写真マイガーデンシリーズ


マイガーデンの 「ニワゼキショウ」

2018.04.23(00:01) 3056

マイガーデンの 「ニワゼキショウ」


  春になると マイガーデンには色々な花が

     揃い踏みしてきます

  「ニワゼキショウ」

     うららかな 春の陽だまりに

  ゆらりゆらゆらと~♪

PENF5348.jpg



  春の陽光に浮かび上がる

PENF5366.jpg



  小さなちいさな花びら

PENF5321.jpg



  後ろボケも

PENF5356.jpg



  前ボケも

     ミノルタα50ミリF2.8マクロ+OLYMPUS PEN-Fは

  自然でやわらかな描写を魅せてくれました


PENF5358.jpg


  マイガーデンの 「ニワゼキショウ」



   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

春の記憶 「ハクモクレン」

2018.04.22(00:01) 3055

春の記憶 「ハクモクレン」


  陽春に映える  「ハクモクレン」

EM1S5812.jpg



  春の記憶

EM1S5801.jpg



  白い光

     白い花


EM1S5813.jpg



  スプリング ファンタジー~♪

EM1S5808.jpg


  春の記憶 「ハクモクレン」

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

マイガーデン 思い出の「アヤメイチハツ」

2018.04.21(00:01) 3054

マイガーデン 思い出の「アヤメイチハツ」


  マイガーデンの「アヤメイチハツ」が何年振りかで

     急に花を咲かせました

PENF5268.jpg




  近所のおばさんに頂いた 「アヤメイチハツ」

     そのおばさんが何年か前に 突然亡くなったのでした

PENF5271.jpg



  それを知ってか知らずか

     「アヤメイチハツ」はそれから

  全く花をつけなくなりました

PENF5256.jpg



  というか 花が枯れてしまったのではと

    思うほどに弱ったのです

PENF5242.jpg



  それから何年も経って

     この花のことを忘れてしまったころに

  思い出したように 今年急に花を咲かせたのでした

    撮影していたら 風もないのに 花がゆらりとゆれました

  きっとおばさんが 天国から微笑んで手を振ってくれたのでしょう~♪

    ありがとうございます  近所のおばさん

  こうして久しぶりに あなたがお元気な時のように

    花を愛でることができましたm(__)m


PENF5273.jpg


  撮影機材 : オリンパスペン F + ミノルタ α 50ミリF2.8 マクロ


  マイガーデン 思い出の「アヤメイチハツ」


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

カエルの住処(すみか)

2018.04.20(00:01) 3053

カエルの住処(すみか)


  春の陽だまりがいっぱいの ある日あるところで

    カエル(ニホンアマガエル)の住処(すみか)を見つけました

PENF4958.jpg


  なんと!?カエルの住処(すみか)は 門柱の穴の中に在ったのです

    最初は誰かのいたずらか!?

  いえいえ 毎年この時期になると

    門柱の穴の中に住みつくのだそうです

PENF4957.jpg


  えっ!? では同じカエルなのでしょうか??

    それは分かりませんが ニホンアマガエルの寿命は5~10年なので

  もしかしたら同じカエルの先住の住処なのかもですね


PENF4963.jpg



皮膚はつるつるした粘膜に覆われるが、この粘膜からは体を細菌などから守るため毒が分泌されている。
可愛いアマガエルですが手で触る分には問題ありませんが、
傷ついた手で触ったり、触った手で目や口を擦ったりすると、激しい痛みを感じ、目に入った場合は失明することもあるとのこと。
本種を触れた手で目や傷を触らず、手洗いする等気を付けて。
  ≪情報:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%82%A8%E3%83%ABより≫



  カエルの住処(すみか)

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

日田の「慈恩の滝」

2018.04.19(00:01) 3043

日田の「慈恩の滝」


「慈恩の滝」

所在地 大分県日田市天瀬町赤岩・玖珠郡玖珠町大字山浦
落差 約30m
水系 筑後川水系山浦川

慈恩の滝(じおんのたき)は、大分県日田市と玖珠郡玖珠町の境に位置する滝である。

概要
万年山を源流とする山浦川と玖珠川が合流する場所に位置する。
上段20メートル、下段10メートル合わせて約30メートルの落差がある。

tsD85_2050.jpg



tsD85_2054.jpg



  滝の裏側へ向かう遊歩道が整備されており

    滝の裏側に入ることも可能な「裏見の滝」である。

tsD85_2055.jpg



桜滝、観音の滝と合わせて天瀬の三瀑と呼ばれ、さらに赤岩滝(山法師滝)、楓葉の滝、夕日の滝を加えて天瀬六瀑と呼ばれることもある。

tsD85_2064.jpg



tsPENF2852.jpg


慈恩の滝の竜の物語

 遠い昔、万年山(はねやま)のふもとに、小さな川をはさんで小さな村がありました。
その小さな川の先の小さな滝には、一匹の小竜が住んでいました。
 村人たちは、いつから、その竜が滝の奥にある穴倉に住んでいるのか誰も知りませんでしたが、悪さをするわけでもなく、かわいらしい、おとなしい竜だったので、
みんな竜のことが好きでした。竜もやさしい村人たちが好きでした。村人たちと竜は仲良しだったのです。

 しかし、その竜がどうやら重い病気にかかり苦しんでいることがわかったのです。
村人たちは、何とかその竜を助けてやることはできないものだろうかと思いましたが、どうすることもできませんでした。

 そんなある日、旅をしているお坊さんが村を訪れました。たくさんの修行を積んでいるお坊さんは、村人たちのどんな問いにも答えることができました。
そのお坊さんに村人のひとりが病気の竜のことを相談したところ、私が竜を助けてやろうと言ったのです。

 お坊さんは、竜に言いました。

「お前は、この滝の中ではもう長くは生きられない。しかし、お前を天空に昇らせてやろう。そうすれば、病気の苦しみから、お前は助かることができるぞ」

竜は喜んで、お坊さんに頼みました。

「どうか、私を天空に昇らせてください。そうすれば、今まで、私を大切にしてくれた村の人たちに恩返しをします」

 お坊さんは、穴倉の見える大きな岩に立ち、呪文を唱えました。すると、それまで明るかった空は、一瞬で真っ暗になりました。
激しい風が吹き始め大粒の雨が降り出し、激しい雷鳴と稲光がやむことなく続きます。次第に竜の体が光り始め、天に向かって浮かび始めました。
 小さかった竜の体は、だんだん大きくなり、長い体を滝のあちこちにぶつけ、体を覆う光をあちこちに飛ばしながら、それでもどんどん上がっていきます。
 竜の体がぶつかった岩は砕け、一段だった滝は二段になり、静かに落ちていた滝の流れが、一瞬で激しいものに変わりました。
そして、あちこちに飛んだ光は滝壺へ落ちていき、しばらく魚のように泳いでいたかと思うと、やがて本物の鯉に変わっていきました。

 それから、どのくらいの時間がたったのでしょうか。お坊さんと村人たちが見守る中、竜は天空へと昇り見えなくなってしまいました。
そして、空から声がしたのです。

「ありがとう。お礼に、これから、この地に多くの雨を降らせ、水の恵みを与えましょう」

 それからというもの、万年山(はねやま)の上空にはたくさんの雨が降り注ぎ、川上に水が湧き出し、小さな川は美しい水で満たされました。

 それからまた長い年月が経ちました。
竜からの贈り物である、この水を大切にしようと思った村人たちは、険しい山の中にもかかわらず、みんなで力を合わせて、川の両方にみごとな水路を引きました。
その水路のおかげで村中の田畑は潤い、たくさんの農作物ができ、村人たちは、豊かで平和に暮らしていくことができました。
 水は、長い水路を通って二段になった滝に落ちていき、滝壺には村人たちから大切にされている鯉が元気に泳ぎまわり、その水しぶきの中に、
ときたま、一瞬、竜が姿を見せることがあるということです。


  右手に竜が、、、

tssPENF2854.jpg

⇒日田の「慈恩の滝」の続きを読む
   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

「春考」 思考の季節

2018.04.18(00:01) 3049

「春考」 思考の季節


  君は何を見ているの!?

D85_2686.jpg



  何を考えているの?

     時間は止まったままに

  「春考」 思考の季節

D85_2687.jpg



  何十分でも 何時間でも

      沈思黙考

  季節は止まり ゆらめく


D85_2688.jpg



  「春考」 思考の季節

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

大分県日田(ひた)市 豆田町(まめだまち)

2018.04.17(00:01) 3045

大分県日田(ひた)市 豆田町(まめだまち)


九州のほぼ真ん中に位置する大分県日田(ひた)市。

  その中心地である豆田町(まめだまち)は

江戸時代幕府直轄の城下町として栄えた「天領」で、今なお往時を偲ばせる古い建物や町並みが数多く残っているエリアです。

tsD85_2003.jpg



豆田町は、大分県日田市市街地北部の花月川沿いにある地区。

  江戸時代以降に建てられた建築群が現存し、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。

tsD85_1994.jpg



tsD85_1993.jpg



tsD85_0760.jpg



「山あいに都あり」といわれ

  日田の豪商の力を示す資金は「日田金(ひたがね)」と称されたと言う程で当時の繁栄ぶりが分かります。

tsPENF2824.jpg




中心地である豆田町は、石レンガの道沿いに土塀白壁の建物が残っていたり

  レトロな風景と町歩きが楽しめるエリア。

tsPENF2825.jpg



「天領日田」と呼ばれる日田市

  日田が天領となったのは1639(寛永16)年、日田陣屋(御役所)が置かれてから。

その後日田代官が西国筋郡代(さいごくすじぐんだい・江戸時代に設置された4カ所の郡代の内の一つ)に昇格

  日田は経済の一大中心地となり、大いに栄えたのです。

  ≪日田豆田町情報 : https://www.google.co.jp/search?q=%E6%97%A5%E7%94%B0%E5%B8%82+%E8%B1%86%E7%94%B0%E7%94%BA&rlz=1C1CHZL_jaJP739JP739&oq=%E6%97%A5%E7%94%B0%E5%B8%82%E8%B1%86%E7%94%B0%E7%94%BA&aqs=chrome.1.69i57j0l5.13974j0j8&sourceid=chrome&ie=UTF-8より≫

  江戸末期の儒学者 「廣瀬 淡窓 (ひろせたんそう)」の 生家

tsPENF2827.jpg



  昭和の原風景

    昭和のお嬢様方が ちょっと一息入れて

  ご歓談中

tsPENF2833.jpg



  東芝モートルの取扱店だった店が

     今は下水道の工事店になっているようです

  時代の趨勢に合わせながら 電気屋から工事屋へ

     人々の暮らしのトレンドに合わせ変化してきたのでしょう


tsPENF2837.jpg


  大分県日田(ひた)市 豆田町(まめだまち)

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

中国の陽朔(ようさく) 寸景

2018.04.16(00:01) 3047

中国の陽朔(ようさく) 寸景



中華人民共和国 広西自治区 陽朔県

陽朔県(ようさく-けん)は、中国広西チワン族自治区桂林市に位置する県である。
漓江西岸に位置し、秀麗な景観があり、呉邁の詩『桂林山水』に「陽朔堪称甲桂林」とうたわれている。
桂林盆地の南東端部に位置する。

  中国の陽朔(ようさく) 景観

D85_1188.jpg



カルスト地形に属する自然景観は独特であり、桂林山水の精華が集まっている。
比較的に名所とされる場所は洋人街である西街、映画「劉三姐」の撮影が行われた大榕樹景区、月亮山、龍潭、ここ数年新しく開発された世外桃源風景区、胡蝶泉風景区など、その観光業の多彩さは道中の地元の農民をも驚き楽しませる。


D85_1187.jpg




D85_1185.jpg



   単車の運転しながら 電話とは

      危ないあぶない ご安全にm(_ _)m

D85_0288.jpg



D85_0290_20180409223100145.jpg



   それにしても立派な山々ですが

      なんとなく三輪車に 形が似ていると思いませんか~(^^)v?


D85_0287.jpg


  中国の陽朔(ようさく) 寸景

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

陽春の中で 君を撮る 春に遊ぶ

2018.04.15(00:01) 3052

陽春の中で 君を撮る 春に遊ぶ


  奈良の春

     君とボクとの春~♪

D85_2619.jpg



  薬師丸ひろ子似の君

      笑顔一番 可愛さフルスペック~♪

D85_2617.jpg



  可愛く撮ってね~(^^)v

     君はそのまま飾らないで

  桜に負けない可愛いさだから

D85_2616.jpg



  春に酔い~♪

     花が舞う~♪

D85_2621.jpg



  はい  良い子は

    寄っといで~(^^)v

D85_2680.jpg



  はい ポーズ

     過ぎ往く 季節の下で~♪

D85_2679.jpg



  奈良公園は 日本の春

     陽春の中で 君を撮る

   春に遊ぶ人は外国人ばかり

     奈良の春は

   国際色豊かな春でもあります



  陽春の中で 君を撮る 春に遊ぶ

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

陽春の中で 君を撮る

2018.04.14(00:01) 3051

陽春の中で 君を撮る


  春風さん

     そよぐ季節

D85_2713.jpg



D85_2715.jpg



  鹿さん

     ポーズとるまで

  ちょっと待ってね~♪

D85_2722.jpg



  お待たせ~♪

D85_2721.jpg



  はい ポーズ~(^^)v~♪

     笑顔同封でね~♪

tsPENF4097.jpg



  幅広麦わら帽子

     見てくれは別にして

  遮光(フード)に有効でしょう

PENF3974_20180411223721718.jpg



  変顔が得意なのです


tsPENF3980.jpg


  陽春の中で 君を撮る

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

庭のハナミズキ

2018.04.13(00:01) 3048

庭のハナミズキ


  何気なく見上げてみたら

     庭のハナミズキが色付いていました

PENF4163.jpg



  遠慮がちな花

PENF4161.jpg



  さあ これから開きますよ

     パッとね~♪

PENF4157.jpg



  ほうら 開いたでしょう~(^^)v

PENF4159_20180411215036f97.jpg



  トプコール58ミリF1.4リミテッド+OLYMPUS PEN-F

     いつも期待を裏切らない 納得の描写をしてくれます

tsPENF4156.jpg



  柔らかさな描写と

     滑らかで優しいボケ味が自慢のレンズです


PENF4158.jpg


  庭のハナミズキ

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

春爛漫~♪ 誘う季節

2018.04.12(00:01) 3050

春爛漫~♪ 誘う季節


tsPENF4088.jpg




D85_2622.jpg



  春爛漫~♪

      誘う季節

tsPENF4110.jpg



  花びらが舞った後には

     新たかな季節を魅せる

PENF4102.jpg



  名残の花もまた

      麗しや


PENF4118.jpg


  春爛漫~♪ 誘う季節

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

日本の春 春色桜色~♪

2018.04.11(00:01) 3046

日本の春 春色桜色~♪


  日本の春 故郷原風景

tsPENF2883.jpg



  春色桜色~♪

     春色彩なす ユニトーン

tsD85_1223.jpg



  山間(やまあい)の 春の景観

tsD85_1311.jpg



  薫風を受けて

      せわしく 奔り過ぎる季節


tsD85_1224.jpg


  日本の春 春色桜色~♪


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

春を撮る

2018.04.10(00:01) 3042

春を撮る



春を撮るPENF3463



  春に遊ぶ~♪

     桜の絨毯の上で

  Vスマイルのプレゼント~(^^)v

     愛想の良い 外人さん~♪

それぞれの春PENF3684



  四月の青い空にシンクロする

     桜の花弁たち

桜の季節PENF3726



  春爛漫~♪


桜の木の下でPENF3595


  春を撮る


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

佐賀の神野公園(こうのこうえん)夜桜

2018.04.09(00:01) 3044

佐賀の神野公園(こうのこうえん)夜桜


「神野公園(こうのこうえん)」
佐賀藩十代藩主鍋島直正公の別邸として1846年(弘化3年)に造られ、「神野のお茶屋」と呼ばれていました。
  1923年(大正12年)に佐賀市に寄贈されて以来、神野公園として整備されました。
現在、神野のお茶屋や隔林亭、こども遊園地などの施設があるほか、春には桜の名所として憩いの場となっています。
  また、園内には幕末から明治初期にかけて西郷隆盛とともに活躍した江藤新平の銅像もあります。

D85_2189.jpg



  故郷は 桜が満開で迎えてくれました

tsD85_2191.jpg



tsD85_2190.jpg



  十三夜月と夜桜のコラボ

D85_2188.jpg



  夜桜の下で 記念のショット~♪

     小さな恋人は 久し振りの再会ですからねえ

  しがみついて 離れません


D85_1929.jpg


  撮影情報&機材 : 夜桜はとても暗くて人物等、肉眼では判別できませんでした
    ニコンD850+ AFS28-300Gレンズのお陰で
    ピントもブレも最小限に抑えてくれました


