マイガーデンシリーズ四季|写真マイガーデンシリーズ


師走の眉月(まゆづき)

2017.12.21(00:01) 2933

師走の眉月(まゆづき)


  雨戸を閉めようと二階に上がったら

     月齢 1.9の細いほそい お月さま

  西の空に 楚々と 浮かんでいました

     切れるような眉月(まゆづき)に ピンを合わせ

D85_0209.jpg



  わずかに残る

     茜色の残照

D85_0185.jpg



  テレビのアンテナが邪魔ではありますが

      これはこれで 我が家の二階からの景色ということで

  よしとしましょう~(^^)v

D85_0194_20171220233112b60.jpg



  テレビのアンテナにピンを合わせたら

     眉月(まゆづき)が ボケた分、太目になりました


D85_0192_20171220233116d82.jpg

  撮影情報 : D850 + AFS28-300VRG 手持ち撮影 1/6秒 F5.6 ISO 12800


  師走の眉月(まゆづき)



   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

紅萌ゆる頃 秋麗 (くれないもゆるころ しゅうれい)

2017.12.02(00:01) 2915

紅萌ゆる頃 秋麗 (くれないもゆるころ しゅうれい)


  東大寺 鏡池

      紅萌ゆる頃 (くれないもゆるころ)

tsEM1S3395.jpg



  西陽に萌える

      東大寺大仏殿

   秋麗 ( しゅうれい)

tsEM1S3191.jpg



  練塀の剥落 (ねりべいのはくらく)

      古の陰翳 (いにしえのいんえい)

EM1S3200.jpg




  紅蓮(ぐれん)の季節

      終章 (エピローグ)

tsEM1S3394.jpg



  興福寺五重塔と

     猿沢(さるさわ)の池

  秋爛漫(あきらんまん)


tsEM1S3329.jpg


  紅萌ゆる頃 秋麗 (くれないもゆるころ しゅうれい)


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

正暦寺(しょうりゃくじ) 本堂と紅葉

2017.11.19(00:01) 2899

正暦寺(しょうりゃくじ) 本堂と紅葉


正暦寺の本堂は1916年(大正5年)に再建されたものです。
本堂に登るための石段は観世音菩薩の誓願の数にちなんだ33段と、阿弥陀如来の誓願の数にちなんだ48段、合計81段になっています。
この石段をすべて登りきることで、観世音菩薩と阿弥陀如来のご加護を受けられるとされています。

石段を登ると本堂境内が広がり、鐘楼〈1925年(大正15年)に再建〉と本堂がたたずんでいます。
元々あった伽藍はすべて消失していますが、自然の豊かさと昔と変わらぬ祈りの空間に触れることのできる聖域となっています。
  ≪情報:http://shoryakuji.jp/hondou.htmlより≫


EM1S2825.jpg



EM1S2809.jpg


  紅葉に 彩られた本堂

      今が旬~♪

  
D85_5059.jpg



D85_5074.jpg



本尊薬師如来倚像 (国指定重要文化財)

白鳳時代の作。
  台座に腰を掛けるという倚像の形をとる金銅仏であります。
足は踏み割り蓮華に乗せています。
  正暦寺の御本尊であり、特別公開時のみの秘仏となっています。


D85_4915.jpg



D85_4936.jpg



D85_4913.jpg


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

紅葉を撮る 紅葉狩り

2017.11.18(00:01) 2898

紅葉を撮る 紅葉狩り


  紅葉を撮る

D85_5027.jpg



  紅葉を撮る人

     黄葉(もみじ)と遊ぶ人

D85_5003.jpg



  スマホは大活躍です

     空が入るときは AEロックするか

  露出をプラスにしてくださいね

     そうしないと せっかくの紅葉が 暗く写ってしまいます

D85_4989.jpg



   紅葉狩り

      撮る人 帰る人

D85_5067.jpg



  望遠でアップを狙う

D85_4753.jpg



  銀杏の絨毯の上で


EM1S2815.jpg



◆ 紅葉見物のことを、何かを捕まえるわけでもないのになぜ「紅葉狩り(もみじがり)」というのでしょう。

≪解説≫
季節の花や草木を山野にさがし求める様子を、獲物を追う「狩猟」になぞらえて「~狩り」という言い方が古くからあり、「紅葉狩り」もそうです。
「狩り」は、一般的には「鳥や獣を捕らえること」―「狩猟」を指しますが、これに加えて「魚や貝、きのこをとったり、自然の中で季節の花や植物を求め、その美しさを観賞したりする」場合にも、そのことばを前につけて「~狩り」という形で使われます。
「潮干狩り」「きのこ狩り」「蛍狩り」「桜狩り」などの言い方があり、「紅葉狩り」もその一つです。
また、「紅葉狩り」には、「紅葉見(もみじみ)」や「観楓(かんぷう)」という言い方もあります。

  ≪情報 : https://www.nhk.or.jp/bunken/summary/kotoba/gimon/065.html より≫



  紅葉を撮る 紅葉狩り

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

銀杏並木

2017.11.15(00:01) 2896

銀杏並木



  車を走らせていたら 見事な銀杏並木に出逢いました

     車を脇道に止めて 数ショット~♪

  トラックのフロントビューに映る銀杏

     ラッキーなショットでした~♪

D85_4224.jpg



  女学生と 銀杏並木のコラボ

D85_4216.jpg



  仲良しさん二人連れ

     誰も通らないのに ちゃんと信号待ちしています

  どこかの街とは違って この地の女学生は上品ですね

     はい 当たり前のことでしたね

  交通ルールを守りましょう~(^^)vv(^^)v

     私も反省です m(_ _)m


D85_4215.jpg


  銀杏並木

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

紅楽シーズン 秋酣(あきたけなわ) その2

2017.11.14(00:01) 2893

紅楽シーズン 秋酣(あきたけなわ) その2


  奈良も 紅葉が見頃となりました

  DSC_8772.jpg



  紅楽シーズン~♪

     記念の一枚

DSC_8773.jpg



  いずこも 外人さんが沢山観光に見えています

DSC_8807.jpg



  奈良の名庭園 「依水園(いすいえん)」

DSC_8804.jpg



  紅葉 秋酣(あきたけなわ)

DSC_8799.jpg



  以上の写真は

      オールドレンズ ニッコールAF28-105D F3.5-4.5 (ボディは Df)

  最後の写真のみ

      ニッコールAFDC135ミリF2 (ボディは D850)


D85_3801.jpg


  紅楽シーズン 秋酣(あきたけなわ) その2

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

紅楽シーズン 秋酣(あきたけなわ) その1

2017.11.13(00:01) 2892

紅楽シーズン 秋酣(あきたけなわ) その1


  奈良も 紅葉が見頃となりました

D85_3815.jpg



  上から三枚の写真は ニッコールAFDC135ミリF2 (ボディは D850)

     ボケコントロールが出来るレンズで

  明るめに撮りました

     DCコントロールはノーマルのままでも充分綺麗

  私の好みの描写です

D85_3814.jpg



D85_3761.jpg



  紅葉にグリーンカラーも

     素敵にマッチングします

D85_3798.jpg



  下三枚の写真は

     最近お気に入りのオールドレンズ ニッコールAF28-105D F3.5-4.5 (ボディは Df)

  アンダー気味の写真も シックで気に入りました

     ニコンDf はオールドレンズにもベストマッチするようです

DSC_8792.jpg



  紅葉狩りを愉しむ人

     紅楽シーズン 秋酣(あきたけなわ)

  秋色に染め上げて

     深まり往く季節


DSC_8793.jpg


  紅楽シーズン 秋酣(あきたけなわ) その1


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

東大寺大仏殿と紅葉

2017.11.12(00:01) 2891

東大寺大仏殿と紅葉


  紅葉に映える 東大寺大仏殿

DSC_8767.jpg



  秋に囲まれた 鴟尾(しび)


DSC_8768.jpg



東大寺大仏殿(とうだいじだいぶつでん)
  奈良県奈良市の東大寺にある仏堂。
東大寺の本尊、盧舎那仏坐像(奈良の大仏)を安置している。
  正式には東大寺金堂というが、「大仏殿」の名で広く知られ、東大寺の公式ホームページでも主に「大仏殿」が使用されている。

大仏殿は、1181年(治承4年)と1567年(永禄10年)の戦火で2度にわたり焼失し、現在の建物は1709年(宝永6年)に落慶したもので、日本の国宝に指定されている。

DSC_8769.jpg



東大寺大仏殿(とうだいじだいぶつでん)は、伽藍の中央に位置し、境内で最大の建物である。
  現存する大仏殿は、正面の幅57.5m、奥行き50.5m、棟までの高さ49.1m。
奥行きと高さは創建当時とほぼ同じだが、幅は創建当時(約86m)の約3分の2になっている。
  『東大寺要録』の「大仏殿碑文」によると創建時の大仏殿の規模は、幅29丈(約85.8m)、奥行き17丈(約50.3m)、高さ12丈6尺(約37m)、柱数84という。
大仏殿の正面には、国宝に指定されている金銅八角燈籠がある。
  世界最大の木造建築として広く知られていたが、近代には集成材や構造用合板などの建築資材の発達によりティラムーク航空博物館や大館樹海ドームなど東大寺大仏殿より大きな木造建築が建造されている。
  木造軸組建築としては現在でも世界最大となっている。
大仏殿の内部には大仏の鼻の穴と同じ大きさと言われる穴があいた柱があり、そこをくぐることを柱くぐりと言う。
  そこをくぐり抜けられればその年にいいことがある、あるいは頭が良くなるなどと言われている。
  ≪情報 : https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%A4%A7%E5%AF%BA%E5%A4%A7%E4%BB%8F%E6%AE%BF≫



DSC_8771.jpg



   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

尾花と 落葉のコラボ

2017.11.07(00:01) 2886

尾花と 落葉のコラボ


  地上の紅葉

     紅葉の絨毯

        尾花と 落葉

DSC_3083.jpg




DSC_3089.jpg



  尾花と 落葉のコラボ

     秋の光が

  一番輝き出す頃

DSC_3085.jpg


  逆光に映える 尾花


DSC_3079.jpg



D85_2806.jpg


  尾花と落葉のコラボ

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

【写真マイガーデン】 秋の新芽

2017.10.26(00:01) 2874

【写真マイガーデン】 秋の新芽


  秋でも 新緑の候

      マイガーデンに 秋の新芽

  パープル系で 纏めてみました

D85_0956.jpg



  春のような

      瑞々しい緑

D85_0960.jpg



  伸び伸びと

      ぐいぐいと

  天に羽ばたき 伸びていく


D85_0953.jpg


⇒【写真マイガーデン】 秋の新芽の続きを読む
   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

「ニコンD850 試写」 ラン展 「パフィオペディルム」

2017.10.22(00:01) 2869

「ニコンD850 試写」 ラン展 「パフィオペディルム」


  ラン展を ニコンD850で 試写してみました

     レンズはAF-S ニッコール ED105 F2.8Gマイクロ

  ランの花  種類が多く 意味も分からない横文字の為

     とても 覚えられませんが この花は

  「パフィオペディルム」

D85_0219.jpg



  「パフィオペディルム」

パフィオペディルムは、袋状の唇弁が特徴的なラン科植物で、洋ランの一属として知られる。
洋ランとしての略称はPaph.である。 ウィキペディアより
学名: Paphiopedilum
分類階級: 属
上位分類: アツモリソウ亜科 


  鳥が羽ばたくような姿が 印象的な花ですね

D85_0242.jpg



  室内の照明は 暗い蛍光灯 それに 弱いLEDライトを当てていますが

     ホワイトバランスは微妙で いつもD810では 迷うところでした

  ピントも花の中心のベロに合わせようとすると

     コントラストの低い部分なのでいつも迷います

  D850は何とかクリアしてくれました

     ホワイトバランスとピント精度ともに D810より良好のようですが

  まだ迷いがあり(ライブビュー時、AFが行ったり来たりふらつく)完ぺきとは言えません

     でもまあまあ、まずまずの合格点をあげましょう


D85_0226.jpg


  「ニコンD850 試写」 ラン展 「パフィオペディルム」



   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

時計は 時を刻み 花は 季節を刻む

2017.10.20(00:01) 2866

時計は時を刻み 花は季節を刻む


   時計は 時を刻み

PENF0220.jpg


   花は 季節を刻む


PENF0193.jpg



   秋という季節が

      大空いっぱいに

   謳歌しています~♪

PENF0138.jpg



   幼子ちゃんへ

      この花のように

   風に揺られても 強く 明るく元気に

      自由な心で たわむれはしゃぎ     

   夢と希望を ふくらませ

      未来へと

   大いに羽ばたいてくださいね
      

tsPENF0199.jpg


  時計は 時を刻み 花は 季節を刻む

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

秋のゴーヤ

2017.10.19(00:01) 2865

秋のゴーヤ


  熟れて 色付いた秋のゴーヤ

EM1S1304.jpg



  神無月の色彩

    子供たちの足取りも

        軽やかな季節~♪

PENF0225.jpg



  秋色 彩々~♪

     ゴーヤと秋の空の アンサンブル~♪


PENF0212.jpg


  秋のゴーヤ

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

秋の法起寺(ほっきじ)を 撮る

2017.10.13(00:01) 2859

秋の法起寺(ほっきじ)を 撮る


  聖徳太子ゆかりの地 斑鳩(いかるが)

     法起寺三重塔 (ほっきじ さんじゅうのとう)

  706年建立とされる日本最古の三重塔です

     秋の法起寺(ほっきじ)を撮る

秋の法起寺を撮るD81_5599



  法起寺・三重塔 高さ23.9mの塔

     法隆寺の五重塔と同じような 飛鳥時代の特徴が見られ

  法輪寺の旧三重塔とともに かつては斑鳩三名塔のひとつに数えられています。
     (法輪寺の三重塔は昭和に焼失しその後再建)

     昭和に解体修理しており 1975年修理完了しています。

D81_5613.jpg



  コスモス 映える頃~♪

D81_5611.jpg



  今を切り撮る

     感動する心 一心不乱に

D81_5596.jpg



  夢中になること

     幾つになっても

  忘れないようにしたいですね

D81_5414.jpg



  コスモスと三重塔

     狙い定めて

  思い通りの写真 撮れましたか~(^^)v


D81_5411.jpg


  秋の法起寺(ほっきじ)を 撮る



   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

斑鳩 秋の黄昏時 (いかるが あきのたそがれどき)

2017.10.11(00:01) 2857

斑鳩 秋の黄昏時 (いかるが あきのたそがれどき)


   斑鳩 秋の黄昏時 (いかるが あきのたそがれどき)を

      AFニッコール ED 80-200 F2.8D+ニコン Df で 切り撮ってみました

DSC_8534.jpg



  懐かしいオールドレンズの描写のようですね

     逆光による フレアもありますが

  実景もこんな感じのままの景色でありました

DSC_8533.jpg



  順光だと コントラストも高く 文句のない描写です

      ピントは赤い雲台のお兄さん      

tsDSC_8529.jpg



   斑鳩 秋の黄昏に浮かぶ

       秋桜のシルエット

   秋を謳歌しています~(^^)vv(^^)v


DSC_8520.jpg


⇒斑鳩 秋の黄昏時 (いかるが あきのたそがれどき)の続きを読む
   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

ケイトウの咲く頃

2017.10.03(00:01) 2849

ケイトウの咲く頃


ケイトウ (鶏頭、学名:Celosia argentea)
  ヒユ科の一年生植物。
学名は燃焼という意味のギリシャ語に由来する。
  ケイトウの花が燃え盛る炎を彷彿とさせるのが根拠と思われる。

tsEM1S1287.jpg



夏から秋にかけ、赤・桃色・黄色などの花穂ができる。その形状がニワトリの鶏冠(とさか)に似ていることからこの名がついた。
  花期は6月から9月頃。
原産地はアジア、アフリカの熱帯地方と推定され、日本には奈良時代に中国を経由して渡来した。
  かつては韓藍(カラアイ)と呼ばれていた。

EM1S1284.jpg



花の色は赤や黄色を基調とするが、橙、紫、ピンクなどさまざまな色の園芸品種がある。
  栽培にあたっては移植を嫌うので直蒔きする。
種は嫌光性で、日光の当る場所では発芽しない。


  ≪花情報 : https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%A6より≫

tsEM1S1276.jpg


⇒ケイトウの咲く頃の続きを読む
   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

ツマグロヒョウモン(雄)とキバナコスモスのコラボ~♪

2017.10.02(00:01) 2848

ツマグロヒョウモン(雄)とキバナコスモスのコラボ~♪


キバナコスモス(黄花コスモス、学名:Cosmos sulphureus)は、キク科コスモス属の多年草または一年草。
コスモスの名を冠するが、オオハルシャギクとは同属別種にあたり互いを交配する事は出来ない。
現在では日本で広く園芸品種のひとつとして栽培されているが、一部は逸出して野生化している。

tsEM1S1239.jpg




キバナコスモス特徴
原産地はメキシコで、標高1600m以下の地域に自生する。18世紀末にスペイン・マドリードの植物園に送られ、ヨーロッパに渡来した。日本には大正時代の初めに輸入された記録が残っている。
高さは約30〜100cm。概ね60cm程度に成長するが、鉢植えやプランター向けの20cm程度に留まる矮性種も出回っている。オオハルシャギクと比べて葉が幅広く、切れ込みが深い。また夏場の暑さに強いため、オオハルシャギクよりも早い時期に花を咲かせる傾向にある。
またオオハルシャギクよりも繁殖力が旺盛である為、こぼれ種で栽培していると数年後にはオオハルシャギクを席巻してしまう。

花期は比較的長く、6月から11月にかけて直径3〜5cm程度の黄色、またはオレンジの花を咲かせる。
改良種として濃い赤色の品種も作られている。
花は一重咲きと八重咲きがあるが、園芸品種として市場に出回っているもののほとんどは八重咲き。
病害虫による大きな被害を受けることは少なく、初夏から夏にかけて新芽の付近にアブラムシがつく程度である。
痩せた土壌でも適度の水を与えていれば問題無く成長するため、頑強で育て易い植物といえる。
ただし日陰での栽培には向かず、充分な日照が無い環境では葉などの形が崩れる場合があるため注意が必要。
成長に伴って良く分岐する特性があり、咲き終えた花がらの摘み取りや、夏場に一旦切り戻しを行うなどの手入れを施すと長い期間花を楽しむ事が出来る。
  ≪花情報:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%90%E3%83%8A%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%82%B9≫

tsEM1S1248.jpg



  痛々しくも 欠けた翅

     これでも上手に飛んでいました

EM1S1259.jpg



ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋、Argyreus hyperbius)
チョウ目(鱗翅目)タテハチョウ科ドクチョウ亜科ヒョウモンチョウ族に分類されるチョウの一種。
雌の前翅先端部が黒色で、斜めの白帯を持つのが特徴である。

EM1S1266.jpg



特徴
成虫の前翅長は38-45mmほど。翅の模様は雌雄でかなり異なる。
雌は前翅の先端部表面が黒(黒紫)色地で白い帯が横断し、ほぼ全面に黒色の斑点が散る。翅の裏は薄い黄褐色の地にやや濃い黄褐色の斑点があるが、表の白帯に対応した部分はやはり白帯となる。
また前翅の根元側の地色はピンクである。
全体に鮮やかで目立つ色合いだが、これは有毒のチョウ・カバマダラに擬態しているとされ、優雅にひらひらと舞う飛び方も同種に似る。ただしカバマダラは日本では迷蝶であり、まれに飛来して偶発的に繁殖するだけである。
南西諸島ではその出現はまれでないが、本土では非常に珍しい。
つまり、日本国内においては擬態のモデル種と常に一緒に見られる場所はなく、擬態として機能していない可能性がある。
雄の翅の表側はヒョウモンチョウ類に典型的な豹柄だが、後翅の外縁が黒く縁取られるので他種と区別できる。

EM1S1263.jpg




成虫は平地の草原や庭・空き地や道端など身近なところで見られる。
地域にもよるが、成虫は4月頃から11月頃まで見られ、その間に4、5回発生する。他のヒョウモンチョウ類がほとんど年1回しか発生しないのに対し、多化性という点でも例外的な種類である。冬は幼虫や蛹で越冬する。
幼虫は各種スミレ類を食草とし、野生のスミレ類のみならず園芸種のパンジーやビオラなども食べる。
満腹になると地表に降りて他の餌を求めて移動するため、花壇に植えた株が次々と食べられてしまうこともある。
終齢で体長30mm程度、黒色の体の背に一本の赤い筋が縦に通る。
体には分岐する棘状の突起が各節に6本ずつある。突起は体の前半部では黒く、後半部のものは根元が赤く先が黒い。かなりとげとげしい毛虫である。派手な体色は毒虫を思わせるが、突起で刺すこともなければ毒も持たない。

  ≪情報:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%92%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%A2%E3%83%B3≫



  ツマグロヒョウモン(雄)とキバナコスモスのコラボ~♪

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

秋色 歳時記

2017.09.30(00:01) 2846

秋色 歳時記


  季節はコスモス色に

tsEM1S0730.jpg



  秋の夕暮れは

      茜色

  十三重塔をバックに

tsEM1S0718.jpg



  黄昏れる前は

      黄金色の 光光彩彩~♪


tsEM1S0729.jpg


  秋色 歳時記

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

秋のハナミズキ

2017.09.13(00:01) 2829

秋のハナミズキ


  マイガーデンのお隣さんのハナミズキ

     秋色に色付いてきました

  ニッコールレンズ ED 80-200mm F2.8D  久々に持ち出しました
      (ボディ:D810)

tsD81_5299.jpg



  最短撮影距離辺りの描写は

     フレアに包まれて

  ほんわり ハナミズキ

tsD81_5261.jpg



  1.5段ほど絞ると

     コントラストはアップしますが

  描写は まあこんなものかなと 


tsD81_5257.jpg


⇒秋のハナミズキの続きを読む
   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

夏も終盤 蓮模様

2017.08.26(00:01) 2811

夏も終盤 蓮模様


  夏が一気に駆け抜けていきます

PENF0150.jpg



  夏も終盤 蓮模様

EM1S9045.jpg



  枯れ往く季節

EM1S9044.jpg



  華から 花托へと

     移ろう季節

  葉月から 長月へと

     めくられてゆく


EM1S9111.jpg


  夏も終盤 蓮模様

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック