マイガーデン 春はセカンドステージ|写真マイガーデンシリーズ


マイガーデン 春はセカンドステージ

2017.04.15(00:01) 2676

マイガーデン 春はセカンドステージ


   梅の花

      凍てつく寒さを 乗り越えて

PENF4894.jpg



   春はセカンドステージに

      小さな梅の実の赤ちゃん

DSC06896.jpg



   春の陽射しを浴びて

       すくすくと 育っています

DSC06895.jpg



   早春の一頁

       サクランボの花

PENF6522.jpg



    マイガーデンの花は散り

       あとには 小さなサクランボの実が~♪

DSC06893_20170415004707d12.jpg



   蜂たちは 少数ながらも

        きちんと仕事(受粉)をしてくれたようです

   ありがとうね 蜂君~♪


DSC06898_201704150047054f2.jpg


  マイガーデン 春はセカンドステージ


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

<<奈良町 残照 | ホームへ | 春雨に 濡れながら>>
コメント
toshi さん
コメントありがとうございます。

桜の木も小さな小さな実をつけますよ
サクランボのように食べれませんが樹木も花もよく似ていますね

以下 ネットで調べてみました

◆「桜」とは、バラ科サクラ属の落葉樹の総称です。
日本において単に「桜」といった場合、観賞用の品種を指すことが多く、日本産の園芸品種「ソメイヨシノ(染井吉野)」が代表種です。
「桜」の淡いピンク色の花は、春を象徴する花として日本文化になじみが深い花として知られています。

「さくらんぼ」とは、バラ科サクラ属の果樹ミザクラの果実です。
「さくらんぼ」の名称の由来は、桜の子供を表す「桜の坊」から変化したものといわれており、広義では「桜」の一種といえますが、食用の品種は「セイヨウミザクラ(西洋実桜)」が代表種です。
「さくらんぼ」は「桜桃(おうとう)」とも呼ばれ、山形県が国内収穫量の70%を占めます。
代表的な品種は佐藤錦、南陽、ナポレオン、高砂、山形美人などです。

なお、ソメイヨシノなどの観賞用の「桜」にも「さくらんぼ」に似た果実がなりますが、酸味と苦味があり食用には向いていません。

toshi さん
それぞれの写真ライフエンジョイしましょう
いつもあリガとうございます。


> サクランボは、桜(ソメイヨシノ)の実だと真剣に子供の頃思っていました。
> でも本当は実桜(ミザクラ)という果樹なんですよね。
> だから姫路城に桜が咲いていたら「きっとあちこちにサクランボが実るんだろうな」と思っていました(お恥ずかしい)
【2017/04/17 00:35】 | クメゼミ塾長 #LCCNbXwA | [edit]
サクランボは、桜(ソメイヨシノ)の実だと真剣に子供の頃思っていました。
でも本当は実桜(ミザクラ)という果樹なんですよね。
だから姫路城に桜が咲いていたら「きっとあちこちにサクランボが実るんだろうな」と思っていました(お恥ずかしい)
【2017/04/15 21:42】 | toshi #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する