  佐賀の神野公園(こうのこうえん)夜桜

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

それぞれの春

2018.04.08(00:01) 3041

それぞれの春


   謳歌する季節

       横臥する春

それぞれの春PENF3101



   春爛漫~♪

      それぞれの春

それぞれの春PENF3603



  仲良く 鹿とのツーショット~♪

それぞれの春PENF3650



  それぞれのツーショット~♪

それぞれの春PENF3610



  鹿と遊ぶ~♪

     奈良公園の鹿は

  全て野生で 天然記念物です


それぞれの春PENF3617


  それぞれの春

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

桜の絨毯に遊ぶ

2018.04.07(00:36) 3040

桜の絨毯に遊ぶ


  春爛漫~♪

     桜の絨毯に遊ぶ


tssPENF3778.jpg


  桜の絨毯に遊ぶ

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

奈良三大名椿 「百毫寺(びゃくごうじ)の五色椿」と「東大寺のりこぼし」

2018.04.06(00:01) 3039

奈良三大名椿
  「百毫寺(びゃくごうじ)の五色椿」と「東大寺のりこぼし」



  奈良三大名椿とは

    「伝香寺の散り椿」と 「百毫寺(びゃくごうじ)の五色椿」それに「東大寺のりこぼし」

tsPENF3341.jpg


  奈良三大名椿の一つ

     「百毫寺(びゃくごうじ)の五色椿」は苗木を頂き 毎年我が家の庭マイガーデンに

  艶やかな花を咲かせてくれています

PENF3497.jpg


PENF3498.jpg


PENF3841.jpg


tsPENF2603.jpg



  もう一つの名椿 「東大寺のりこぼし」

    東大寺のどこにあるか分からなかったのですが

  四月堂の真横にありました

      中には入れないので 外から撮影

tsPENF3791.jpg



  水鉢に活けた花ですが 間近で拝見でき

     ラッキーでした~(^^)v

tsPENF3788.jpg


tsPENF3332.jpg


tsPENF3337.jpg


  「伝香寺の散り椿」はいつか機会を見て

     撮影に行きたいと思います



  奈良三大名椿
    「百毫寺(びゃくごうじ)の五色椿」と「東大寺のりこぼし」



   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

中国桂林 漓江下り その2

2018.04.05(00:01) 3038

中国桂林 漓江下り その2


  いつかは 行ってみたかった

    中国桂林 漓江下り

  中華人民共和国 広西自治区 桂林市

    桂林 漓江

桂林市(けいりん-し)は中華人民共和国広西チワン族自治区に位置する地級市。

  カルスト地形でタワーカルストが林立し、絵のように美しい風景に恵まれ、世界的な観光地である。国家歴史文化名城。

桂林の岩溶研究所をかつて著名な英国のカルスト地形学者Marjorie Sweetingが訪れた際

  もしもここの石灰岩地形が最初に研究されていたなら

カルストに代わってグイリン(桂林)という語が生まれていたことだろうと語ったという。

  観光名所である漓江から見た 幻想的な景観をどうぞ~(^^)v

tsD85_1123.jpg



tsD85_1134.jpg



  屹立する 奇岩 岩山

      ほぼ垂直の 断崖絶壁

tsD85_1107.jpg




tsD85_1113.jpg



  山水画の世界


tsD85_1078.jpg



桂林の歴史
  古来、百越の住む地であり、秦の始皇帝が征服して桂林郡を設置した。
111年に始安県が設置され、湖南省に近いため、荊州零陵郡に属した。
  269年始安郡始安県が置かれて初めて現在の桂林の町が形成された。

明清時代には長く広西の行政的中心(省会)であったが、1913年に省会は南寧に移り、
  1936年戦争が迫ったため桂林に戻り、1940年市制施行された。
1944年日本軍が占領。解放後、1950年にまた南寧に移動。
  ≪https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%82%E6%9E%97%E5%B8%82より≫


  中国桂林 漓江下り その2

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

中国桂林 漓江下り

2018.04.04(00:01) 3037

中国桂林 漓江下り


  いつかは 行ってみたかった

    中国桂林 漓江下り

  船着き場辺り

tsD85_1148.jpg



  屹立する 奇岩 岩山

tsD85_1108.jpg



  ほぼ垂直の 断崖絶壁

tsD85_1141.jpg



  観光船を 覗き見する山々

tsD85_1144.jpg



  山水画の世界


tsEM1S4863.jpg


  中国桂林 漓江下り

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック