写真マイガーデンシリーズ


秋のゴーヤ

2017.10.19(00:01) 2865

秋のゴーヤ


  熟れて 色付いた秋のゴーヤ

EM1S1304.jpg



  神無月の色彩

    子供たちの足取りも

        軽やかな季節~♪

PENF0225.jpg



  秋色 彩々~♪

     ゴーヤと秋の空の アンサンブル~♪


PENF0212.jpg


  秋のゴーヤ

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

秋の運動会 パパは お疲れm(_ _)m

2017.10.18(00:01) 2864

秋の運動会 パパはお疲れm(_ _)m


  パパのたまの休みに運動会

tsEM1S1425.jpg



  群青色の青い空

     家族そろって応援です

PENF0253.jpg



  運動場の一角には

     テント村が出現

PENF0186_20171015210246c1a.jpg



   でもパパは お疲れモード

      ついつい うたた寝です

EM1S1362.jpg



   こちらは本格的に

      お休みタイム

PENF0192_20171015210247cb8.jpg



   ママも お疲れのパパを労わって

      起こさずにそっとしてあげています

   でも 子供さんの出場の時は 起こしてあげてくださいね
  

tsEM1S1364.jpg


  秋の運動会 パパはお疲れm(_ _)m


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

秋の運動会 玉入れ

2017.10.17(00:01) 2863

秋の運動会 玉入れ


  運動会恒例の玉入れ競技

     うん!? この傘はなんだ!?

EM1S1342.jpg



   なんとなんと

     そのまんま 玉を籠に入れるだけでは

   面白くないと言うので

     傘で玉が籠に入り難いように 邪魔をしているのです

   傘が邪魔をして 紅組はなかなか入りません

tsEM1S1341.jpg



   靑組は あらら!?

      なんとなんと 傘を壊してしまいました

   靑組の破壊力の勝利です

EM1S1343.jpg


  学校も競技内容 色々工夫しますね

      お疲れさまでしたm(_ _)m



  秋の運動会 玉入れ



   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

秋の運動会

2017.10.16(00:01) 2862

秋の運動会


  スポーツの秋

     秋といえば運動会

PENF0191.jpg




   秋空の下で

      子供たちが羽ばたきます

PENF0238.jpg



   元気溌溂と

      弾けるエネルギ~♪

EM1S1219.jpg



   群青色の空の下

PENF0252.jpg



   組体操も 危険防止

      安全第一で~♪

EM1S1188.jpg



  友情の証の

     チェーンタッチ~(^^)v~v(^^)v~♪

  最上級生 今日の運動会

     いつまでも忘れないでね


EM1S1205.jpg


  秋の運動会


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

フウセンカズラ と 火の見櫓(ひのみやぐら)

2017.10.15(00:01) 2861

フウセンカズラ と 火の見櫓(ひのみやぐら)


  今では 珍しい「火の見櫓(ひのみやぐら)」の見える風景

PENF0517.jpg



  秋風に ふら ふら ふ~ら~♪と

     フウセンカズラ

PENF0519.jpg



  淡く ホンワカ 風船さん

PENF0516.jpg



  フウセンカズラも

     最後の秋を愉しんでいます~♪


PENF0515.jpg


  フウセンカズラ と 火の見櫓(ひのみやぐら)

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

斑鳩 秋の法起寺三重塔 (いかるが あきのほっきじ さんじゅうのとう)

2017.10.14(00:01) 2860

斑鳩 秋の法起寺三重塔 (いかるが あきのほっきじ さんじゅうのとう)


  茜色に染まって往く 法起寺の三重塔

      AF-S ニッコール ED 28-300 F3.5~5.6G+ニコン D810 で 切り撮ってみました

D81_5519.jpg



  あっという間に

     色を深め 沈めていく

D81_5516.jpg



  聖徳太子ゆかりの地 斑鳩(いかるが)

     法起寺三重塔 (ほっきじ さんじゅうのとう)

  706年建立 日本最古の三重塔

D81_5569.jpg



  法起寺・三重塔 高さ23.9mの塔

     法隆寺の五重塔と並ぶ 斑鳩三名塔(いかるがさんめいとう)のひとつ

  茜色から 漆黒に塗り込めていく

     コスモスも 三重塔のシルエットの中に

  同化されていく

     この日最後の色彩を どうぞあなたに


tsD81_5569.jpg


  斑鳩 秋の法起寺三重塔 (いかるが あきのほっきじ さんじゅうのとう)

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

秋の法起寺(ほっきじ)を 撮る

2017.10.13(00:01) 2859

秋の法起寺(ほっきじ)を 撮る


  聖徳太子ゆかりの地 斑鳩(いかるが)

     法起寺三重塔 (ほっきじ さんじゅうのとう)

  706年建立とされる日本最古の三重塔です

     秋の法起寺(ほっきじ)を撮る

秋の法起寺を撮るD81_5599



  法起寺・三重塔 高さ23.9mの塔

     法隆寺の五重塔と同じような 飛鳥時代の特徴が見られ

  法輪寺の旧三重塔とともに かつては斑鳩三名塔のひとつに数えられています。
     (法輪寺の三重塔は昭和に焼失しその後再建)

     昭和に解体修理しており 1975年修理完了しています。

D81_5613.jpg



  コスモス 映える頃~♪

D81_5611.jpg



  今を切り撮る

     感動する心 一心不乱に

D81_5596.jpg



  夢中になること

     幾つになっても

  忘れないようにしたいですね

D81_5414.jpg



  コスモスと三重塔

     狙い定めて

  思い通りの写真 撮れましたか~(^^)v


D81_5411.jpg


  秋の法起寺(ほっきじ)を 撮る



   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

足場組立 とび職

2017.10.12(00:01) 2858

足場組立 とび職


  「足場組立」 踏み外したら 一巻の終わり

D81_5326.jpg



  とび職の 兄ちゃん

     さすが慣れたものです

D81_5336.jpg



  でも落ちたらお仕舞い

     気を付けてくださいね

D81_5335.jpg



   安全上では この兄ちゃん 問題あり

      ヘルメットの あご紐を締めてない

   ヘルメットの 頭部にあご紐を結んでいるので 不安全行為は常態化しているようです

      安全帯もパイプに引っ掛けて 転落防止をすること

   でもそれをやると 作業し難く移動も面倒になります

      やりたくない気持ちは分かりますが

   安全第一で よろしくね

D81_5324.jpg



  この不安全行為は 若者の責任ではなく

       全て親方の責任

  一人親方の安全意識とは 残念ながらこんなものなのでしょう

      転落しないように 事故を起こさないように

  ただただ 祈っていますm(_ _)m


D81_5337.jpg


  足場組立 とび職

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

斑鳩 秋の黄昏時 (いかるが あきのたそがれどき)

2017.10.11(00:01) 2857

斑鳩 秋の黄昏時 (いかるが あきのたそがれどき)


   斑鳩 秋の黄昏時 (いかるが あきのたそがれどき)を

      AFニッコール ED 80-200 F2.8D+ニコン Df で 切り撮ってみました

DSC_8534.jpg



  懐かしいオールドレンズの描写のようですね

     逆光による フレアもありますが

  実景もこんな感じのままの景色でありました

DSC_8533.jpg



  順光だと コントラストも高く 文句のない描写です

      ピントは赤い雲台のお兄さん      

tsDSC_8529.jpg



   斑鳩 秋の黄昏に浮かぶ

       秋桜のシルエット

   秋を謳歌しています~(^^)vv(^^)v


DSC_8520.jpg


⇒斑鳩 秋の黄昏時 (いかるが あきのたそがれどき)の続きを読む
   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

秋雨に濡れて

2017.10.10(00:01) 2856

秋雨に濡れて


   秋に 南天の葉の初々しさ

PENF0417_20171009212803d58.jpg



   秋雨に濡れて

PENF0420.jpg



   ハナミズキも 色付く頃に

PENF0431.jpg


  季節もほどよく

     秋雨じゃのう

   濡れて参ろうか~(^^)v


PENF0428.jpg


  秋雨に濡れて

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

今日は体育の日 よく頑張ったねえ ハイタッチ~♪

2017.10.09(00:01) 2855

今日は体育の日 よく頑張ったねえ ハイタッチ~♪


  小学校の運動会

     団体演技

  みんな元気に頑張るんですよ~(^^)v

     退場門の陰で

  先生が生徒たちに

     一生懸命声を掛けて応援しています(左端)

  さあ みんな~!! 元気に行くぞ~!!

     頑張れ ファイト~♪

tsEM1S1103.jpg



  それにしても 見てください

     この沢山の観客 父兄の熱い視線

  子供たちも 張り切るでしょう~♪

DSC_4728.jpg



  日ごろの練習の成果もあって

     みんな 上手に演技出来ました

DSC_4719.jpg



   演技が終了して

      生徒が一斉に退場する退場門

tsEM1S1165.jpg



   みんなよく頑張ったねえ~(^^)v~(^^)v

       先生!! やったよ~(^^)g

EM1S1167.jpg



   先生が みんなと ハイタッチ~♪

       みんな よく出来ました

   えらいねえ~(^^)vv~(^^)v

tsEM1S1168.jpg



   先生の生徒たちへの 優しいまなざしと 愛しむ姿

      ほっこりさせられるワンシーンでした

   主催された学校関係者と 協力支援された父兄の方々

      お疲れ様でした

   そして ありがとうございますm(_ _)m


tsEM1S1169.jpg


  今日は体育の日 よく頑張ったねえ ハイタッチ~♪


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

最後の季節を 謳歌するフウセンカズラ

2017.10.08(00:01) 2854

最後の季節を 謳歌するフウセンカズラ


  フウセンカズラ 最後の季節

EM1S1321.jpg



  季節を駆けていき

     ジョイフルする ランナー~♪

EM1S1327.jpg



  奔りだす ツルたち

     私には 喜び勇んで

  はしゃぎだす姿に映ります

EM1S1326.jpg



  ラストラン~♪

    最後の季節を

  思いっきり 謳歌してくださいね


EM1S1325.jpg


⇒最後の季節を 謳歌するフウセンカズラ の続きを読む
   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

天橋立をウォークする その2

2017.10.07(00:01) 2851

天橋立をウォークする その2


  ぬかるみウォーク

EM1S0358.jpg



  天橋立の中に なんとなんと 茶店がありました

      昔ながらの佇まい

  時間があれば ちょっと一服 立ち寄りたいものです

EM1S0478.jpg



  天橋立は立派な松が沢山あります

      でもこの松林

  水脈がすぐ地下にある為 根っこが横に広がるだけで

      地下深くに根を張らないのだそうです

  つまり根が浅いことと砂地の為に松が倒れやすいとのこと

      松もすぐ下に水脈があるために 安心してしまうのですね

  天橋立の松林は立派で倒木はないだろうと思っていましたが

      思わぬ落とし穴がありました

EM1S0479.jpg



磯清水の名水
  この井戸「磯清水」は、四面海水の中にありながら、少しも塩味を含んでないところから
古来不思議な名水として喧伝されている。

その昔、和泉式部も
  「橋立の松の下なる磯清水
      都なりせば君も汲ままし」
                    と詠った

俳句にも
  「一口は げに千金の磯清水」
などともあることから
橋立に遊ぶ人びとには永く珍重されてきたことが分かる。
  ≪情報 : http://www.h4.dion.ne.jp/~yama44/kanko/meisui/isosimizu.htmより≫


EM1S9804.jpg



  和泉式部も歌に詠んだ名水

      摩訶不思議ですが 海水が真横にある砂地で 真水がこんこんと湧いているのですね

  普通は海水が混じって当たり前だと思うのですが なるほど不思議なことです

EM1S9806.jpg



  歩け歩け ウォーキング


EM1S0356.jpg


⇒天橋立をウォークする その2の続きを読む
   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

中秋の名月 その2

2017.10.06(00:01) 2853

中秋の名月 その2


  秋の夕暮れは あっという間

     西の空を見れば

  黄昏時の最後の残照

PENF0318.jpg



  東の空を 仰げば

    ひと際煌々と

  中秋の名月

    今年の名月は 十三夜月ですが

  輝きは満月に負けません

tsPENF0263.jpg



tsPENF0310.jpg



  有史以前から 変わらぬ名月

     まあ数千年前のことは分かりませんが

  月は奈良時代のままだと思います

tsPENF0306.jpg



  名月だと愛でるのは

     古今東西 人間のみ

  人間さま以外の動植物たちには 分かりますまいて

     お月さまを愛でる

  この美しさ このもの悲しさ

     随分と風流で贅沢なことですね

  日本人に生まれて

  人間に生まれて 感謝感謝ですm(_ _)m


tsPENF0326.jpg


  中秋の名月 その2

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

中秋の名月 (2017年10月4日)

2017.10.05(00:01) 2852

中秋の名月 (2017年10月4日)


  月の満ち欠けによって暦を作っていた太陰暦(旧暦)では、7、8、9月を秋としていました。

    その真ん中の8月15日は秋の真ん中にあたるので中秋といいます。

  陰暦(旧暦)八月十五日の夜の月を「中秋の名月」といいます。

    古都奈良「平城宮跡」での「中秋の名月」をどうぞ~(^^)v

tsPENF0287.jpg



  今年も 無事に晴れて 見事な姿を魅せてくれました。

    中秋の名月さん ありがとう~(^^)v

tsEM1S2025.jpg



旧暦八月十五日は年によって日にちが異なります。
  ちなみに去年2016年(平成28年)は:9月15日
そして今年2017年(平成29年)が:10月4日
  来年2018年(平成30年)は:9月24日になります。


  宮跡に

      昔のままの

          名月有り


tsPENF0337.jpg



tsEM1S2010.jpg


  中秋の名月 (2017年10月4日)

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

天橋立をウォークする

2017.10.04(00:01) 2850

天橋立をウォークする


  そぼ降る雨の中を

     テクテク ビチャビチャと

  ウォークいたしました

EM1S0355.jpg



  この天橋立を縦走したのです

     天橋立の総延長約3キロ

  雨中のウォーキングは水溜りがあって

     結構大変です

EM1S0303.jpg



  天橋立の生い立ち

tsEM1S9842.jpg



  智恩寺の横に架かる 回転する橋

     「廻旋橋」

  ウォークのスタート地点

EM1S0472.jpg



  智恩寺から 股覗きの笠松公園まで

     約4キロの道のり

EM1S9827.jpg



  テクテク シトシト

     歩け 歩け あるきましょう

EM1S9823.jpg



  名勝 天橋立

     松林の中を そぼ降る雨の中を

  ずぶ濡れになりながら

     それはそれで 心に残る旅


EM1S9841.jpg


  天橋立をウォークする

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

ケイトウの咲く頃

2017.10.03(00:01) 2849

ケイトウの咲く頃


ケイトウ (鶏頭、学名:Celosia argentea)
  ヒユ科の一年生植物。
学名は燃焼という意味のギリシャ語に由来する。
  ケイトウの花が燃え盛る炎を彷彿とさせるのが根拠と思われる。

tsEM1S1287.jpg



夏から秋にかけ、赤・桃色・黄色などの花穂ができる。その形状がニワトリの鶏冠(とさか)に似ていることからこの名がついた。
  花期は6月から9月頃。
原産地はアジア、アフリカの熱帯地方と推定され、日本には奈良時代に中国を経由して渡来した。
  かつては韓藍(カラアイ)と呼ばれていた。

EM1S1284.jpg



花の色は赤や黄色を基調とするが、橙、紫、ピンクなどさまざまな色の園芸品種がある。
  栽培にあたっては移植を嫌うので直蒔きする。
種は嫌光性で、日光の当る場所では発芽しない。


  ≪花情報 : https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%A6より≫

tsEM1S1276.jpg


⇒ケイトウの咲く頃の続きを読む
   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

ツマグロヒョウモン(雄)とキバナコスモスのコラボ~♪

2017.10.02(00:01) 2848

ツマグロヒョウモン(雄)とキバナコスモスのコラボ~♪


キバナコスモス(黄花コスモス、学名:Cosmos sulphureus)は、キク科コスモス属の多年草または一年草。
コスモスの名を冠するが、オオハルシャギクとは同属別種にあたり互いを交配する事は出来ない。
現在では日本で広く園芸品種のひとつとして栽培されているが、一部は逸出して野生化している。

tsEM1S1239.jpg




キバナコスモス特徴
原産地はメキシコで、標高1600m以下の地域に自生する。18世紀末にスペイン・マドリードの植物園に送られ、ヨーロッパに渡来した。日本には大正時代の初めに輸入された記録が残っている。
高さは約30〜100cm。概ね60cm程度に成長するが、鉢植えやプランター向けの20cm程度に留まる矮性種も出回っている。オオハルシャギクと比べて葉が幅広く、切れ込みが深い。また夏場の暑さに強いため、オオハルシャギクよりも早い時期に花を咲かせる傾向にある。
またオオハルシャギクよりも繁殖力が旺盛である為、こぼれ種で栽培していると数年後にはオオハルシャギクを席巻してしまう。

花期は比較的長く、6月から11月にかけて直径3〜5cm程度の黄色、またはオレンジの花を咲かせる。
改良種として濃い赤色の品種も作られている。
花は一重咲きと八重咲きがあるが、園芸品種として市場に出回っているもののほとんどは八重咲き。
病害虫による大きな被害を受けることは少なく、初夏から夏にかけて新芽の付近にアブラムシがつく程度である。
痩せた土壌でも適度の水を与えていれば問題無く成長するため、頑強で育て易い植物といえる。
ただし日陰での栽培には向かず、充分な日照が無い環境では葉などの形が崩れる場合があるため注意が必要。
成長に伴って良く分岐する特性があり、咲き終えた花がらの摘み取りや、夏場に一旦切り戻しを行うなどの手入れを施すと長い期間花を楽しむ事が出来る。
  ≪花情報:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%90%E3%83%8A%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%82%B9≫

tsEM1S1248.jpg



  痛々しくも 欠けた翅

     これでも上手に飛んでいました

EM1S1259.jpg



ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋、Argyreus hyperbius)
チョウ目(鱗翅目)タテハチョウ科ドクチョウ亜科ヒョウモンチョウ族に分類されるチョウの一種。
雌の前翅先端部が黒色で、斜めの白帯を持つのが特徴である。

EM1S1266.jpg



特徴
成虫の前翅長は38-45mmほど。翅の模様は雌雄でかなり異なる。
雌は前翅の先端部表面が黒(黒紫)色地で白い帯が横断し、ほぼ全面に黒色の斑点が散る。翅の裏は薄い黄褐色の地にやや濃い黄褐色の斑点があるが、表の白帯に対応した部分はやはり白帯となる。
また前翅の根元側の地色はピンクである。
全体に鮮やかで目立つ色合いだが、これは有毒のチョウ・カバマダラに擬態しているとされ、優雅にひらひらと舞う飛び方も同種に似る。ただしカバマダラは日本では迷蝶であり、まれに飛来して偶発的に繁殖するだけである。
南西諸島ではその出現はまれでないが、本土では非常に珍しい。
つまり、日本国内においては擬態のモデル種と常に一緒に見られる場所はなく、擬態として機能していない可能性がある。
雄の翅の表側はヒョウモンチョウ類に典型的な豹柄だが、後翅の外縁が黒く縁取られるので他種と区別できる。

EM1S1263.jpg




成虫は平地の草原や庭・空き地や道端など身近なところで見られる。
地域にもよるが、成虫は4月頃から11月頃まで見られ、その間に4、5回発生する。他のヒョウモンチョウ類がほとんど年1回しか発生しないのに対し、多化性という点でも例外的な種類である。冬は幼虫や蛹で越冬する。
幼虫は各種スミレ類を食草とし、野生のスミレ類のみならず園芸種のパンジーやビオラなども食べる。
満腹になると地表に降りて他の餌を求めて移動するため、花壇に植えた株が次々と食べられてしまうこともある。
終齢で体長30mm程度、黒色の体の背に一本の赤い筋が縦に通る。
体には分岐する棘状の突起が各節に6本ずつある。突起は体の前半部では黒く、後半部のものは根元が赤く先が黒い。かなりとげとげしい毛虫である。派手な体色は毒虫を思わせるが、突起で刺すこともなければ毒も持たない。

  ≪情報:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%92%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%A2%E3%83%B3≫



  ツマグロヒョウモン(雄)とキバナコスモスのコラボ~♪

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

スターバックス

2017.10.01(00:01) 2847

スターバックス


  そんなに美味しいとも思いませんが

      スターバックス珈琲 いつも繁盛しています

  この席は たまたま空いたところでした

EM1S0743.jpg



  この店の壁画 私好みの画で

     惹かれます

EM1S0750.jpg



  店の前に ギターを奏でる男性

      自転車に乗ってマフラー翻し

  疾走する男性  どこに行くのでしょうね

      壁の中の 登場人物たち

  ストーリー性のある 気になる存在です

      あっ失礼

  壁の前の美人さんに気づきませんでしたm(_ _)m


EM1S0751.jpg


  スターバックス


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

秋色 歳時記

2017.09.30(00:01) 2846

秋色 歳時記


  季節はコスモス色に

tsEM1S0730.jpg



  秋の夕暮れは

      茜色

  十三重塔をバックに

tsEM1S0718.jpg



  黄昏れる前は

      黄金色の 光光彩彩~♪


tsEM1S0729.jpg


  秋色 歳時記

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック