写真マイガーデンシリーズ


もの撮り「ネイルとネックレス」 マイクロニッコール 55ミリ F2.8で撮る

2019.01.17(00:01) 3325

もの撮り「ネイルとネックレス」 マイクロニッコール 55ミリ F2.8で撮る


  質感描写には

    マイクロニッコール 55ミリ F2.8 + ニコンD850

  「ネイル」もの撮り

D85_6709.jpg


  Ai Micro-NIKKOR 55mm F2.8S

    1981年12月から販売され、38年経った今も現行モデルの ”Ai-S マイクロ F2.8S”。

  写真の通り、質感描写は文句なし

    ボケも素直で現代のデジタルカメラにも常用レンズとして

  愛用しているお気に入りの一本です(マニュアルレンズ)

D85_6706.jpg



  「ネイルとネックレス」


D85_6710.jpg


  もの撮り「ネイルとネックレス」 マイクロニッコール 55ミリ F2.8で撮る

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

仲良し会の新年会

2019.01.16(00:01) 3324

仲良し会の新年会


夫婦で何十年もお付き合いをしているメンバーがいる

  そのメンバーで忘年会をしたかったのだが諸般の事情で出来なかった

全員はなかなか揃わないので

  やむなく近隣のメンバーだけで新年会をすることにした

PENF2169.jpg



  仲良し会のメンバーとの付き合いは長く、数十年間も外国や国内旅行を一緒にしている間柄である

    気の置けない友との懇親はこれまた楽しい~♪

PENF2170.jpg



  話しは弾み 食も進む

PENF2171.jpg



 旧知の間柄 親友でも 普段なかなか会えないもの

   機会を作り

 これからも旧交を温めていきたいと思った新年会でありました


PENF2172.jpg


⇒仲良し会の新年会の続きを読む
   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

弟のプレゼント、108年前の金の懐中時計修理

2019.01.15(00:01) 3323

弟のプレゼント、108年前の金の懐中時計修理


  9年前に【クメール】で紹介した108歳になる懐中時計(1910年製造)

【クメール】正月特別版 「祝」 丁度百年経ちました 2010.01.02
 http://kumeiso9004.blog116.fc2.com/blog-entry-662.html 下記◆以降参照ください


寄る年波には勝てず又壊れてしまいました

  これで3回目の修理です なんともはやm(_ _)m

折角、弟からプレゼントされた懐中時計なので

  棄てるに捨てられずまたまた修理することにしたのでした

今回はゼンマイが切れて時計内部の軸が摩滅していたとのこと

PENF2199.jpg


tsPENF2228.jpg



  前回修理の欠陥ではないかとも思いましたが

保証期間は切れており 今回もやむなく有償修理

  でも店長が申し訳ないと特別割安価格にしてくれました

それにしても108年も前の懐中時計がまだ修理出来るとは

  お金はかかりましたが店長にお礼を言って

これからも大切にしていきたいと より愛着を感じた次第

tsPENF2227.jpg


tsPENF2224.jpg


  それにしても 弟よ!! 随分と銭が掛かるプレゼントざますよm(_ _)m

    有難いやら 迷惑やらであります

  あっいえいえ 感謝感謝申し上げまするm(_ _)m



以下、9年前の【クメール】記事をどうぞ~(^^)v
◆【クメール】
  正月特別版 「祝」 丁度百年経ちました

1910年製 懐中金時計(スイス ウォルサム製)
  以前、私の昇格記念にと、弟から貰った懐中時計(大分前の話)
古色蒼然たる代物に、なんでこんなものを??
  兄さんがビンテージの懐中時計が欲しいと言ってたのでお祝いにと・・・。
えっ、、、それにしても緑青が凄くて錆まくってるし、この古色蒼然たる姿は、、、
  このなんとも言えない古びた感じがいいんですよ。
え~そう。どちらにしろありがとう
  弟からの折角の記念の懐中金時計、ピカピカに磨いたろう~♪(磨きは得意です (笑))
磨いて磨いて磨きたおしました。 ☆o(^0^o)♪
  見てください。 この時計、今年で丁度百歳です。

P1000599s.jpg


この時計、裏蓋は二重になっています

tsP1000601s.jpg


外観はピカピカに磨き上げましたが、中身の軸はガタガタ、すぐ止まる。
  もう瀕死の状態でした。
弟からの記念の品物、なんとか蘇らせたいとメーカーにオーバーホールに出すことにしました。
  こんな古い時計、修理できるのか不安でしたが、なんとかやってみるとの返事で一安心。
それから待つこと一ヶ月、戻ってきた時計はスムーズに動いていました。
  風防と軸は新製、その他点検洗浄もろもろ。
メカの中身も金ピカでした

P1000621s_20190114172334019.jpg


P1000594s.jpg

思わぬ出費で、こうなったらもうやけくそ、18Kのチェーンをつけることにしました。


新生なった時計・・・が、すぐに又動かなくなり再修理に・・・
  しばらく置いていたらまた動かなくなり、又修理に・・・。
思わぬ出費でしたが、現在は時々手巻きして時計のご機嫌を伺っています。
  人間と一緒で愛情を持って接していないとすぐ故障したり病気になってしまいますね。

そんなこんなで、今年で
  「祝」 丁度百年経ちました八(´∀`*)~~♪

百歳の長寿
 これからもなんとか元気で生きながらえてもらいたいと願っています。



  弟のプレゼント、108年前の金の懐中時計修理


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

磨く 「リフレッシュ効果」

2019.01.14(00:01) 3322

磨く 「リフレッシュ効果」


古銭やカメラ、レンズ、時計、食器類等目に付いたもの、気になったものは、時々徹底して「磨きます」

  一生懸命に磨く 何時間でも半日でも

ただ一心不乱に

  汚れや錆を徹底して落として とにかくピカピカにする

食器棚を探していたら銀の食器が出てきたのでした

  紅茶用の銀の茶漉し器

銀錆で真っ黒になっていました

PENF2216.jpg



 触るのも気持ち悪いくらい

PENF2215.jpg


 なので磨く磨く

PENF2217.jpg


 徹底して磨く

PENF2220.jpg



 茶漉しのネットも銀錆で真っ黒でしたが

    磨き倒してやっとこさで綺麗になりました

PENF2221.jpg



 二つの内の一個は完了

   磨き作業で親指がひび割れてしまいました

 茶漉しのネットは二個とも完了しましたが

   もう一個の茶漉し器は 明日以降に持ち越しでチャレンジしたいと思います

 なぜ必死に磨くのか?

   そうですね 磨いて綺麗になるとすっきりすることもありますが

 作業中は熱中しているために

   雑念が飛んで全てを忘れ、リフレッシュになるようです

 「リフレッシュ効果」にあなたも一度試してみませんか~(^^)v


PENF2222.jpg


  磨く 「リフレッシュ効果」

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

薬師寺 薬師三尊

2019.01.13(00:01) 3319

薬師寺 薬師三尊


薬師寺の荘厳な大伽藍は「白鳳伽藍」で知られ、白鳳期の美が集結している事で有名です。

薬師寺は680年、飛鳥の地(藤原京)で皇后・鵜野讃良皇女(うののさららひめみこ→後の持統天皇)の病気平癒のため、天武天皇が発願し造営を始めました。
途中、天武天皇が崩御されたため、病が回復した持統天皇が引き継ぎ、孫である文武天皇の御代に完成。
その後、平城京遷都に伴って現在の西ノ京の地に移された南都七大寺の一つです。

薬師寺が藤原京に創建された白鳳時代は、日本書紀に示されていない元号で、一般的に概ね645年の大化の改新(乙巳の変)~710年の平城京遷都までの飛鳥と天平の間を指します。
この頃に花開いた白鳳文化は、記紀(古事記・日本書紀)や万葉文学が誕生し、隋や遣唐使による初唐文化(その他アジアの大陸文化)の影響を受けた仏教文化の隆盛が特徴。
ブロンズの仏様も盛んに造られました。


  薬師寺金堂

     薬師三尊はこの中に坐します

tsPENF2134.jpg



特に仏様は飛鳥時代とは異なる特徴が見られます。
【目】「杏仁形」というアーモンド形→「入定相」という瞑想する時の半眼に
【鼻】ギリシアやインドの影響で高い鼻→丸みを帯びて小鼻が強調
【表情】アルカイックスマイルが消え、口角が水平に
【躰】写実表現が進み、プロポーションが健全な人体に近付く
【顔】面長→丸顔に近付く

薬師寺の御本尊「薬師如来像」と脇侍仏で向かって右に「日光菩薩像」、左に「月光菩薩像」がおられます。三尊とも国宝で金銅造、7世紀~8世紀初頭の作。
多くの研究者が”完璧”と絶賛する「薬師三尊像」。

■「真黒なみずみずした色沢」「実質が張り切っていながらとろけそうに柔らかい」と和辻哲郎氏が表現。黒い艶のあるブロンズの肌。
元々は銅で鋳造後、鍍金が施され金色のお姿でしたが、過去の火災で、表面の金が溶けて黒光りしています。
その肌が本当に美しい!江戸期に造られた光背の金色の輝きと黒光りの肌の対比が印象的で、この侘びを感じる艶肌は他のお寺の仏様には見られない、独特の美と言えます。

■完成度の高い写実美
均整のとれた体つき、躰に添って柔らかく流れる表現の衣、自然なポーズという写実性の中に気品があり、この高い写実美から白鳳期を代表する最高傑作と言われています。

■薬師如来像
  東方浄瑠璃浄土の教主で現世利益の仏様。天平時代頃までの特徴で、薬壺(やっこ)を持っていません。
「三十二相」という如来の要件を持った”正しく仏様”な像。
「胸に卍相&顔料痕」や「首に三道という三本の線」「手に縵綱相(まんもうそう)という水かき」等は必見です!

薬師如来 tsD85_8133



D85_7887.jpg



■日光菩薩像&月光菩薩像の官能美
  古代インド・グプタ期の様式で「首・腰・膝」を交互に左右に折り曲げる「三屈法(トリバンガ)」という姿態。
正面から見ると、何だかインド舞踊を踊っている様にも見えませんか?
≪情報 : https://www.travel.co.jp/guide/article/6038/≫

  日光菩薩像

日光菩薩 tsD85_8080



  指先までも この優しさ

tsD85_7874.jpg


  月光菩薩像


月光菩薩 tsD85_8070



月光菩薩 tsD85_8128


  薬師寺 薬師三尊

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

もの撮り「ネックレス」 マイクロニッコール 55ミリ F2.8で撮る

2019.01.12(00:01) 3321

もの撮り「ネックレス」 マイクロニッコール 55ミリ F2.8で撮る


  質感描写には

    マイクロニッコール 55ミリ F2.8 + ニコンD850

  「ネックレス」もの撮り

D85_6712.jpg



Ai Micro-NIKKOR 55mm F2.8S

  1981年12月から販売され、38年経った今も現行モデルの ”Ai-S マイクロ F2.8S”。

写真の通り、質感描写は文句なし

  ボケも素直で現代のデジタルカメラにも常用レンズとして

愛用しているお気に入りの一本です(マニュアルレンズ)


D85_6715.jpg


  もの撮り「ネックレス」 マイクロニッコール 55ミリ F2.8で撮る


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

もの撮り「真珠」

2019.01.11(00:01) 3320

もの撮り「真珠」


  正月松の内

    松の内とは、正月飾りの一種である松飾りを飾っておく期間。

  松飾りとは門松を指しますが、門松は歳神様が道に迷う事なく家に来るための目印とも

    家に年神様の滞在を示す印とも。

  この門松を飾っておく期間の事を松の内と言う。

    関東では正月7日までを松の内とする流れが生まれたのに対し

  幕府の影響をそれほど受けなかった関西地方では

    元からの15日を松の内とする地域が多いようです。

  我が実家は九州のお寺で今は亡き住職の父から15日までと聞いています。

PENF1781.jpg


    松の内に ちょっと贅沢な雰囲気で

  もの撮り「真珠」をどうぞ~(^^)v

D85_6933.jpg



D85_6932.jpg



  背景を変えるだけで

    雰囲気は様変わりします

  革手袋の質感も狙ってみました

D85_6934.jpg



D85_6935.jpg


  ブローチとの組み合わせ


D85_6936.jpg



  もの撮り「真珠」

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

薬師寺夕景

2019.01.10(00:01) 3318

薬師寺夕景


  薬師寺食堂の扉に

     新春の夕陽が映える

D85_8006.jpg



  薬師寺金堂の風鐸

D85_8005.jpg



  沈み往く夕景

D85_8038.jpg



  残照


tsD85_8063.jpg



tsD85_7995.jpg

⇒薬師寺夕景の続きを読む
   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

冬枯れ

2019.01.09(00:01) 3317

冬枯れ


  ピクチャーモードは カラーのままなのに

    モノトーンの世界

D85_7944.jpg



  萎(しな)びた ムラサキシキブ

PENF2011.jpg



  古都奈良には

    冬枯れた風情もよく似合う


PENF2111.jpg


  冬枯れ

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

生駒さんろく歌の街 歌会始め

2019.01.08(00:01) 3315

生駒さんろく歌の街 歌会始め


  人間が大好き~♪

D85_7568.jpg



  みどり先生 体中で歓びを表現されます

D85_7624.jpg



D85_7643.jpg



  満ち溢れるエネルギー!!

    手と手を繋いで しっかり生きる~♪

D85_7574.jpg



  ぶっ飛ぶ みどり先生!!

    みなこの先生に惹き寄せられて

  いつも百人位参加する大盛況の会です~♪

D85_7569.jpg



  正月から凄い盛り上がりでした

     お疲れさま~(^^)v~(^^)v~♪

D85_7661.jpg

  MC含め学ぶこと多し

     沢山の元気を頂きましたm(_ _)m



  生駒さんろく歌の街 歌会始め

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

正月もひと段落した午後のひと時

2019.01.07(00:01) 3316

正月もひと段落した午後のひと時


  正月もあっという間に過ぎていきます

    正月三が日を過ぎた 午後のひと時

  スポーツ紙でも読みながら

    自分だけの時間をくゆらせる

D85_7691.jpg



  久し振りの友との語らいも

     時を忘れ

  これまた 愉し~♪

D85_7680.jpg



  蘭の花 エピデンドラム

     トプコール58ミリF1.4(ボディはニコンD850)が

  たゆたう空間を演出してくれました


D85_7669.jpg

  1枚目と2枚目の撮影機材は AFS28-300G+D850


  正月もひと段落した午後のひと時

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

初詣

2019.01.06(00:01) 3314

初詣


  初詣はできれば三社参りで

    菅原道真の誕生地「菅原天満宮」

PENF1929.jpg



  去年は百米位 参拝客が数珠つなぎで並んでいました

     なので今年はちょっと日時をずらして参拝

  正月三日で 午後も遅めの初詣

PENF1928.jpg



  それでもそれなりの人手でした

PENF1927.jpg



  巫女さん 中サイズの破魔矢をください

    はい 1500円収めてください

  有難く押し頂きました

PENF1926.jpg



  今年の占いは、、、

    表情からは 小難あり

  落ち着いて慌てず事に当たるべし

    難を転じて福となす

  穏やかで無事な一年を祈念しましょうm(_ _)m


D85_7535.jpg


  初詣

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

見つめる瞳の先にあるものは

2019.01.05(00:01) 3313

見つめる瞳の先にあるもの


  好奇心いっぱいの瞳

    見つめる瞳の先にあるものは


PENF1908_201901050143012f9.jpg


⇒見つめる瞳の先にあるものはの続きを読む
   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

正月の定番料理 食べすぎ注意

2019.01.04(00:01) 3312

正月の定番料理 食べすぎ注意


  おせち料理に刺身類

tsPENF1718.jpg



  はい 年に一度の久し振りのご馳走に

PENF1719.jpg



    お腹がびっくりしたのか

 食べ過ぎたのか ゲロゲロに

    お腹壊してしまいました

 各位も お大事になさってくださいm(_ _)m



  正月の定番料理 食べすぎ注意

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

正月飾り

2019.01.02(00:01) 3311

正月飾り


  正月もあっという間に 正月3日

     注連縄の陰翳

tsPENF1777.jpg



  我が家の正月飾り

     歳徳神とお鏡さん

PENF1765.jpg



  純銀製の銀杯

    100歳になると内閣総理大臣から贈られるものです

  現在は100歳老人が増えたので銀メッキ製ですが

    これは純銀製です

  百歳のお祝いにあやかり借用しました

    めでたくお屠蘇を頂きましたm(_ _)m

PENF1767.jpg



  昆布とするめ

     清めの塩に葉付きミカンを添えてみました

PENF1766.jpg



  松飾り 近所を歩いてみましたが

     どこも松飾りをされている家はありませんでした

PENF1781.jpg



  九州の実家(お寺)では

     新年にこのように松飾りを飾るのです

PENF1780.jpg


  正月も粛々と過ぎて往きます



  正月飾り

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

お年玉

2019.01.02(00:01) 3310

お年玉


はあい お利口さんにはお年玉を上げますね

  はい 整列して 礼m(_ _)m


お年玉PENF1732ts



沢山いるなあ

  さてさて誰からあげようか

PENF1728_20190102014053dd0.jpg


はい お年玉

  ありがとうを忘れないでね

PENF1726.jpg



  幼児でも プレゼントは嬉しそうです

     幾ら入ってるかなあ どれどれ!?


PENF1729.jpg


  お年玉

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

謹賀新年

2019.01.01(00:01) 3309

謹賀新年


  明けましておめでとうございます🎍✨

     本年もどうぞよろしくお願い致します。

          2019年元旦


P1000926.jpg



P1000931.jpg



  我が家は 正月に 歳徳神を奉り(恵方)

   年の初めに 去年一年に感謝し

       今年一年の 無事を祈ります

   寺に生まれ育ちまして 親父(住職)直伝による年取り行事をずっと継承しています。

       十年前の歳徳神(2009年)

DSC_3099.jpg



   去年の歳徳神(2018年)

      ほとんど変わらないでしょう

D85_0023.jpg



   去年のお屠蘇(2018年)
 

D85_0025.jpg



  元旦に
 
      年の初めのお祝いの挨拶と

   今年の抱負を述べるのです

      家族同士でも年に一度はシャキンと挨拶をする

   初々しくてなかなかいいものです


sDSC_3107.jpg



  おせち料理 ご一緒に 如何でしょう (´∀`*)

     本年も どうぞよろしく お願いします



  謹賀新年

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

年の暮れも あっという間に大晦日

2018.12.31(00:01) 3308

年の暮れも あっという間に大晦日


  怒涛の如く走り去る

    歳の暮れ

D85_6728.jpg



  思い出たちは

     やがて散り散りに

   雲散霧消

D85_6679.jpg



  環境に優しい乗り物

D85_6718.jpg



  ストロボのような点滅光は

     交流周波数の瞬き

   一秒間に60回のウインク

D85_6716.jpg



  平成最後の年末も

    あっという間に大晦日


D85_6465.jpg


  【リラックス・クメール】
    年の暮れもあっという間に大晦日


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

あしひきの 山の黄葉《もみちば》

2018.12.30(00:01) 3307

あしひきの 山の黄葉《もみちば》


あしひきの 山の黄葉《もみちば》 今夜《こよひ》もか

  浮かび行くらむ 山川の瀬に

    ~ 大伴書持《おほとものふみもち》 『万葉集』  巻8-1587 雑歌


 よみ
  あしひきの、山の黄葉(もみちば)、今夜(こよひ)もか、浮かび行くらむ、山川の瀬に


  平成の御代も この山の黄葉(もみちば)のように 流れて往きます

D85_4934_20181229192349d62.jpg


意味
山の黄葉(もみちば)は、今夜も山川の瀬を浮かんで流れてゆくことでしょうね。


原文
足引乃 山之黄葉 今夜毛加 浮去良武 山河之瀬尓

作者
大伴書持(おおとものふみもち)は大伴家持の弟。
738(天平10)年、橘奈良麻呂の宴で詠まれた歌です。
時が移って平安時代になると、逆に「黄葉」の歌はほとんどなくなり、「紅葉」が詠まれるようになります。
よみも、「もみち」から「もみぢ」と濁音になりました。

補足
天平10年(西暦738)10月17日、橘朝臣奈良麻呂(たちばなのあそんならまろ)の宴(えん)で詠まれた歌のひとつ。

  ≪参考 : https://art-tags.net/manyo/eight/m1587.html 他 ≫



  あしひきの 山の黄葉《もみちば》

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

フィギュア

2018.12.29(00:01) 3306

フィギュア


  たまたま見つけた被写体

sPB083130



  フィギュアワールド

sPB083166



  アニメの世界の実写

     不思議な空間

  ひと時の異次元


sPB083148


  フィギュア

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック