い』『清楚』『我慢できない』『行きずりの恋』

  花から花へと飛び移る蝶のような 花姿から「行きずりの恋」という花言葉が付けられた。

      また、「負けず嫌い」「我慢できない」という花言葉は

  他の植物と競うように沢山の花を咲かせることにちなむ。

A7R07674.jpg



  ガウラ(ハクチョウソウ)の学名・原産国・英語

  学名 Gaura lindheimeri
  科・属名 アカバナ科・ガウラ属(ヤマモモソウ属)
  英名 White gaura
  原産地 北アメリカ
  開花期 5~10月
  花の色 赤、白、ピンク、複色
  別名 白蝶草(ハクチョウソウ)
  山桃草(ヤマモモソウ)

PENF0174.jpg




  ガウラ(ハクチョウソウ) 地植え 花 白 白蝶草
  ガウラは、北アメリカのテキサスからルイジアナ州が原産の多年草です。
  草丈は30cm以上で、大きいものになると200cmを越すものもあります。

  長く伸びた茎にいくつもの小さな花を付け、1つ1つの花の寿命は2~3日と短いですが、
  初夏から秋にかけて花を次々に咲かせ、長い期間花が楽しめる植物です。

PENF0093_20170615115132ebc.jpg



  名前の由来

  学名の「Gaura(ガウラ)」は、ギリシャ語で立派だということを表す「gauros」が語源となっています。
  これは、他の花に負けずに咲く花の様子にちなんで付けられました。
  和名の「白蝶草(ハクチョウソウ)」は、蝶のような花姿に由来します。

    ≪花情報 : https://horti.jp/6215 より≫


PENF0086.jpg



  レンズ : CZ プラナー85ミリ / F1.2  ボディ : オリンパス PENF 最後の写真のみ SONY A7R2


  六月の ガウラ


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

【マイガーデン】 「金糸梅 (きんしばい)」 

2017.06.14(00:01) 2735

【マイガーデン】 金糸梅 (きんしばい)



   マイガーデンの 「金糸梅 (きんしばい)」 奇麗な花を魅せてくれています

       折角の奇麗な花

   カールツアイス 85 ミリ F1.2 の描写でどうぞ (ボディ オリンパス PEN-F)

A7R07598.jpg



  金糸梅 (きんしばい)

  ・弟切草(おとぎりそう)科。
  ・学名  Hypericum patulum
   Hypericum :  オトギリソウ属
   patulum : 散開の
   Hypericum(ヒペリカム)は、 ギリシャ語の
   + erice(草むら)」または、
  「hyper(上)  + eikon(像)」が 語源といわれる。

   後者の場合は、 悪魔よけの像の上にこの花が 置かれていたことに 由来するらしい。

A7R07580.jpg



 ・中国原産。
  日本への渡来は1760年頃。
 ・黄色が鮮やか。
  梅雨時に咲き、雨に映える。

 ・いっぱいある黄色のおしべを 「金の糸」に 5弁の花を「梅」にたとえた。

A7R07555.jpg



  「石垣に
    金糸梅咲く 在家かな」
     鶯 竹里

  「金糸梅
    水のひかりを ためらはず」
     六角文夫


  ≪以上 花情報 : http://www.hana300.com/kinsib.html≫

A7R07587.jpg


  【マイガーデン】 金糸梅 (きんしばい)


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

【マイガーデン】 七段花(しちだんか) 今が盛りの旬~♪

2017.06.05(00:01) 2726

【マイガーデン】 七段花(しちだんか) 今が盛りの旬~♪


  マイガーデン 紫陽花の原種 七段花(しちだんか)

     大好きな花なので 何度も何度も繰り返し 撮影していますm(_ _)m

  今が盛りの旬~♪


D81_4258.jpg



シチダンカ(アジサイ) [七段花]

花の特徴
花の色は淡い青色だが、落花までの間に薄紅、濃紫、藍色などに変化する傾向がある。
山紫陽花(ヤマアジサイ)との違いは、両性花が退化していて花が咲く前に落ちてしまうことと、装飾花が重弁化していることである。

葉の特徴
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。

D81_4257_20170604195258d30.jpg



この花について
和名の由来は、萼片が七段に重なるというところからきている。
山紫陽花(ヤマアジサイ)の一品種である。

D81_4602.jpg



江戸時代に栽培され、シーボルトの「日本植物誌」でも紹介されているが、幻の花となっていた。

開花時期 7~8月
花の色 赤、青、紫、他
名前の読み しちだんか(あじさい)

D81_4599.jpg



分布 神戸の六甲山に自生しているのを1959年に発見された。
生育地 山地 庭木
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 1メートル

   ≪以上花情報 : https://minhana.net/wiki/シチダンカ(アジサイ)より≫


D81_4260_201706041953013df.jpg


  【マイガーデン】 七段花(しちだんか) 今が盛りの旬~♪


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

【マイガーデン】 突然に サボテンの花が~♪

2017.06.04(00:01) 2725

【マイガーデン】 突然に サボテンの花が~♪


   突然に サボテンの花が 咲きました~♪

       それも 三輪も~(^^)v

tsPENF0389.jpg



   突然に にょきにょきと伸びてきて

       四~五日 蕾のままで

   僅か 一時間ちょっとで 花が一気に咲きました

D81_4461.jpg



   小さな体に

       大輪の花です

   直径12センチもありました

D81_4464.jpg



   なんとも 華やかで麗しく

       見事なほどに 白無垢の花

   感動して 魅入ってしまいました

tsPENF0375.jpg



   花の寿命は 一日未満

       夕方咲いて 翌日夕方までに萎む    

tsPENF0384.jpg



   いつ咲くとも知れぬ

       サボテンの花

   命短く 今度は いつ逢えるやら

       ひと時の美を ありがとう~(^^)v



⇒【マイガーデン】 突然に サボテンの花が~♪の続きを読む
   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

【マイガーデン】 マユミ

2017.05.30(00:01) 2719

【マイガーデン】 マユミ


   マイガーデンのマユミの実が

      陽光を背に受け

   シルエットに浮かび上がる

DSC_7622.jpg



DSC_7621.jpg



   葉脈

DSC_7620.jpg


  「マユミ(檀、真弓、檀弓、学名:Euonymus hamiltonianus)」

  ニシキギ科ニシキギ属の木本。別名ヤマニシキギ(山錦木)とも呼ばれる。

  日本と中国の林に自生する。

  秋に果実と種子、紅葉を楽しむ庭木として親しまれ、盆栽に仕立てられることもある。

概要
  落葉低木、または小高木。雌雄異株。老木になると、幹には縦の裂け目が目立つ。
葉は対生で細かいのこぎり歯(鋸歯)があり、葉脈がはっきりしている。1年目の枝は緑色をしている。 芽は丸々としているが、近縁種のツリバナは新芽が鋭く尖っている。
花は初夏、新しい梢の根本近くにつく。薄い緑で、四弁の小花。
果実は枝にぶら下がるようにしてつき、小さく角ばった四裂の姿。秋の果実の色は品種により白、薄紅、濃紅と異なるが、どれも熟すと果皮が4つに割れ、鮮烈な赤い種子が4つ現れる。
市販のマユミは雌木しか出回っていないが、雌木1本で果実がなる。
剪定をする場合は落葉中に行う。成長は早い。若木のうちに樹形の骨格を作り、分枝させたら、その後の強い剪定は避ける。切り詰めすぎると花と果実がつかない。根が浅く、根元が乾燥しすぎると弱り、果実が落ちる。水分条件さえ良ければ剛健で、病害虫はあまり発生しない。実がかなり遅くまで残るので、秋と冬にはヒヨドリやメジロが食べに来る。



DSC_7624.jpg



利用方法
  材質が強い上によくしなる為、古来より弓の材料として知られ、名前の由来になった。
この木で作られた弓のことや、単なる弓の美称も真弓という。和紙の材料にもなったが、楮にとって代わられた。現在では印鑑や櫛の材料になっている。
新芽は山菜として利用される。天麩羅やおひたしなどに向く。
なお、種子に含まれる脂肪油には薬理作用の激しい成分が含まれており、少量でも吐き気や下痢、大量に摂取すれば筋肉の麻痺を引き起こすため、種子は食べてはならない。

  ≪情報 : https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%A6%E3%83%9F より≫


DSC_7623.jpg


  【マイガーデン】 マユミ


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

【マイガーデン】 紫蘭(シラン)

2017.05.27(00:01) 2718

【マイガーデン】 紫蘭(シラン)



  マイガーデンの 紫蘭(シラン)

P5230502.jpg



 「シラン(紫蘭、学名: Bletilla striata Reichb. fil.)」
   ラン科シラン属の宿根草。
 地生ランで、日向の草原などに自生する。

 「形態・生態」
   地下にある偽球茎は丸くて平らで、前年以前の古い偽球茎がいくつもつながっている。
葉は、最も新しい偽球茎から根出状に3枚から5枚程度出て、幅の広い長楕円形で、薄いが堅く、表面にはたくさんの縦筋が並んでいる。

「花期」
  4月から5月。
花は紫紅色で、30から50cm程度の花茎の先に数個つく。
  花弁は細長く、あまり開ききらないような感じに咲く。
観賞用に、花の色が白色のもの、斑入りのもの、淡色花、花弁が唇弁化した「三蝶咲き」などがある。


P5230472.jpg



   ミノルタ MC ロッコール 58ミリ F1.2 (新型1973年発売)

      40数年前のレンズですが

   今でも魅力いっぱいの描写をしてくれます(ボディはオリンパスPENF)


P5230500.jpg


  【マイガーデン】 紫蘭(シラン)

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

【マイガーデン】 七段花 (しちだんか)

2017.05.25(00:01) 2716

【マイガーデン】 七段花 (しちだんか)


   マイガーデンの 七段花 (しちだんか=紫陽花の原種)が

      やっと咲きました

sP5230495.jpg



   陽射しを いっぱい浴びた花は

       ピンク色になるようです

sP5230513.jpg



   春の光を

      燦々シャワー

sP5230512.jpg



   「七段花 (しちだんか)」

      生まれ立ては 白っぽい紫

sP5230485.jpg



   それが 薄紫から ピンク色に

       色彩を 変化させていきます

   楚々と咲くこの花が 大好きです~♪


sP5230451.jpg


   【マイガーデン】 七段花 (しちだんか)

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

カキツバタと藤の花

2017.05.15(00:01) 2706

カキツバタと藤の花



「カキツバタ(燕子花、杜若、Iris laevigata)」
  アヤメ科アヤメ属の植物である。

解説

  カキツバタは湿地に群生し、5月から6月にかけて紫色の花を付ける。

内花被片が細く直立し、外花被片(前面に垂れ下がった花びら)の中央部に白ないし淡黄色の斑紋があることなどを特徴とする。


愛知県の県花でもあり、三河国八橋(現在の知立市八橋)が『伊勢物語』で在原業平がカキツバタの歌を詠った場所とされることに由来している。


D81_4183.jpg



「在原業平」が詠んだ歌は以下の通り。

  から衣

     きつつなれにし

        つましあれば

     はるばる来ぬる

        たびをしぞ思ふ

D81_4180.jpg




  漢字表記の一つ「杜若」は、本来はヤブミョウガという別種の漢名(「とじゃく」と読む)であったが、カキツバタと混同されたものである。

   ≪花情報 : https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%AD%E3%83%84%E3%83%90%E3%82%BFより≫

D81_4142.jpg



   藤の花とのコラボで どうぞ~(^^)v

D81_4177.jpg



  「フジ」は、マメ科フジ属のつる性落葉木本。

     一般名称としての藤には、つるが右巻きと左巻きの二種類がある。

  右巻きの藤の標準和名は「フジ」または「ノダフジ」、左巻きの藤の標準和名は「ヤマフジ」または「ノフジ」である。

     以上  ウィキペディアより


D81_4176.jpg


  カキツバタと藤の花





   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

春を 唐草文様に紡ぎ クリエイトして

2017.05.12(00:01) 2703

春を 唐草文様に紡ぎ クリエイトして


   マイガーデンは 新芽 若葉 青葉が華やぐ候

PENF0249_20170512005842700.jpg



  春を 唐草文様に 紡いでいく

PENF0127_20170512005841605.jpg



   どちらに巻こうか

       あなたの好きなように 紡いで

   自在に 融通無礙(ゆうずうむげ)に

       姿・形を クリエイトしてください


PENF0251_20170512005844b82.jpg


  春を 唐草文様に紡ぎ クリエイトして

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

【マイガーデン】 コバノランタナ

2017.05.10(00:01) 2701

【マイガーデン】 コバノランタナ


  マイガーデンは 「コバノランタナ」が 花盛り~♪

    花盛りと言えば聞こえがいいのですが つる性で 他所にまで進出し 蔓延(はびこ)っています

       「コバノランタナ」の 愛くるしさと ぽってりした質感 うまく表現したいのですが

    何度撮っても 上手くいきません

       今回は オールドレンズ ミノルタ MC 58ミリF1.2 で

    狙ってみましたがご覧の通り (ボディはオリンパスペンF)

PENF0033.jpg



 【コバノランタナ】
   ランタナの仲間ですが、葉が小さくツル性で枝がよく伸びるところが特徴です。
  花もランタナと同様ですが、やや小ぶりです。


  ぽってりした質感 なかなかうまく出せません
    花との相性もありそうで 私には なかなか上手く写せません
  コバノランタナの花の所為ではなく 私の腕の所為ですm(_ _)m
    いつか納得の写真を撮ってあげますからね
  それまではご容赦のほどをm(_ _)m

PENF0111.jpg



 【花の特徴と性質】
  樹高
    ランタナに近い植物ですが、ツル性でよく伸びます。葉もランタナと比較すると小型です。

  花
    花の形はランタナと同じですが、やや小ぶりです。花色は淡紅紫色が一般的ですが、白色もあります。

  耐寒性・耐暑性
    ランタナよりは耐寒性が強いと言われています。

PENF0107.jpg



 学名の説明
  Lantana・・・・・ガマズミ属の(Viburnum lantana)が語源です。
  montevidensis・・・・・(ウルグアイ首都の)「モンデビデオの」

   ≪花情報 : http://flower365.sakura.ne.jp/24/342(2).htmlより ≫


PENF0116.jpg


  【マイガーデン】 コバノランタナ


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

【マイガーデン】 紫蘭(シラン)

2017.05.09(00:01) 2700

【マイガーデン】 紫蘭(シラン)



   【マイガーデン】は 今 紫蘭(シラン)の

       今が盛りと 咲き誇っています

PENF0216.jpg



「紫蘭(シラン)」

ラン科の植物は人気もあることから、たくさんの種類があります。
ただ、胡蝶蘭をはじめとして、育てることがむずかしいことでも知られています。
そんな中、紫蘭は丈夫で育てやすく、ラン科の植物の入門編にぴったりです。



紫蘭(シラン)の言葉は

   『美しい姿』 『あなたを忘れない』 『変わらぬ愛』


うつむいたように咲く姿から、「美しい姿」という言葉が付けられました。
  「あなたを忘れない」「変わらぬ愛」とは、英名が「Hyacinth orchid(ヒヤシンス・オーキッド)」と呼ばれることに関連して、ヒヤシンスの言葉の由来ともなった悲しいギリシャ神話のエピソードにちなんでいます。


PENF0251.jpg




紫蘭(シラン)の学名・原産国・英語

学名 Bletilla striata
Limodorum striatum
科・属名 ラン科・シラン属
英名 Hyacinth orchid
原産地 日本、中国、台湾
期 5~6月
花の色 紫、赤紫、白、薄ピンク
別名 紅蘭(ベニラン)
白及(ビャクギュウ)

  ≪花情報 : https://horti.jp/11731 より≫


PENF0249.jpg



PENF0262.jpg



PENF0185.jpg



PENF0188.jpg


  【マイガーデン】 紫蘭(シラン)


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

【マイガーデン】 春の黄昏る頃 「マユミの花」

2017.05.07(00:01) 2698

【マイガーデン】 春の黄昏る頃 「マユミの花」


   マイガーデンに マユミの花が咲き始めました

PENF0192.jpg



   慎ましい花たちですね

PENF0189.jpg



   春の黄昏る頃


PENF0196.jpg


  【マイガーデン】 春の黄昏る頃 「マユミの花」


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

【マイガーデン】 夜のマツバウンラン

2017.05.06(00:01) 2697

【マイガーデン】 夜のマツバウンラン


   夜の帳(とばり)が 下りる頃

       マイガーデンの「マツバウンラン」

PENF0181.jpg



  「マツバウンラン(松葉海蘭、学名: Nuttallanthus canadensis)」

     オオバコ科の一年草または二年草。

  葉の形が松葉、花がウンラン (Linaria japonica) に似ていることからこの名がついた。

PENF0182.jpg



   春風に なびくマツバウンラン

       ひょろひょろしていますので

   わずかな風でも 揺れに揺れて

       撮影する方は大変です

   特に夜間の照明なしで 手持ち撮影

PENF0207.jpg



   一瞬の凪(なぎ)を捉えて


PENF0229.jpg


  【マイガーデン】 夜のマツバウンラン


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

【マイガーデン】  「庭石菖 (にわぜきしょう)」

2017.05.04(00:00) 2695

【マイガーデン】 「庭石菖 (にわぜきしょう)」


   マイガーデンの 「庭石菖 (にわぜきしょう)」

      今が旬~♪

   庭のあちこちに 蔓延(はびこ)っています

D81_3372.jpg



  庭石菖 (にわぜきしょう)

 ・別名
  「南京文目」(なんきんあやめ)。

D81_3306.jpg



 ・開花時期は、 5/ 1 ~ 6/末頃。
 ・北アメリカ原産。
  1890年頃に渡来。
 ・小さなちいさな花。
  色は写真のように紅紫色。 白もあるという。

D81_3303.jpg



 ・葉が石菖(せきしょう)という サトイモ科の植物に似ていて、
  庭によく生えるところから、 庭石菖の名になった。

   ≪花情報 : http://www.hana300.com/niwaze.html より≫


D81_3302.jpg



⇒【マイガーデン】  「庭石菖 (にわぜきしょう)」の続きを読む
   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック